草なぎ剛」に関連する53件の記事

【大河ドラマコラム】「青天を衝け」第九回「栄一と桜田門外の変」見事なバランス感覚で描かれた“桜田門外の変”

コラム2021年4月14日

 4月11日に放送された大河ドラマ「青天を衝け」第九回「栄一と桜田門外の変」では、タイトル通り、幕末の世を揺るがした大事件「桜田門外の変」が描かれた。  これまで、主人公・渋沢栄一(吉沢亮)や、後にその主君となる徳川慶喜(草なぎ剛)を中心に、さまざま・・・続きを読む

【大河ドラマコラム】「青天を衝け」第八回「栄一の祝言」栄一や慶喜の姿に見る「思いやりと優しさ」

コラム2021年4月8日

 4月4日に放送された大河ドラマ「青天を衝け」第八回「栄一の祝言」は、その名の通り、親戚や友人、知人に囲まれた、栄一(吉沢亮)と千代(橋本愛)のにぎやかな結婚式でクライマックスを迎え、揺れる幕府内とは対照的に、和やかな幕切れとなった。  ここで、栄・・・続きを読む

【大河ドラマコラム】「青天を衝け」第七回「青天の栄一」徳川斉昭の一言から浮かび上がる全編を貫く「思いやり」

コラム2021年3月31日

 幕府の開国路線を猛烈に批判し、その使者となった川路聖謨(平田満)と永井尚志(中村靖日)を「知るか!勝手にしろ」と怒鳴りつけ、部屋から立ち去る攘夷派の徳川斉昭(竹中直人)。だが、慌てて追ってきた側近の武田耕雲斎(津田寛治)に「ご老公、お待ちを」と呼び止め・・・続きを読む

【大河ドラマコラム】「青天を衝け」第六回「栄一、胸騒ぎ」千代、美賀君、篤君、吉子…今後への期待が高まる女性たちの活躍

コラム2021年3月24日

 「千代はそんな栄一さんをお慕い申しておるんだに」  千代(橋本愛)の突然の告白で幕を開けた大河ドラマ「青天を衝け」第六回「栄一、胸騒ぎ」(3月21日放送)。それを聞き、「なんだか、胸がグルグルする」と自分の心に湧き上がった感情をつかみ切れない栄一(吉沢亮・・・続きを読む

【大河ドラマコラム】「青天を衝け」第四回「栄一、怒る」生活感を巧みに取り入れた徳川慶喜と平岡円四郎の初対面

コラム2021年3月9日

 いとも簡単に「五百両を出せ」と命じる岡部藩の代官・利根吉春(酒向芳)の態度に納得できぬまま、父・市郎右衛門(小林薫)の指示で御用金を届けた栄一(吉沢亮)。その場で話を聞いてもらうことすらできずに、雨の中、悔しさを抱えてうずくまる後姿を捉えた切なさ極まる・・・続きを読む

【大河ドラマコラム】「青天を衝け」第三回「栄一、仕事はじめ」庶民の日常を見つめるドラマと大河ドラマらしいスケール感が一体化した作品の魅力

コラム2021年3月2日

 手塩に掛けて育てた藍葉が虫害に遭い、苦境に陥った家業を助けたい一心から、母・ゑい(和久井映見)に頼み込み、父・市郎右衛門(小林薫)に無断で、他の村から藍葉を買い付けてきた栄一(吉沢亮)。それを怒られるのではないかと、庭に積まれた藍葉の山を前に小さくなっ・・・続きを読む

「泥くさく生き抜く渋沢栄一の強さを見てほしい」吉沢亮(渋沢栄一)【「青天を衝け」インタビュー】

インタビュー2021年2月27日

 2月14日の放送スタート以来、好調な滑り出しを見せるNHKの大河ドラマ「青天を衝け」。幕末から昭和にかけ、最後の将軍・徳川慶喜に仕えた後、実業家として500を超える企業に携わった“日本資本主義の父”渋沢栄一の激動の生涯を描く物語だ。主演を務めるのは、連続テレビ・・・続きを読む

【大河ドラマコラム】「青天を衝け」第二回「栄一、踊る」渋沢栄一と徳川慶喜を“舞い”でつなぐ粋な演出に膨らむ期待

コラム2021年2月23日

 代官に命じられた人足仕事を終えて帰宅した栄一の父・市郎右衛門(小林薫)が、疲れ切ってわらじを脱いでいると、外から太鼓や笛の音が聞こえてくる。  「何だろう?」と様子を見に出た栄一の母・ゑい(和久井映見)の目に飛び込んできたのは、かわいらしく舞う2人の小・・・続きを読む

【大河ドラマコラム】「青天を衝け」第一回「栄一、目覚める」今後への興味をかき立てた吉沢亮の熱演と鮮やかな脚本

コラム2021年2月17日

 遠方から街道を疾走してくる騎馬集団の前に、「渋沢栄一でございます!」と叫んで飛び出す主人公・渋沢栄一(吉沢亮)といとこの喜作(高良健吾)。だが、集団が素通りすると、慌てて追い掛けながら、「今既に、徳川のお命は尽きてございます!」と言葉を飛ばす。  これ・・・続きを読む

