松坂桃李が“忍び”役で初の時代劇  勘九郎「お元気だったのに」と三津五郎を気遣う

2013年8月27日 / 14:56

(左から)比嘉愛未、松坂桃李、中村勘九郎、真矢みき、加藤雅也

 日本テレビ開局60年特別舞台「真田十勇士」制作発表会見が27日、東京都内で行われ、出演者の中村勘九郎、松坂桃李、比嘉愛未、加藤雅也、真矢みきら全キャストと、脚本を担当するマキノノゾミ氏、演出を手掛ける堤幸彦氏が登壇した。

 主演の猿飛佐助役を演じる勘九郎は、この日の初顔合わせに「パワーというか男くさいというか熱気がすごい。僕も汗が止まりません」と笑顔を見せ、「心に残る芝居作りを約束します」と座長としての意気込みを語った。

 初の時代劇という霧隠才蔵役の松坂は「初めての時代劇が舞台でよかった。舞台というのは長いスパンで(役を)体に落とし込めるので、充実した時間が過ごせると思う」と気合十分。自身の役について「沈着冷静かつ頭脳派。一匹狼的な部分もあり、そのために周りとの距離があって疑われやすい。こいつは信じていいのか?とドキドキハラハラさせるような一面も演じられたら」と語った。

 一方、忍びの娘・火垂(ほたる)役で初舞台を踏む比嘉は「緊張と期待で胸がいっぱい。初舞台というのは人生で一回しかないので悔いがないように全身全霊で挑みたい」と緊張気味に話し、“くノ一”役に「今から一日腹筋100回やって鍛えていきたい」と気合を入れた。

 また、膵臓(すいぞう)腫瘍のため「九月大歌舞伎」を休演した歌舞伎俳優の坂東三津五郎について、勘九郎は「もちろん心配です。(八月納涼歌舞伎を)1カ月一緒にやって、その時はお元気だったので」と気遣った。

 舞台は、2014年1月7日~2月2日、東京・青山劇場で、2月7日~19日、大阪・梅田芸術劇場 メインホールで上演。

 


芸能ニュースNEWS

篠原涼子、子どもの反抗期を告白 「『ちょっと触らないで』って言われて寂しい」

映画2019年6月15日

 映画『今日も嫌がらせ弁当』親子試写会イベントが15日、東京都内で行われ、主演した篠原涼子が登場した。  本作は、Amebaブログ「デイリー総合ランキング」1位を獲得した人気ブログから生まれたエッセーを映画化したもの。  八丈島に暮らすシン … 続きを読む

前田敦子、ウズベキスタンの危険な遊具体験に涙 加瀬亮「最初は大げさかなって思っていた」

映画2019年6月15日

 映画『旅のおわり世界のはじまり』公開記念舞台あいさつが15日、東京都内で行われ、出演者の前田敦子、加瀬亮、染谷将太、柄本時生、アディズ・ラジャボフ、黒沢清監督が登場した。  本作は、テレビリポーターの主人公(前田)が番組のクルー(加瀬、染 … 続きを読む

堤真一「初日に社長が見に行ったら観客が10人だった」 ロケ地の群馬では1位を獲得

映画2019年6月15日

 映画『泣くな赤鬼』の公開御礼舞台あいさつが15日、東京都内で行われ、出演者の堤真一、柳楽優弥、川栄李奈、竜星涼、堀家一希、武藤潤、兼重淳監督が登壇した。  本作は、重松清氏の同名短編を映画化。厳しくすることでしか教え子に向き合えなかった熱 … 続きを読む

志尊淳、夏帆との衝撃シーンを振り返る 「初めまして」の10分後に“ぬれ場”

映画2019年6月15日

 映画『潤一』の公開記念舞台あいさつが14日、東京都内で行われ、出演者の志尊淳、藤井美菜、夏帆、蒔田彩珠、伊藤万理華、原田美枝子、北原栄治監督、広瀬奈々子監督が登壇した。  本作は、謎めいた青年・潤一(志尊)とさまざまな背景を持った6人の女 … 続きを読む

舞台『刀剣乱舞』最新作開幕! 荒牧慶彦「新たな戦いを続けていく」

舞台・ミュージカル2019年6月15日

 舞台『刀剣乱舞』慈伝 日日の葉よ散るらむの囲み取材が14日、東京都内で行われ、出演者の荒牧慶彦、和田雅成、健人、前山剛久ほかが登壇した。  本作は、名だたる刀剣が戦士となった「刀剣男士」を集めて育てる刀剣育成士シミュレーションゲーム「刀剣 … 続きを読む

page top