キスマイのジャイアンは玉森裕太!? 新作『ドラえもん~』の舞台あいさつに登場

2014年3月8日 / 15:05

 舞台あいさつに登壇したドラえもん

 映画『ドラえもん 新・のび太の大魔境~ペコと5人の探検隊~』の初日舞台あいさつが8日、東京都内で行われ、レギュラーの声優陣、監督のほかスペシャルゲストとして主題歌を歌ったKis-My-Ft2(玉森裕太、藤ヶ谷太輔、宮田俊哉、横尾渉、二階堂高嗣、千賀健永、北山宏光)が登場した。

 本作は、藤子・F・不二雄生誕80周年記念作品として、1982年に公開された『のび太の大魔境』を最新CGを用いてリメークしたもの。

 親子連れの観客からの大歓声で迎えられた玉森は「ドラえもんと言えば誰もが知っている国民的映画。僕も小さいころからドラえもんを見て育ってきたので今回主題歌を担当できてすごく光栄です」と語った。

 北山も「自分の中で“ドラえもん”はどんな存在なんだろうと振り返ってみたら教科書みたいな感覚だった。この作品に参加させてもらえることを本当に感謝しています」と笑顔を見せ、藤ヶ谷も「主題歌『光のシグナル』は夢がたくさん詰まっている作品です。振り付けも歌詞も覚えやすい歌なのでみんなに歌ってほしい」と呼び掛けた。

 また劇中で大活躍するジャイアンにちなみ「キスマイのメンバーでは誰が一番“ジャイアンっぽい”?」という質問に対して6人が玉森を指名。宮田が玉森を選んだ理由を「あいさつ代わりに肩パンチをされる」と明かすと、藤ヶ谷が「分かりやすく言ったら、宮田がのび太で玉森がジャイアンみたいな感じ」と解説した。

 さらに千賀が「(玉森は)俺の物は俺の物、おまえの物は俺の物みたいな(ところがある)」と指摘したが、横尾が「やんちゃなときもあれば優しいときもあるし、決めるときは決めるということだよね」とフォローした。

 結局、満場一致でジャイアンに選ばれた玉森は「男気があると(いう意味に)受け止めればうれしく思いますね」と前向きにとらえたが、微妙な空気に「あれ?」と照れ笑いを浮かべた。

 ジャイアンに二階堂を指名した玉森は、その理由を「よくオラ~、オラ~って言っているから」と説明した。二階堂は「そんなことはない。僕はいつも道路の端っこにいる感じだよ」と笑って否定し「ジャイアンは今回の映画のようにカッコいいときはカッコいい。でも僕はあんまりカッコいいとこないもん」と自虐コメントで笑いを誘った。

 


芸能ニュースNEWS

「監察医 朝顔」“桑原”風間俊介の不倫疑惑に衝撃 ともさかりえが新キャストで登場

ドラマ2020年11月24日

 上野樹里が主演するドラマ「監察医 朝顔(第2シーズン)」(フジテレビ系)の第4話が、23日に放送された。  本作は、法医学者の朝顔(上野)と刑事の父(時任三郎)の姿を描くヒューマンドラマ。今回は、マンションの一室で遺体となって発見された若 … 続きを読む

玉木宏主演の「極主夫道」第7話 「龍と酒井の本気のネオポリスガールに爆笑」

ドラマ2020年11月23日

 玉木宏主演のドラマ「極主夫道」(読売テレビ・日本テレビ系)の第7話が、22日に放送された。  本作は、裏社会に数々の伝説を残した元極道の龍(玉木)が“専業主夫”となり、愛する家族や町のために奮闘する姿を描く任侠コメディー。  今回は、妻・ … 続きを読む

「危険なビーナス」視聴者の犯人予想が加速 麻生祐未に「悪役をやらせたらピカイチ」の声も

ドラマ2020年11月23日

 妻夫木聡と吉高由里子が出演する日曜劇場ドラマ「危険なビーナス」(TBS系)の第7話が、22日に放送された。  今回は、伯朗(妻夫木)の父・手島一清(R‐指定)と母・禎子(斉藤由貴)の過去、そして佐代(麻生祐未)との関係が明らかになった。 … 続きを読む

水川あさみ「自分は突っ込みのつもりで…」 関西弁で傷つけた過去を告白

映画2020年11月20日

 映画『滑走路』初日舞台あいさつが20日、東京都内で行われ、出演者の水川あさみ、浅香航大、寄川歌太と大庭功睦監督が登壇した。  本作は、32歳の若さで命を絶った歌人・萩原慎一郎のベストセラー歌集を映画化。非正規、いじめ、過労、自死…。現代を … 続きを読む

今年の“ボジョパ”は、オンラインで乾杯! サントリーが多彩なゲストとLive配信

イベント2020年11月20日

 19日、待望のボジョレーヌーヴォーが解禁となった。サントリーではこれを祝して、解禁日から3日間連続で、さまざまなゲストと共に「YouTube Live」を配信。「ジョルジュ デュブッフ ボジョレーヌーヴォーを買って、毎日おうちでボジョパを … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top