鈴木砂羽」に関連する件の記事

芦名星 “許せないタイプ”を明かす 「テンションが下がって悲しくなります」

TOPICS2019年7月9日

 BSテレ東 連続ドラマ「W県警の悲劇」の制作発表会見が9日、東京都内で行われ、出演者の芦名星、伊藤かずえ、戸田菜穂、鈴木砂羽、佐藤仁美、床嶋佳子、佐津川愛美、谷村美月、優希美青が出席した。  本作は「警察の中の警察」と呼ばれる監察官の松永菜穂子(芦名)・・・続きを読む

鈴木砂羽「子どものときは漫画家になりたかった」 初のコミックエッセイ刊行、「“丸ごと私”みたいな本」

TOPICS2018年6月8日

 女優の鈴木砂羽が7日、都内で自身の初コミックエッセイ『ボンちゃんがいく☆』の刊行記念サイン&握手会イベントを行った。  ベレー帽をかぶった“漫画家モード”で登場した鈴木は、「うれしいです。子どものときは漫画家になりたかったから、それがこんな一冊になるなんて・・・続きを読む

鈴木砂羽、“土下座強要”を否定 「罵声を浴びせた事実もございません」

TOPICS2017年9月14日

 女優の鈴木砂羽が初演出と主演を務める舞台「結婚の条件」が13日、都内の新宿シアターモリエールで初日を迎えた。  同舞台を巡っては、出演予定だった女優・鳳恵弥と牧野美千子が、“土下座強要”など「鈴木氏から人道にもとる数々の行為を受けた」として開幕直前に降板・・・続きを読む

広瀬アリス“デリヘル嬢”役で初舞台 「正面からぶつかっていこうという気持ち」

TOPICS2017年1月10日

 舞台「世界」の初日前日会見が10日、東京都内で行われ、出演者の風間杜夫、大倉孝二、早乙女太一、広瀬アリス、青木さやか、和田正人、福田転球、赤堀雅秋、梅沢昌代が登壇した。 本作は、地方都市で町工場を営む足立家を中心に展開する群像劇。 “昭和の駄目男”を思わ・・・続きを読む

篠原涼子「意外に“偏屈な男性”が好き」 「江口さんに何度もキュンとさせられた」

TOPICS2015年10月6日

 フジテレビ10月クールの木曜劇場「オトナ女子」の制作発表会見が6日、東京都内で行われ、出演者の篠原涼子、吉瀬美智子、鈴木砂羽、谷原章介、江口洋介が登壇した。  ドラマは、いくつになっても“女子”でありたい、そんな本当の幸せを探し続ける40歳の女性3人が、・・・続きを読む

篠原涼子“オトナ女子”で連ドラ主演 40歳で独身役も「女子はいつまでも女子」

TOPICS2015年8月28日

 女優の篠原涼子がフジテレビ10月クールの木曜劇場「オトナ女子」(仮)で主演することが28日、分かった。  ドラマは、“アゲマンだけど自分は幸せになれない”40歳の女性3人が、駄目な男に振り回されながらも、時に傷つけ合い、励まし合いながら、“幸せ”をつかむべ・・・続きを読む

川島海荷「母の日」にサプライズプレゼント 「そういうことができる自分になった」

TOPICS2014年5月23日

 東京スカイツリー特別ショートフィルム第2弾『ソラノネ』の完成披露記者発表会が22日、都内の東京スカイツリー展望デッキで行われ、出演者の川島海荷、鈴木砂羽、近藤芳正、志保、札内幸太、藤田弓子ほかが登壇した。  本作は、製作に当たって東京スカイツリーにまつ・・・続きを読む

川口春奈「鈴木砂羽さんはエロい」 ファンからの声援に涙

ニュース2013年11月22日

 映画『マダム・マーマレードの異常な謎【解答編】』の公開記念舞台あいさつが22日、東京都内で行われ、主演の川口春奈、上田大樹監督ほかが出席した。 本作は、観客参加型の謎解きイベント作品。10月25日に公開された【出題編】では劇中の謎を明かさないまま、観客・・・続きを読む

  • 1

page top