松坂桃李が“忍び”役で初の時代劇  勘九郎「お元気だったのに」と三津五郎を気遣う

2013年8月27日 / 14:56

(左から)比嘉愛未、松坂桃李、中村勘九郎、真矢みき、加藤雅也

 日本テレビ開局60年特別舞台「真田十勇士」制作発表会見が27日、東京都内で行われ、出演者の中村勘九郎、松坂桃李、比嘉愛未、加藤雅也、真矢みきら全キャストと、脚本を担当するマキノノゾミ氏、演出を手掛ける堤幸彦氏が登壇した。

 主演の猿飛佐助役を演じる勘九郎は、この日の初顔合わせに「パワーというか男くさいというか熱気がすごい。僕も汗が止まりません」と笑顔を見せ、「心に残る芝居作りを約束します」と座長としての意気込みを語った。

 初の時代劇という霧隠才蔵役の松坂は「初めての時代劇が舞台でよかった。舞台というのは長いスパンで(役を)体に落とし込めるので、充実した時間が過ごせると思う」と気合十分。自身の役について「沈着冷静かつ頭脳派。一匹狼的な部分もあり、そのために周りとの距離があって疑われやすい。こいつは信じていいのか?とドキドキハラハラさせるような一面も演じられたら」と語った。

 一方、忍びの娘・火垂(ほたる)役で初舞台を踏む比嘉は「緊張と期待で胸がいっぱい。初舞台というのは人生で一回しかないので悔いがないように全身全霊で挑みたい」と緊張気味に話し、“くノ一”役に「今から一日腹筋100回やって鍛えていきたい」と気合を入れた。

 また、膵臓(すいぞう)腫瘍のため「九月大歌舞伎」を休演した歌舞伎俳優の坂東三津五郎について、勘九郎は「もちろん心配です。(八月納涼歌舞伎を)1カ月一緒にやって、その時はお元気だったので」と気遣った。

 舞台は、2014年1月7日~2月2日、東京・青山劇場で、2月7日~19日、大阪・梅田芸術劇場 メインホールで上演。

 


芸能ニュースNEWS

竹野内豊、娘を殺され復讐に突き進む父親役 撮影中は「私生活でも苦しいときがあった」

ドラマ2021年5月14日

 「連続ドラマW 東野圭吾『さまよう刃』」の完成報告会が13日、東京都内で行われ、出演者の竹野内豊、石田ゆり子、三浦貴大と片山慎三監督が出席した。  本作は、東野圭吾氏のベストセラー小説を連続ドラマ化。男手一つで育ててきた娘を未成年の少年た … 続きを読む

「恋ぷに」石原さとみ&綾野剛の“着ぐるみ姿”に反響 「何なんですか、あのかわいい生き物は」

ドラマ2021年5月13日

 石原さとみと綾野剛がW主演するドラマ「恋はDeepに」(日本テレビ系)の第5話が、12日に放送された。  本作は、海洋学者の渚海音(石原)と、ツンデレ御曹司・蓮田倫太郎(綾野)の“禁断の恋”を描くラブコメディー。  「私、人間じゃないの」 … 続きを読む

及川光博、デビュー25周年を振り返る 美輪明宏の「誤解されて当たり前」に感謝

CM2021年5月12日

 「ビゲン 香りのヘアカラー新CM発表会」が12日、オンラインで開催され、ビゲンブランドアンバサダーに就任した及川光博が登場した。  この日は、今年デビュー25周年を迎えた及川が、ビゲンの歴史とともに、自身の歴史を振り返るトークセッションを … 続きを読む

中村勘九郎「生きる鼓動を味わって」 コクーン歌舞伎の開幕に喜びと感謝

舞台・ミュージカル2021年5月12日

 渋谷・コクーン歌舞伎 第十七弾「夏祭浪花鑑」取材会が11日、オンラインで開催され、出演者の中村勘九郎、中村七之助、尾上松也、ほかが出席した。  浪花の市井の人々を描いた「夏祭浪花鑑」は、コクーン歌舞伎で1996年、2003年、08年に上演 … 続きを読む

「着飾る恋」川口春奈と横浜流星が“両思い確定ハグ” 「流星くんのギューからの頭ポンポンがやばい」

ドラマ2021年5月12日

 川口春奈が主演するドラマ「着飾る恋には理由があって」(TBS系)の第4話が、11日に放送された。  本作は、着飾ることで自分の居場所を得ている主人公・真柴くるみ(川口)が、ミニマリストの駿(横浜流星)らとルームシェアをし、恋や友情を深めな … 続きを読む

amazon

アクセスランキング RANKING

page top