錦織一清、つかこうへいの名作を演出 「“サビ抜きのすし”になるのは嫌だった」

2013年7月12日 / 16:13

 女性警官を演じる黒谷友香

 舞台「熱海殺人事件」の公開舞台稽古が12日、東京都内で行われ、演出・出演の錦織一清、出演者の戸塚祥太(A.B.C-Z)、黒谷友香、逆木圭一郎が取材に応じた。

 本作は、劇作家の故つかこうへい氏の代表的作品。今回は錦織が部長刑事・木村伝兵衛を演じながら演出も担当。戸塚は恋人を殺した大山金太郎を演じる。

 錦織は「演出をやることで、この作品と初めて向き合った気がする。出演していたときは、自分はつかさんに甘えっ放しだった。つかさんは苦労して舞台を作っていたんだなとしみじみ感じる」とコメント。また「久しぶりに“つか芝居”のせりふをしゃべると、つかさんが生き返ったような感じがする」と感慨深げに語った。

 “錦織バージョン”の見せ場について問われると「“つかさんだったらここでこういうことを考えたかな”ということを追い掛けながら作った。僕の付け足したところが際立つのでなく(舞台に)うまく溶け込んでいたらいいなと思う」と答えた。

 一方、戸塚は「錦織さんと同じ舞台に立てることがすっごくうれしくて眠れなかった。次の日に遠足を控えた小学生のような気持ちで3日前から“始まるぞ~!”と心が高ぶって。とにかく楽しみ」と気合十分。錦織の演出については「とことん楽しいし真面目。すべてが振り切っていて、全部詰まっている感じ」と興奮気味に語った。

 また、黒谷と逆木から“楽しい演出ぶり”を明かされた錦織は「言われ過ぎですね」と照れ笑いを浮かべ「つかさんの演出における“ふざけ方”は僕よりずっと面白かったし、僕はニュアンス程度」と謙遜しながらも「“サビ抜きのすし”みたいになるのが嫌だった。なんかピリッとした遊び方も大切にしました」と思いを語った。

 先日、少年隊の東山紀之に第2子が誕生したことから「錦織さんは恋の話はまだ遠そう?」の質問も。錦織は「まだどっかに(相手が)いるかもしれないですからね。まだ分からないですから」と煙に巻いた。

 舞台は12日~21日、都内・サンシャイン劇場、26日~28日、京都四條 南座で上演。


芸能ニュースNEWS

佐藤隆太「勇気を出して参加して」 観客参加型の舞台で初の一人芝居

舞台・ミュージカル2020年1月24日

 舞台「エブリ・ブリリアント・シング ~ありとあらゆるステキなこと~」公開稽古と囲み取材が24日、東京都内で行われ、出演者の佐藤隆太が登壇した。  本作は、開演前から佐藤が観客に話しかけたり、番号のついた小さなカードを渡してコミュニケーショ … 続きを読む

「ミュージカル『刀剣乱舞』歌合 乱舞狂乱 2019」レポート! 新たな2振りの刀剣男士が顕現

舞台・ミュージカル2020年1月24日

 「ミュージカル『刀剣乱舞』歌合 乱舞狂乱 2019」の東京公演が22~23日、東京都内の武蔵野の森総合スポーツプラザ メインアリーナで上演された。  本作は、ミュージカル『刀剣乱舞』(以下、刀ミュ)に出演している刀剣男士による、歌い、踊り … 続きを読む

前田敦子、ワンオペ育児に奮闘するママ役 夫・勝地涼は「協力的に育児に参加してくれた」

ドラマ2020年1月24日

 NHKよるドラ「伝説のお母さん」完成試写会が24日、東京都内で行われ、出演者の前田敦子、玉置玲央、大倉孝二、大地真央が出席した。  本作は、ロールプレイングゲームの世界が舞台。“伝説の魔法使い”ことメイ(前田)は、現在はワンオペ家事育児と … 続きを読む

小池栄子「大泉さんはパワーを吸い取とる」 大泉洋「それはお互い様」

映画2020年1月24日

 映画『グッドバイ~嘘からはじまる人生喜劇~』の完成披露試写会が23日、東京都内で行われ、出演者の大泉洋、小池栄子、水川あさみ、橋本愛、緒川たまき、木村多江、濱田岳、松重豊と成島出監督が登場した。  本作は、優柔不断だがなぜかモテる田島(大 … 続きを読む

横山だいすけ「だいすけお兄さんのファミリーコンサートにようこそ」 舞台「天才てれびくん」開幕

舞台・ミュージカル2020年1月23日

 舞台「天才てれびくん the STAGE~てれび戦士REBORN~」の初日舞台あいさつと公開稽古が23日、東京都内で行われ、出演者の前田公輝、横山だいすけほかが登壇した。  NHKの人気子ども番組「天才てれびくん」を舞台化した本作は、大人 … 続きを読む

page top