篠原涼子「意外に“偏屈な男性”が好き」 「江口さんに何度もキュンとさせられた」

2015年10月6日 / 17:17

(前列左から)吉瀬美智子、篠原涼子、鈴木砂羽、(後列左から)谷原章介、江口洋介

 フジテレビ10月クールの木曜劇場「オトナ女子」の制作発表会見が6日、東京都内で行われ、出演者の篠原涼子、吉瀬美智子、鈴木砂羽、谷原章介、江口洋介が登壇した。

 ドラマは、いくつになっても“女子”でありたい、そんな本当の幸せを探し続ける40歳の女性3人が、駄目な男に振り回されながらも、時に傷つけ合い励まし合いながら“幸せ”をつかむべく奮闘する物語。

 40歳独身の主人公・中原亜紀を演じる篠原は「仕事はバリバリこなすけれども、恋愛は尽くし過ぎて幸せをつかめない、そんな女性です」と役どころを紹介。自身が思う“オトナ女子”については「いくつになってもときめいていられる、ピュアな心を持っていられるような女性」とし「私もそうありたいですね」とほほ笑んだ。

 篠原は、吉瀬と鈴木との“女子会シーン”がたびたびあるドラマの撮影について「本当に楽しい。こんな幸せな現場ですみませんという感じ」と笑顔を見せつつ、「タイトルから、皆さん“女子のドラマなのかな”と思うかもしれませんが、男性が見てもためになる作品。自分の恋愛が分からなくなった時や、戸惑ったりした時はこの作品を見て勉強していただきたいと思います」とアピールした。

 また、江口が演じる「口は悪いけど本質を突く男」と谷原が演じる「口は軽いけどハンサムで優しい男」のどちらがタイプかを尋ねられた女性キャストたち。

 鈴木が「口が悪い人とは相性が良くないので、優しい人がいい」、吉瀬が「難しい質問。(選べないので)足して2で割ってほしい」と答えたのに対して、篠原は「役の中で選ぶなら、(江口演じる)文夫」と口の悪い方を選択した。

 その理由を篠原は「私、意外に偏屈な人が好きなんです。大人になって偏屈なことを言っている人ほどかわいく見える。“何言ってるんだよ”みたいな感じで母性本能をくすぐられるというか…」と説明。「それも偏屈な人の計算かもしれないけど、この役をやりながら(江口に)何度もキュンとさせられました」と話す篠原に、江口も「まさにオトナ女子の答え」と感嘆していた。

 ドラマは15日午後10時から毎週木曜日にオンエア。


芸能ニュースNEWS

ENEOS応援団特設サイトで ドラマ「その火は、必ず来る」公開開始 

CM2020年1月20日

 東京 2020 オリンピック聖火リレーサポーティングパートナーのENEOSは 、3月に福島県からスタートするオリンピック聖火リレーを盛り上げるため、「東京 2020 オリンピック聖火リレーを応援しよう!ENEOS応援団」を結成した。  総 … 続きを読む

伊織もえ「ルーズソックスの長さにびっくり」 イベントで“制服コスプレ姿”を披露

トレンド2020年1月20日

 「とある電撃姫の蹴自販機」設置記念イベントが20日、東京都内で行われ、人気コスプレイヤーの伊織もえが出席した。 続きを読む

村井良大、初舞台の甲斐翔真に「すごくフレッシュ!」 吉柳咲良「今までの役とは正反対の役」

舞台・ミュージカル2020年1月20日

 ミュージカル「デスノート THE MUSICAL」の公開フォトコールと囲み取材が19日に、東京都内で行われ、出演者の村井良大、甲斐翔真、高橋颯、吉柳咲良が登壇した。  大ヒット漫画『DEATH NOTE』をミュージカル化した本作。今回は2 … 続きを読む

観月ありさ、4K撮影に苦笑 「見えちゃいけないものまで…」

ドラマ2020年1月20日

 プレミアムドラマ「捜査会議はリビングで おかわり!」の試写会が20日、東京都内で行われ、出演者の観月ありさ、田辺誠一が出席した。  本作は、妻(観月)は刑事、夫(田辺)はミステリー作家、という最強の夫婦が、一人息子と共に、ご近所や出先で起 … 続きを読む

三浦翔平、真面目なのにスタッフから注意 三浦「真面目にやっていますけど」

ドラマ2020年1月20日

 WOWWOWオリジナルドラマ「ワケあって火星に住みました~エラバレシ4ニン~」のトークイベントが17日、東京都内で行われ、出演者の三浦翔平、須賀健太、崎山つばさが出席した。  本作は、5月に上演される同名舞台と連動したシチュエーションコメ … 続きを読む

page top