松本潤「人に与える影響を考えながら」  嵐の楽曲モチーフにしたドラマ会見に出席

2013年9月19日 / 15:32

 NHK全国学校音楽コンクール80回記念特集ドラマ「はじまりの歌」の試写会および会見が19日、東京都内で行われ、主演する人気グループ・嵐の松本潤が出席した。

 嵐が2010年の「第61回NHK紅白歌合戦」で歌い、その後も歌い続けている楽曲「ふるさと」をモチーフにした本ドラマ。山口県萩市を舞台に、東京でフリーカメラマンとして働く主人公・航(松本)が、合唱コンクール出場を目指す小学生たちや元恋人の小学校教師、家族や周囲の人々と接するうちに人生の夢を取り戻していく姿を描く。

 完成したドラマについて松本は「何げない小さな出来事を描いていて、その中にすごく大切な気持ちやいろんなものが詰まっています。故郷、両親、家族が思い浮かぶ心温まる作品になっていたらいいなと思っています」とアピール。

 カメラマン役について松本は「カメラに関しては撮ってもらうことが多いので、来てくださった皆さんの大変さが分かりました」と会見に集まったカメラマンたちをねぎらい、「自分で撮って歩いたりしたんですけど、撮り方一つで全然変わってしまいます」と振り返った。

 また、劇中で小学生たちの合唱のピアノ伴奏を引き受けるシーンも。「大変というより、非常に楽しみながらやらせていただきました」といい、ピアノの練習は「ちゃんと弾くことが今までになかったので、撮影前に練習を始めました。右手と左手をばらばらに動かすことがまずできなくて」と苦笑を浮かべた。

 「ふるさと」という楽曲については、「いろんな感じ方ができる歌で、歌う度にいろんなことを感じます」としみじみ。「ドラマのエンディングでも僕らが歌っているバージョンが流れるんですが、今までとはまた違った解釈で聞けました」と自信をのぞかせた。

 松本の思い出す“ふるさと”は「東京出身なので、あまり“ふるさと”という言葉から連想できる場所がないんですけど」と前置きし、「小さいコミュニティーとか家族もそうですけど、小さいころにお世話になっていた街の人、友達、友達のお父さんお母さん、いろんなことを教えてもらった人たちの顔が浮かびます。街の風景はビルばっかりで」と懐かしんだ。

 「子どもたちの笑顔を見るのがうれしい」という劇中のせりふから、「自分も30代に入って、自分より若い世代、小さい子どもたちが少しでも笑顔になれる瞬間、気持ちが前向きになれるような仕事ができたらいいなと思いました。人に与える影響を考えながら、自分自身も楽しめたらと思います」と心境の変化があったという。最後には「(子どもたちの笑顔を見て)『自分も子どもがほしい』という気持ちにはならなかったですけどね。まあ、いつかは」と笑わせていた。

 ドラマは9月23日午後7時30分からNHK総合で放送。

 


芸能ニュースNEWS

坂口健太郎「試写を見ていてもウルッときた」 北村一輝「撮影は、ずっと1人だった」

映画2021年3月3日

 『劇場版シグナル 長期未解決事件捜査班』完成報告会が2日、東京都内で行われ、出演者の坂口健太郎、北村一輝、吉瀬美智子、木村祐一、池田鉄洋が出席した。  本作は、2018年に放送された連続ドラマをオリジナルストーリーで映画化。現在”を生きる … 続きを読む

尾上松也「朝が弱い」と明かされ苦笑 百田夏菜子「いつもしんどそうだった」

映画2021年3月2日

 映画『すくってごらん』プレ金魚の日スペシャルイベントが2日、東京都内で行われ、出演者の尾上松也、百田夏菜子(ももいろクローバーZ)、石田ニコルが登場した。  本作は、エリート銀行員(松也)が、左遷先で出会った金魚すくいを通じて成長していく … 続きを読む

香取慎吾の「アノニマス」は「最高の教科書」 ネットリンチや告発配信を描く

ドラマ2021年3月2日

 香取慎吾が主演するドラマ「アノニマス~警視庁“指殺人”対策室~」(テレビ東京系)の第6話が、1日に放送された。  本作は、SNSの書き込みによる誹謗(ひぼう)中傷の問題をテーマに、万丞渉(香取)ら警視庁の「指殺人対策室」(指対室)のメンバ … 続きを読む

「監察医 朝顔」“歯”をめぐる朝顔の思いに涙 「青のSP」“三枝”山田裕貴の登場に歓喜の声も

ドラマ2021年3月2日

 上野樹里が主演するドラマ「監察医 朝顔(第2シーズン)」(フジテレビ系)の第16話が、1日に放送された。  朝顔(上野)は、入院中だった祖父・浩之(柄本明)の容態が悪化したとの連絡を受け、岩手の病院へ駆けつける。浩之は一命を取りとめるが、 … 続きを読む

中川大志「杏奈ちゃんの作品に対する覚悟を感じた」 石井杏奈、撮影後は「抜け殻のような状態に」

映画2021年3月1日

 映画『砕け散るところを見せてあげる』完成報告舞台あいさつが1日、東京都内で行われ、出演者の中川大志、石井杏奈、井之脇海、松井愛莉、北村匠海、矢田亜希子、原田知世、堤真一とSABU監督が登壇した。  本作は、どこにでもいる高校生の濱田清澄( … 続きを読む

amazon

page top