「あなたとは一緒に寝られない!」 松岡修造、現役時代の苦い思い出告白

2015年11月19日 / 17:41
睡眠の重要性についてトークセッションを行った松岡修造

睡眠の重要性についてトークセッションを行った松岡修造

 寝具ブランド・エアウィーヴ主催「成長期における睡眠についての勉強会」が19日、東京都内で行われ、スポーツキャスターの松岡修造ほかが登場した。

 この日は、“睡眠の質”を研究するスペシャリストを招いてトークセッションを実施した。スポーツキャスターとして世界中を飛び回っている松岡だが、「多忙のため睡眠時間は確保できている?」と心配され「忙しいのは関係ない。僕は現役じゃないから。今は旅行(のようなもの)ですね」とコメント。

 その“熱血解説”も話題となっているが、大変なのはあくまでも選手と主張。「今度はバルセロナ(のグランプリファイナル)に行って大好きな(浅田)真央さん、羽生(結弦)さんたちを応援できる。好き勝手なことを言えて、しかも旅行代もホテル代も払ってもらえる。こんなに楽しいことはない」と感謝し、「それで『疲れてます』なんて言ってられない」と語った。

 また、「質のよい眠り」のために日々心掛けている“3カ条”を発表した松岡。「毎日、同じ時間に寝る」、「寝る前に楽しいことを思い浮かべる」に続き、3つ目として「笑顔で寝る」と掲げた松岡。「“普通に寝る”じゃダメ。(僕の言葉に)『苦しいときこそ笑ってごらん!』というのがあるけど、失敗した時、ムカつく時こそ、とにかく口元(口角)を上げて笑顔で寝てみる」とニッとした表情を披露すると「(自分で)バカだなと思いながらも、そうすることで気分にもいい影響が出る」と持論を展開した。

 このほか、質のよい睡眠のためには「いかに寝返りをうまくうつかが重要」と説いた松岡は、自身の現役時代のエピソードとして「体も限界を超えてやっているので、(寝床では)むちゃくちゃ動いていた。昔、女性と付き合った時に『あなたとは一緒のベッドで寝られない』と言われた」と告白。

 過去の恋愛談とあって、「余計なこと言っちゃったかな」と冷や汗をかきながらも、「ひどい時はキックを入れちゃう。(相手に)申し訳ない。それぐらい(寝相が)悪かった」と苦笑いで振り返っていた。matsuoka_7140


芸能ニュース

初日を迎えた「ジャニーズ・オールスターズ・アイランド」

東山紀之、公演初日にキスマイと“仮面舞踏会” 「ジャニーさんから『ユー出ちゃいなよ』って言われて…」

舞台・ミュージカル2016年12月3日

  舞台「ジャニーズ・オールスターズ・アイランド」の初日公演が3日、東京都内の帝国劇場で行われ、公演前に出演者の玉森裕太、藤ヶ谷太輔(Kis-My-Ft2)、佐藤勝利(Sexy Zone)、内博貴、東山紀之ほかが囲み取材に応じた。  ジャニ … 続きを読む

劇場外で報道陣に対応した高畑充希

高畑充希、交際質問に「内緒です」と笑顔 舞台あいさつ終了後、報道陣の声掛けに応じる

映画2016年12月3日

 映画『アズミ・ハルコは行方不明』の公開初日舞台あいさつが3日、東京都内で行われ、出演者の蒼井優、高畑充希、太賀、葉山奨之、石崎ひゅーい、松居大悟監督が出席した。  本作は、作家・山内マリコ氏による書き下ろし小説を映画化。地方都市の独身OL … 続きを読む

撮影の苦労を振り返った向井理

向井理、主演作公開も不安を吐露 「僕もまだ完全には理解できていません」

映画2016年12月3日

 映画『RANMARU 神の舌を持つ男~(中略)~鬼灯デスロード編』の公開初日舞台あいさつが3日、東京都内で行われ、出演者の向井理、木村文乃、佐藤二朗、木村多江、財前直見、黒谷友香、永瀬匡、堤幸彦監督が出席した。  ドラマシリーズを経て完成 … 続きを読む

作品への思いを語った松雪泰子

松雪泰子、舞台あいさつで成海璃子に助け舟 「若いころは積極的なところがあった」

映画2016年12月3日

 映画『古都』の初日舞台あいさつが3日、東京都内で行われ、出演者の松雪泰子、橋本愛、成海璃子、葉山奨之、伊原剛志、エンディング曲を担当した新山詩織、Yuki Saito監督が登壇した。  本作は、川端康成の名作小説を現代風にアレンジし、原作 … 続きを読む

新海誠監督(左)と東宝宣伝プロデューサーの弭間友子さん

新海誠監督『君の名は。』宣伝Pをハグで祝福 「作品が遠くまで届いたのは弭間さんのおかげ」

授賞式2016年12月3日

 日経WOMANが各界で最も活躍した働く女性に贈る「ウーマン・オブ・ザ・イヤー2017」授賞式が2日、東京都内で行われ、映画『君の名は。』のメガヒットの立役者である弭間(はずま)友子さんが大賞を受賞。会場には新海誠監督も駆け付け、“ハグ”で … 続きを読む

more

アクセスランキング RANKING

page top