松本潤「人に与える影響を考えながら」  嵐の楽曲モチーフにしたドラマ会見に出席

2013年9月19日 / 15:32

 NHK全国学校音楽コンクール80回記念特集ドラマ「はじまりの歌」の試写会および会見が19日、東京都内で行われ、主演する人気グループ・嵐の松本潤が出席した。

 嵐が2010年の「第61回NHK紅白歌合戦」で歌い、その後も歌い続けている楽曲「ふるさと」をモチーフにした本ドラマ。山口県萩市を舞台に、東京でフリーカメラマンとして働く主人公・航(松本)が、合唱コンクール出場を目指す小学生たちや元恋人の小学校教師、家族や周囲の人々と接するうちに人生の夢を取り戻していく姿を描く。

 完成したドラマについて松本は「何げない小さな出来事を描いていて、その中にすごく大切な気持ちやいろんなものが詰まっています。故郷、両親、家族が思い浮かぶ心温まる作品になっていたらいいなと思っています」とアピール。

 カメラマン役について松本は「カメラに関しては撮ってもらうことが多いので、来てくださった皆さんの大変さが分かりました」と会見に集まったカメラマンたちをねぎらい、「自分で撮って歩いたりしたんですけど、撮り方一つで全然変わってしまいます」と振り返った。

 また、劇中で小学生たちの合唱のピアノ伴奏を引き受けるシーンも。「大変というより、非常に楽しみながらやらせていただきました」といい、ピアノの練習は「ちゃんと弾くことが今までになかったので、撮影前に練習を始めました。右手と左手をばらばらに動かすことがまずできなくて」と苦笑を浮かべた。

 「ふるさと」という楽曲については、「いろんな感じ方ができる歌で、歌う度にいろんなことを感じます」としみじみ。「ドラマのエンディングでも僕らが歌っているバージョンが流れるんですが、今までとはまた違った解釈で聞けました」と自信をのぞかせた。

 松本の思い出す“ふるさと”は「東京出身なので、あまり“ふるさと”という言葉から連想できる場所がないんですけど」と前置きし、「小さいコミュニティーとか家族もそうですけど、小さいころにお世話になっていた街の人、友達、友達のお父さんお母さん、いろんなことを教えてもらった人たちの顔が浮かびます。街の風景はビルばっかりで」と懐かしんだ。

 「子どもたちの笑顔を見るのがうれしい」という劇中のせりふから、「自分も30代に入って、自分より若い世代、小さい子どもたちが少しでも笑顔になれる瞬間、気持ちが前向きになれるような仕事ができたらいいなと思いました。人に与える影響を考えながら、自分自身も楽しめたらと思います」と心境の変化があったという。最後には「(子どもたちの笑顔を見て)『自分も子どもがほしい』という気持ちにはならなかったですけどね。まあ、いつかは」と笑わせていた。

 ドラマは9月23日午後7時30分からNHK総合で放送。

 


芸能ニュースNEWS

川口春奈「今までもらった中で一番うれしい」 誕生日サプライズに「テンションが上がってる」

トレンド2020年1月29日

 ネイル予約アプリ「ネイリー」新CM発表会が29日、東京都内で行われ、CMキャラクターに起用された女優の川口春奈が登場した。 続きを読む

欅坂46菅井友香「新たな姿をどんどん見せていきたい」 平手友梨奈らの脱退・卒業は「申し訳ない」

舞台・ミュージカル2020年1月29日

 舞台「飛龍伝2020」囲み取材が29日、東京都内で行われ、出演者の菅井友香(欅坂46)、石田明、味方良介ほかが登壇した。  本作は、つかこうへいの代表作。これまで富田靖子、牧瀬里穂、石田ひかり、内田有紀、広末涼子ら、名だたる女優たちが演じ … 続きを読む

市川海老蔵、歌舞伎とオペラの融合舞台で主演 「海老蔵として務め切りたい」

舞台・ミュージカル2020年1月29日

 「KABUKI×OPERA『光の王』Presented by ENEOS」の公演概要発表会が29日、東京都内で行われ、主演の市川海老蔵が出席した。  本公演は「東京2020NIPPONフェスティバル」の最初の主催プログラムとして開催される … 続きを読む

ラグビー田中史朗、ナイツ土屋との漫才を披露 「試合よりも緊張したけど、楽しくできた」

トレンド2020年1月28日

 日本マクドナルド「夜マック」新メニューPR発表会が28日、東京都内で行われ、お笑いコンビのナイツ(塙宣之、土屋伸之)、ラグビーの田中史朗選手が出席した。 続きを読む

中村獅童「僕は生真面目ですから」 中村七之助「ただ単に肉体労働です」

舞台・ミュージカル2020年1月28日

 赤坂大歌舞伎「怪談 牡丹燈籠」の制作発表会見が28日、東京都内で行われ、出演する中村獅童、中村勘九郎、中村七之助ほかが登壇した。  2008年に18代目中村勘三郎の「芸能の街・赤坂で歌舞伎を!」という一言から始まった赤坂大歌舞伎。13年に … 続きを読む

page top