【インタビュー】『おいしい家族』松本穂香・板尾創路・ふくだももこ監督 「どんな形でも、つながっていれば家族。『あなたはあなたでいい』と伝えたい」

2019年9月19日 / 13:13

ーところで、お二人から見た現場でのふくだ監督の様子は?

松本 自信を持って、撮りたいものを撮られているという印象でした。「私はこれが撮りたい!」「この画ええやん!」みたいな感じで(笑)。すごく楽しんでいる様子でした。

板尾 自画自賛していたよね(笑)。家族がワイワイやっている様子を楽しそうに演出しながら、「ええやん」、「めっちゃよかったわー」と。

ふくだ 言ってましたね(笑)。本当に楽しかったです。「大変だったこと、苦しかったことはありますか」とよく聞かれるんですけど、「ずっと楽しかったです」としか言いようがなくて。

ー最後に、観客へのメッセージを。

ふくだ とにもかくにも、「あなたはあなたでいいです」と伝えたいです。自分に違和感を覚えたり、「しんどいな…」と感じたりしている人の気持ちが、少しでも軽くなってくれればいいな…と。

板尾 家族も、友だちも、恋人も、夫婦も、互いを思いやる気持ちさえあれば、どんな形でもいいんだなと。この映画を見て、そういうことを改めて感じました。自分が自分であることは変えようがありませんが、世間に流されず、みんなが自分を好きになってもらえたらいいですね。

松本 日々苦しいことはありますが、この映画を見て、少しでも楽しい気持ちになってもらえたらうれしいです。

(取材・文・写真/井上健一)

  • 1
  • 2
 

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【大河ドラマコラム】「麒麟がくる」 第三十四回「焼討ちの代償」信長の一瞬の表情ににじむ光秀とのすれ違い

ドラマ2020年11月30日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「麒麟がくる」。11月29日放送の第三十四回「焼討ちの代償」では、織田信長(染谷将太)の比叡山焼き討ちに反発した反信長派の摂津晴門(片岡鶴太郎)が、将軍・足利義昭(滝藤賢一)を後ろ盾にした筒井順慶(駿河太郎) … 続きを読む

【インタビュー】「十三人の刺客」中村芝翫「ぜひまた克典さんと共演を」高橋克典「家族に近い感覚でできたことが楽しかった」幼なじみの2人が、名作時代劇のリメークドラマで初共演

ドラマ2020年11月27日

 昭和の名作時代劇が、令和の時代によみがえる。昭和38(1963)年の公開以来、映画やテレビドラマ、舞台劇として何度もリメークされてきた「十三人の刺客」が、NHK BSプレミアムで11月28日(土)午後9時から新作テレビドラマとして放送され … 続きを読む

【インタビュー】『記憶の技法』石井杏奈「自分も華蓮と一緒に旅をした気分になって、自然と成長していけたと思います」

映画2020年11月26日

 東京に住む女子高校生の鹿角華蓮(かづの・かれん=石井杏奈)は、奇妙な記憶喪失癖に悩んでいた。幼少期の記憶の断片が不意に脳裏をよぎり、しばしば意識が飛んでしまうのだ。ある日、華蓮は自分が養子であることを知る。真実を知りたいと考えた華蓮は、同 … 続きを読む

【インタビュー】「23階の笑い」小手伸也 三谷幸喜演出の舞台で「全力で恩返しをするときがきた」

舞台・ミュージカル2020年11月25日

 三谷幸喜が演出する、ニール・サイモン作の「23階の笑い」が、12月5日から上演される。本作は、熾烈(しれつ)な視聴率戦争で各局がしのぎを削っていた1950年代のアメリカのテレビ業界が舞台。ある高層ビルの23階の一室に集まった人気コメディア … 続きを読む

【大河ドラマコラム】「麒麟がくる」 第三十三回「比叡山に棲(す)む魔物」光秀を比叡山焼き討ちに導いた運命の歯車

ドラマ2020年11月23日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「麒麟がくる」。11月22日放送の第三十三回「比叡山に棲(す)む魔物」では、朝倉義景(ユースケ・サンタマリア)と比叡山の天台座主・覚恕(春風亭小朝)の同盟に苦杯を喫した織田信長(染谷将太)が、家臣たちに比叡山 … 続きを読む

page top