【インタビュー】『ミッドナイトスワン』草なぎ剛 「こういう時期だからこそ、公開することに意味がある作品になった」

インタビュー2020年9月18日

 トランスジェンダーとして心身に葛藤を抱え、東京の片隅でひっそりと生きる凪沙。その下に、ある日、荒んだ生活を送る母と別れた親戚の少女・一果(服部樹咲)が預けられる。互いに孤独を感じながらも、反発したまま共同生活を始めた2人は、一果がバレエのレッスンを始め・・・続きを読む

ギャング役で歌い踊る草なぎ剛 テレビ出演については「仕事をください!」

TOPICS2020年1月14日

 音楽劇「アルトゥロ・ウイの興隆」の囲み取材と公開舞台稽古が10日、横浜市のKAAT 神奈川芸術劇場で行われ、出演者の草なぎ剛と演出の白井晃が登壇した。  本作は、ヒトラーが独裁者として上り詰めていく過程をシカゴのギャングの世界に置き換えて描いた問題作。・・・続きを読む

【インタビュー】舞台「アルトゥロ・ウイの興隆」草なぎ剛、希代の悪人役に「人生を懸けてやります」

インタビュー2020年1月2日

 草なぎ剛が、2020年1月11日からKAAT神奈川芸術劇場で上演される、「アルトゥロ・ウイの興隆」に主演する。本作は、演出家の白井晃が、ヒトラーが独裁者として上りつめていく過程を、シカゴのギャングの世界に置き換えた物語に、ファンクミュージックをちりばめた斬新な演・・・続きを読む

稲垣吾郎、香取と草なぎに「見られるのは緊張する」 「僕も女子なので」

TOPICS2019年8月30日

 舞台「君の輝く夜に~FREE TIME,SHOW TIME~」の公開舞台稽古&囲み取材会が30日、東京都内で行われ、出演者の稲垣吾郎、安寿ミラ、北村岳子、中島亜梨沙が出席した。  昨夏に京都で上演され、大好評のうちに幕を閉じた舞台の東京公演。1人の男(・・・続きを読む

草なぎ剛、舞台で犬役に挑戦 「ほぼしゃべらなくていい」

TOPICS2019年4月27日

 舞台「家族のはなし PART1」の公開舞台稽古&取材会が27日、東京都内で行われ、出演者の草なぎ剛、小西真奈美、池田成志が出席した。  本舞台は、「第1話」と「第2話」の全く異なる物語で構成。第1話「わからない言葉」では、ちょっとしたいさかいから離婚の・・・続きを読む

草なぎ剛「新境地を開けた」 映画で浮気する駄目おやじ役

TOPICS2019年2月21日

 映画『まく子』完成披露上映会が20日、東京都内で行われ、出演者の山崎光、新音、須藤理彩、草なぎ剛と鶴岡慧子監督が登壇した。  西加奈子氏の同名小説を映画化した本作。思春期に入っていく小学5年生のサトシ(山崎)は、美しい転入生・コズエ(新音)に次第に魅せ・・・続きを読む

草なぎ剛「新しい地図」の2年目を振り返る 「3人とも、好きなことができていることに感謝」

TOPICS2018年12月8日

 音楽劇「道」フォトコール&囲み取材会が8日、東京都内の日生劇場で行われ、出演者の草なぎ剛ほかが出席した。  本作は、名作映画『道』を舞台化したもの。純真無垢(むく)なジェルソミーナ(蒔田彩珠)が、貧困にあえぐ家族のために、粗暴な大道芸人ザンパノ(草なぎ・・・続きを読む

稲垣吾郎「香取くんや草なぎくんに“ヒステリックゴロチ”と言われる」 「皆さんの前では隠していますが…」

TOPICS2018年11月10日

 舞台「No.9-不滅の旋律-」の公開舞台稽古が10日、東京都内で行われ、稽古前に主演の稲垣吾郎が囲み取材に応じた。  2015年に初演された本作は、天才音楽家ベートーベンの劇的な半生を描くもの。  2度目のベートーベン役に挑む稲垣は、開幕を目前に控え「・・・続きを読む

草なぎ剛「伝わるものが必ずある」 『ムタフカズ』日米英同時公開に歓喜

TOPICS2018年10月13日

 アニメーション映画『ムタフカズ』の初日舞台あいさつが12日、東京都内で行われ、日本語版ボイスキャストを務めた草なぎ剛、柄本時生、満島真之介と西見祥示郎監督ほかが登壇した。  本作は、『鉄コン筋クリート』(2006年)などの製作で知られる「STUDIO4℃・・・続きを読む

草なぎ剛、映画の完成披露にノリノリで登場!  “必要なこと”は「ストレスをためないこと」

TOPICS2018年9月27日

 アニメーション映画『ムタフカズ』の完成披露舞台あいさつが26日、東京都内で行われ、日本語版ボイスキャストを務めた草なぎ剛、柄本時生、満島真之介と西見祥示郎監督が登壇した。  本作は、『鉄コン筋クリート』(2006年)などの製作で知られる「STUDIO4℃・・・続きを読む

森且行、二十歳でフェラーリ購入 「木村くんとよく河口湖に釣りに行きました」

TOPICS2018年7月31日

 車のライブオークションを運営する「カープライス」のアンバサダー就任発表会が31日、東京都内で行われ、元SMAPで、現在はオートレーサーの森且行選手が出席した。  新CM「最近アツくなったこと」篇に出演した森選手は、完成作のお披露目に「恥ずかし過ぎます」・・・続きを読む

amazon

page top