篠原涼子「意外に“偏屈な男性”が好き」 「江口さんに何度もキュンとさせられた」

2015年10月6日 / 17:17

(前列左から)吉瀬美智子、篠原涼子、鈴木砂羽、(後列左から)谷原章介、江口洋介

 フジテレビ10月クールの木曜劇場「オトナ女子」の制作発表会見が6日、東京都内で行われ、出演者の篠原涼子、吉瀬美智子、鈴木砂羽、谷原章介、江口洋介が登壇した。

 ドラマは、いくつになっても“女子”でありたい、そんな本当の幸せを探し続ける40歳の女性3人が、駄目な男に振り回されながらも、時に傷つけ合い励まし合いながら“幸せ”をつかむべく奮闘する物語。

 40歳独身の主人公・中原亜紀を演じる篠原は「仕事はバリバリこなすけれども、恋愛は尽くし過ぎて幸せをつかめない、そんな女性です」と役どころを紹介。自身が思う“オトナ女子”については「いくつになってもときめいていられる、ピュアな心を持っていられるような女性」とし「私もそうありたいですね」とほほ笑んだ。

 篠原は、吉瀬と鈴木との“女子会シーン”がたびたびあるドラマの撮影について「本当に楽しい。こんな幸せな現場ですみませんという感じ」と笑顔を見せつつ、「タイトルから、皆さん“女子のドラマなのかな”と思うかもしれませんが、男性が見てもためになる作品。自分の恋愛が分からなくなった時や、戸惑ったりした時はこの作品を見て勉強していただきたいと思います」とアピールした。

 また、江口が演じる「口は悪いけど本質を突く男」と谷原が演じる「口は軽いけどハンサムで優しい男」のどちらがタイプかを尋ねられた女性キャストたち。

 鈴木が「口が悪い人とは相性が良くないので、優しい人がいい」、吉瀬が「難しい質問。(選べないので)足して2で割ってほしい」と答えたのに対して、篠原は「役の中で選ぶなら、(江口演じる)文夫」と口の悪い方を選択した。

 その理由を篠原は「私、意外に偏屈な人が好きなんです。大人になって偏屈なことを言っている人ほどかわいく見える。“何言ってるんだよ”みたいな感じで母性本能をくすぐられるというか…」と説明。「それも偏屈な人の計算かもしれないけど、この役をやりながら(江口に)何度もキュンとさせられました」と話す篠原に、江口も「まさにオトナ女子の答え」と感嘆していた。

 ドラマは15日午後10時から毎週木曜日にオンエア。


芸能ニュースNEWS

「顔に泥を塗る」“モラハラ彼氏”西垣匠の演技に悲鳴 「西垣くんが想像以上に怖くて震える」「早く逃げてー」

ドラマ2024年7月15日

 高橋ひかるが主演するドラマ「顔に泥を塗る」(テレビ朝日系)の第1話が、13日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、SNSで話題の同名人気コミックを実写化。自尊心が低めな主人公・柚原美紅(高橋)がメークの力で前を向き始め、モラハ … 続きを読む

「ブラックペアン シーズン2」「天城先生のオペシーン最高にしびれた!」「今日はアップルパイが食べたいな」

ドラマ2024年7月15日

 二宮和也が主演する日曜劇場「ブラックペアン シーズン2」(TBS系)の第2話が、14日に放送された。  本作は、2018年4月期に放送された日曜劇場「ブラックペアン」の続編となるメディカルエンターテインメント。シーズン1から6年後の物語を … 続きを読む

「青島くんはいじわる」“青島くん”渡辺翔太のおんぶ&床ドンにもん絶 「ずっとキュンキュンできる」「あの終わり方は気になる」

ドラマ2024年7月15日

 Snow Manの渡辺翔太と中村アンがW主演するドラマ「青島くんはいじわる」(テレビ朝日系)の第2話が、13日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、人気同名コミックを実写化。イケメンでモテモテでも“恋愛不要主義”の「ツンデレ絶 … 続きを読む

中島健人、ネット炎上や誹謗中傷などの“SNSトラブル”を語る 「アイドルとして、いろんな言葉を全身で受け止めて来た」

ドラマ2024年7月14日

 ドラマ「しょせん他人事ですから ~とある弁護士の本音の仕事~」の記者会見が12日、東京都内で行われ、出演者の中島健人、白石聖、片平なぎさが登場した。  本作は、原作・左藤真通氏、作画・富士屋カツヒト氏の同名漫画をドラマ化。変わり者の弁護士 … 続きを読む

「ギークス」“基山伊織”滝沢カレンの複雑な家庭環境が話題に 「家族が全員ヤバい」「父親はとんだろくでなし」

ドラマ2024年7月12日

 松岡茉優が主演するドラマ「ギークス~警察署の変人たち~」(フジテレビ系)の第2話が、11日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、警察署に勤務する、卓越した知識や技術を持っているのに人間関係が苦手な“3人の女ギーク”(=賢いオタ … 続きを読む

Willfriends

page top