内博貴主演「オダサク」がミュージカル化で再演 錦織一清、内のぎっくり腰のきっかけを暴露

2014年2月21日 / 15:00

 ミュージカル「ザ・オダサク~愛と青春のデカダンス~」の制作発表が21日、東京都内で行われ、出演者の内博貴、愛原実花、浜中文一(関西ジャニーズJr.)、室龍太(関西ジャニーズJr.)、松岡卓弥、榊原徹士、コング桑田、新納慎也、姿月あさと、高汐巴、脚色・演出の錦織一清ほかが出席した。

 本作は、数々の小説を世に送り出し、33歳の若さで亡くなった大阪の流行作家・織田作之助(内)の半生を描く。昨年、東京と大阪で上演された音楽劇をミュージカル版としてリニューアルし、愛原、室、松岡、榊原、コング、高汐を新キャストに迎えて再演する。

 オダサクを演じる内は「去年、オダサクさんの生誕100周年記念でやらせてもらって、またこうやって今年再演できるなんて正直思ってもいませんでした」と喜びを語り、「キャストが替わりまして、また新しいオダサクの世界が作れるのではないかと思っています。楽しみにしています」と期待を寄せた。

 前作に引き続いての出演となる浜中は「前回は初めての外部舞台で緊張していて、でもやはり同じ事務所の先輩の内くんがいるので追い越してやろうと思っていた」と語ったが「そんなうわさがこの業界に広がったとは聞いていないので、今回リベンジします!」と力強く語った。

 関西の後輩で新たにキャストに加わった室は「もちろん不安があるのですが、今回は先輩が2人もいるので心強く思っています。精いっぱい楽しめればいいなと思って頑張るので、よろしくお願いします」と初々しく意気込みを語った。

 前作の上演から1年での再演に錦織は「かなり前から打ち合わせややらなければいけないことがあって、(前作から)つながっているような。年がら年中オダサクをやっているような感じです。自分だったらこういう舞台に出たいというものを作るので、出たくなりますね」と語った。

 内は再演に当たり「僕の中でハードルを上げていかないといけないと思っていて、再演だからといって前回とまったく違うことをしようとも思っていませんし、覚えている部分もあります。1年ぐらいしかたっていないので、あまり難しく考えずに錦織さんと話し合って冷静に作っていけたらと思います」と落ち着いて語った。

 
  • 1
  • 2

芸能ニュースNEWS

戸塚祥太「最初は絶望ぐらいからスタート」 ビートルズ創成期のメンバー役で一からベースを練習

舞台・ミュージカル2019年5月25日

 舞台「BACKBEAT」のフォトコールおよび囲み取材会が25日、東京都内で行われ、出演者の戸塚祥太(A.B.C-Z)、加藤和樹、辰巳雄大(ふぉ~ゆ~)、JUON(FUZZY CONTROL)、上口耕平、演出の石丸さち子氏ほかが出席した。 … 続きを読む

西島秀俊「熱気を感じてわくわくしている」 斎藤工「見守る側になりたい」

トレンド2019年5月25日

 ジョルジオ・アルマーニ史上初となるクルーズコレクションを発表するファッションショーが24日、東京都内で開催され、約12年ぶりに来日したデザイナーのジョルジオ・アルマーニ氏のほか、海外ゲストとしてハリウッド女優のユマ・サーマン、日本からは西島秀俊、斎藤工、上白石萌歌、剛力彩芽、鈴木保奈美、建築家の安藤忠雄氏ほかがコレクション発表に駆けつけた。 続きを読む

西島秀俊「平和の大切さを感じてほしい」 佐々木蔵之介「『空母いぶき』への参加は怖かった」

映画2019年5月24日

 映画『空母いぶき』初日舞台あいさつが24日、東京都内で行われ、出演者の西島秀俊、佐々木蔵之介、本田翼、市原隼人、深川麻衣、藤竜也、若松節朗監督が登場した。  本作は、国籍不明の軍事勢力から攻撃を受け、戦後最大の危機に陥った日本を舞台に、命 … 続きを読む

京本政樹“大先輩”里見浩太朗と舞台初共演 「先生、私も還暦になりました」

舞台・ミュージカル2019年5月24日

 舞台「赤と黒 サムライ・魂」の囲み取材会が24日、東京都内で行われ、出演者の里見浩太朗、越岡裕貴(ふぉ~ゆ~)、福士申樹(MADE/ジャニーズJr.)、小川菜摘、堤下敦(インパルス)、京本政樹が登場した。  本作は、往年の名俳優と次世代の … 続きを読む

松本白鸚、父の顔見せ「小さな喜び」 3人の子に自らの仕事を承継

トレンド2019年5月24日

 「松竹大歌舞伎」東コース制作発表が24日、東京都内で行われ、松本白鸚、松本幸四郎が出席した。 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top