松本潤“20代最後の日”をファンと共有 『陽だまりの彼女』完成披露イベント

2013年8月29日 / 20:12

松本潤と共に“陽だまりカーペット”を歩いた上野樹里

 映画『陽だまりの彼女』の完成披露イベントが29日、東京都内で行われ、出演した松本潤、上野樹里、三木孝浩監督が出席した。

 本作は、お互い初恋の相手だった浩介(松本)と真緒(上野)が10年ぶりに再会して再び恋に落ち、真緒の隠し持った“不思議な秘密”が明かされた際に起こる二つの奇跡を描く。

 2人はステージからスタートし、約1000人が集まる会場内に敷かれたオレンジ色の“陽だまりカーペット”をぐるりと歩いてステージに再登壇。松本は「ようやく皆さんに映画を見ていただくことができてうれしく思います。5年ぶりの映画出演で頑張って作った作品なので、たくさんの方に見てもらえれば」とあいさつした。

 続いて、3年ぶりの映画出演となる上野が「真緒を通して皆さんと時間を共有できること、うれしく思っています」と笑顔であいさつ。松本は「撮影は1~2月の寒い時期ではあったけれど、スタッフの皆さんが温かい空気をつくってくれた。その中で撮影した絵は説得力があるし、楽しんでもらえるはずです」と自信をのぞかせた。

 撮影中の三木監督について、松本は「すごくきれいなお気に入りのシーンが撮れると、三木さんがニヤニヤするんです。そのニヤニヤが見たくて一生懸命頑張りました」と原動力を明かした。松本は「ファンタジーの要素がありながら最後は幸せになれるハッピーエンドの作品です。誰かに背中を押してもらいたいときにも見てほしい」とアピール。上野も「見終わった後、心が軽くなって穏やかな気持ちで満たされるような映画だと思います」と紹介した。

 劇中の2人が中学の幼なじみなことから、中学時代の思い出を問われた松本は「中1で事務所に入って、歌ったり踊ったりするのが楽しかった。ファッションや音楽など知らなかった世界に触れ始めた時期で新鮮でした」としみじみ。「中学時代は小さくて、150センチぐらいしかなかった。中学2年生で10歳の役をやっていたような少年だったので、甘酸っぱい思い出はなかったです。浩介と真緒がうらやましい」とポツリ。三木監督も「そんな(出会い)ないもん」とぶっちゃけ、松本は「(映画では)想像でつくりました」と笑わせた。

 またこの日は三木監督の誕生日で、翌30日は松本の30歳の誕生日。松本が「20代最後の日ですよ」と笑うと、人生の節目を控えた貴重な1日を松本と共有できたファンの興奮は最高潮に達し、大歓声が巻き起こった。「おめでとう!」とファンからたくさんの祝福を受けた松本も「こうやって直接お会いできてうれしいです」と笑顔で客席に手を振っていた。

 映画は10月12日から全国東宝系でロードショー。


芸能ニュースNEWS

北斗晶、薬物依存について考える 「もし自分の子なら寄り添って戦えるのか」

トレンド2019年5月21日

 映画『ベン・イズ・バック』トークイベントが21日、東京都内で行われ、ゲストとしてタレントの北斗晶、内科医で作家のおおたわ史絵氏が出席した。 続きを読む

今田美桜、公開アフレコに挑戦 声優業は「すごく難しくて勉強中です」

映画2019年5月21日

 映画『メン・イン・ブラック:インターナショナル』アフレコイベントが21日、東京都内で行われ、日本語版吹き替え声優を務める女優の今田美桜が出席した。  本作は、ブラックスーツとサングラスに身を包み、地球上に生息するエイリアンが犯罪や侵略行為 … 続きを読む

長谷川博己、大河ドラマの撮影を前に墓参 「『必ずいいものにします』と念を込めました」

ドラマ2019年5月21日

 2020年のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」で戦国武将・明智光秀を演じる長谷川博己が20日、光秀の菩提(ぼだい)寺である滋賀県・西教寺を訪れ、明智一族の墓に参った。  昨夏も同地を訪れたという長谷川は「今回、また西教寺に来ることになり、明智 … 続きを読む

菅田将暉、松坂桃李との不思議な関係を語る 「他の先輩陣とは違う距離感」

ドラマ2019年5月20日

 ドラマ「パーフェクトワールド」のスペシャルナイトが20日、東京都内で行われ、出演者の松坂桃李、山本美月、瀬戸康史、中村ゆり、木村祐一、菅田将暉が出席した。  本作は、有賀リエ氏の同名コミックを実写ドラマ化したもの。大学時代の事故で車いす生 … 続きを読む

稲村亜美“自転車の魅力”をアピール 「自転車で海や川に行っています」

トレンド2019年5月20日

 「令和元年度 自転車活用推進功績者表彰式」が20日、東京都内で行われ、自転車アンバサダーを務めるタレントの稲村亜美が登場した。 続きを読む

page top