戸塚祥太「ヘラヘラしている場合じゃない」 先輩・錦織一清の一言に奮起

2014年7月9日 / 18:59

 戸塚祥太演じる長男の妻役の村川絵梨

 舞台「出発」のプレビュー公演公開および囲み取材が9日、東京都内で行われ、出演者の戸塚祥太(A.B.C-Z)、村川絵梨、冨浦智嗣、蔵下穂波、芳本美代子、佐藤蛾次郎、演出・脚色の錦織一清が出席した。

 本作は、家族の絆をテーマに、本当の幸せとは何かを描くつかこうへい作のホームドラマ。36年ぶりに復活上演される。

 初の単独主演舞台となる戸塚は「びびってます。でもこんな偉大な先輩方と一緒のステージに立てること、そこで単独主演させていただくことをとてもうれしく光栄に思っています」と笑顔を見せた。

 他のキャストの芝居についても「素晴らしいの一言。稽古途中も休もうとは思わない。(他の人の芝居を)見ようと思うから」と刺激を受けている様子。妻役の村川から「汗をダラダラかいてすごく一生懸命な姿に胸を打たれます」と熱い視線を送られると「こんなヘラヘラしてるのに? 汗をかくのは得意。新陳代謝が良くて得しちゃったな」と照れ笑いを浮かべた。

 一方、昨年の「熱海殺人事件」で戸塚を演出した錦織も「“タッグを組むのは2回目”とか言われているけど、実は『PLAYZONE』をやっているときに、とっつー(戸塚)には何度も出てもらった」と明かし、「結構、僕の中では安心できる後輩なんです。今日もラストまで見ると、みんなとっつーにほれ直すんじゃないかな」と褒めちぎった。

 それを聞いた戸塚は「ヘラヘラしている場合じゃないな。スイッチ入りました」と気を引き締め直し「つかこうへいさんが家族の絆を描いた幻の名作。見終わった後は、皆さんが家族や友人、大切な人に会いたくなるような、何か温かいものを持って帰れる舞台になっています。今年の夏はこの『出発』で熱い夏を過ごしましょう」と締めくくった。

 舞台は11日~14日の京都南座公演を皮切りに、愛知、長野、群馬、山梨、福島を回り、22日~27日に都内、新橋演舞場で上演。


芸能ニュースNEWS

霜降り明星、低姿勢貫く 次なる“冠”獲得期待も「反感買わないように」

トレンド2019年5月22日

 「よしもと学園祭2019」オススメタレントお披露目会が22日、東京都内で行われ、霜降り明星ほかが出席した。 続きを読む

堤真一「自分の映画を見て初めて泣いた」 『泣くな赤鬼』完成披露、結婚&妊娠発表の川栄李奈も登場

映画2019年5月22日

 映画『泣くな赤鬼』の完成披露試写会が21日、東京都内で行われ、出演者の堤真一、柳楽優弥、川栄李奈、竜星涼と兼重淳監督が登壇した。  本作は、重松清氏の同名短編を映画化。厳しくすることでしか教え子に向き合えなかった熱血教師の“赤鬼先生”(堤 … 続きを読む

北斗晶、薬物依存について考える 「もし自分の子なら寄り添って戦えるのか」

トレンド2019年5月21日

 映画『ベン・イズ・バック』トークイベントが21日、東京都内で行われ、ゲストとしてタレントの北斗晶、内科医で作家のおおたわ史絵氏が出席した。 続きを読む

今田美桜、公開アフレコに挑戦 声優業は「すごく難しくて勉強中です」

映画2019年5月21日

 映画『メン・イン・ブラック:インターナショナル』アフレコイベントが21日、東京都内で行われ、日本語版吹き替え声優を務める女優の今田美桜が出席した。  本作は、ブラックスーツとサングラスに身を包み、地球上に生息するエイリアンが犯罪や侵略行為 … 続きを読む

長谷川博己、大河ドラマの撮影を前に墓参 「『必ずいいものにします』と念を込めました」

ドラマ2019年5月21日

 2020年のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」で戦国武将・明智光秀を演じる長谷川博己が20日、光秀の菩提(ぼだい)寺である滋賀県・西教寺を訪れ、明智一族の墓に参った。  昨夏も同地を訪れたという長谷川は「今回、また西教寺に来ることになり、明智 … 続きを読む

page top