つか作品「出発」が錦織一清演出で36年ぶりに復活 戸塚祥太、主演舞台に「全力を尽くします」

2014年5月1日 / 20:41

 松竹7月公演舞台「出発」の制作発表記者会見が1日、東京都内で行われ、出演者の戸塚祥太(A.B.C-Z)、芳本美代子、村川絵梨、冨浦智嗣、蔵下穂波、佐藤蛾次郎、演出・脚色の錦織一清ほかが出席した。

 本作は、家族の絆をテーマに、本当の幸せとは何かを描く故つかこうへい作のホームドラマ。36年ぶりに復活上演される。

 錦織演出のつか作品には昨年の「熱海殺人事件」にも出演した戸塚は「1年たとうとしていますが、その体験はいまだに薄れずに鮮明に残っています。強烈な経験をさせてもらったつかさんの作品にまた触れることができて、しかも今回は主演という立場。戸塚祥太としてもこの作品を機に一歩踏み出して“出発”していきたいと思います」と熱く意気込みを語った。

 戸塚は、演出に組み込まれる錦織流のギャグについて「僕が一番笑っているんじゃないですかね。とても楽しくやらせていただいて、笑いがあるから真面目なところが生きてくるというか。うまいなと思います」と絶賛。つか作品独特のせりふまわしには「錦織さんと共演すると、錦織さんのせりふまで覚えてしまう癖があって。自然と覚えられました」と自信をのぞかせた。

 主演に当たりA.B.C-Zのメンバーからは「ノーコメントです。特に何も言われていません」と苦笑交じりに語った。また演じる長男役に対して自身は次男だと明かし「長男は家族の中でいろいろな期待、プレッシャーもあって、その分愛も受けているのかなと思います。僕は好青年と言われることが多いのですが、そういうものとはかけ離れている役なので、見てくださる方には素直に自分の中に新しい(僕の)要素を入れて見てほしい」とアピールした。

 戸塚は錦織が演出を手掛ける舞台への出演を切望していたと目を輝かせ「お話を聞いたときは飛び上がりました。自分の望んでいることはなかなか実現しないじゃないですか。またこういうチャンスをいただけて、男としてやらなきゃな、と思いました」と力強く語った。

 座長としても「素晴らしい作品、キャスト、制作陣の中で主演をさせていただけるのがうれしい。日本国民全員に見てほしいぐらいのいい作品になるように全力を尽くします」と誓った。

 舞台は7月11日~14日の京都南座公演に始まり愛知、長野、群馬、山梨、福島を回り、7月22日~27日に都内、新橋演舞場で上演。


芸能ニュースNEWS

木村佳乃主演「恋する母たち」“禁断の恋”に反響 「実際にやられたら嫌だけど、不倫ドラマは大好き」

ドラマ2020年10月31日

 木村佳乃が主演するドラマ「恋する母たち」(TBS系)の第2話が、30日に放送された。   本作の原作は柴門ふみ氏。脚本を大石静氏が担当し、息子が同じ有名私立学校に通う3人の母親・杏(木村)、優子(吉田羊)、まり(仲里依紗)の恋愛と友情を描 … 続きを読む

北村匠海「今日ここに立つことが少し怖かった」 「僕は決してかわいそうなやつではない」

映画2020年10月30日

 映画『とんかつDJアゲ太郎』の初日舞台あいさつが30日、東京都内で行われ、出演者の北村匠海、山本舞香、浅香航大、池間夏海と二宮健監督が登壇した。  出演者の一人である伊藤健太郎は、29日、道交法違反(ひき逃げ)などの疑いで警視庁に逮捕され … 続きを読む

大倉忠義、ファンに迎えられ「ただいまです」 「本当の本当は誰も知らない」

映画2020年10月30日

 映画『窮鼠はチーズの夢を見る』大ヒット記念舞台あいさつが30日、東京都内で行われ、主演の大倉忠義と行定勲監督が登壇した。  本作は、水城せとな氏の人気コミックを映画化。主人公の大伴恭一を大倉が、恭一をいちずに思う今ヶ瀬渉を成田凌が演じた。 … 続きを読む

「ルパンの娘」深田恭子と橋本環奈と山本美月に囲まれて 「瀬戸康史くんは令和一のモテ男か」

ドラマ2020年10月30日

 深田恭子が主演するドラマ「ルパンの娘」(フジテレビ系)の続編・第3話が、29日に放送された。  本作は、代々泥棒一家“Lの一族”の娘・三雲華(深田)と、代々警察一家の息子・桜庭和馬(瀬戸康史)の恋愛を描くラブコメディー。  今回は、華と和 … 続きを読む

妻夫木聡「500円で芸能界に入りました」 きっかけはゲームセンターのオーディション

映画2020年10月30日

 映画『STAND BY ME ドラえもん2』完成報告会が29日、東京都内で行われ、声優を務めた妻夫木聡、宮本信子、八木竜一監督と脚本・共同監督の山崎貴氏が出席した。  本作は、3DCGアニメーション映画として2014年に公開された『STA … 続きを読む

page top