榮倉奈々、岡田准一の“ツンデレ”を語る  岡田、「毎回、夕食の報告を受けました」

2013年3月19日 / 19:50

「(ライブラリー)タスクフォース(図書館特殊部隊)の皆さんは本当にカッコ良くて、勝手に守られている気分になっていました。ぜいたくなひとときでした」と “胸キュン”エピソードを語った榮倉奈々

 映画『図書館戦争』完成披露記者会見が19日、東京都内で行われ、出演者の岡田准一、石坂浩二、田中圭、福士蒼汰、佐藤信介監督が出席した。

 本作は、作家・有川浩氏の同名小説を実写化したもの。国家によるメディアへの不当な検閲が行われる近未来を舞台に、良書を守るため戦う図書館側から生まれた自衛組織「図書隊」の若者たちが戦いを通して成長する姿と、そこで繰り広げられる恋愛模様を描く。

 図書隊員の鬼教官・堂上篤役を演じた岡田は「フィクションではあるけれどリアリティーを持たせることを意識しました。人気のあるキャラクターなので、女性、男性の両方から愛される役柄にしなければと思い、自分としてはハードルが高かった」と振り返った。

 初共演となった榮倉については「真っすぐで純粋。すごく自然体な方」と称賛。「待ち時間も上官と部下という関係をお互い意識してか、そんなに会話はしなかった」と話し「現場でも榮倉さんは、せんべいをずっと食べていた。周りの人にはあげるのに、僕の方はチラッと見るだけで何も言わない。それなのに、毎回『昨日はフレンチ食べました』と夕食の報告だけ受けました」と笑いながら明かした。

 一方、新米女性隊員・笠原郁を演じた榮倉は「岡田さんは、現場でも教官オーラがすごかった。空き時間も殺陣の練習や“合わせ”をしていてとてもストイック。私に対する距離感の保ち方も堂上教官に通じるものがありました」と感嘆。「教官という立場上、バインダーでたたかれたりするシーンもありましたが、カットの声が掛かると『ごめんね、ごめんね』と気にされていました」と岡田の“ツンデレ”ぶりも明かしていた。

 映画は4月27日公開。 

 


芸能ニュースNEWS

竹野内豊、娘を殺され復讐に突き進む父親役 撮影中は「私生活でも苦しいときがあった」

ドラマ2021年5月14日

 「連続ドラマW 東野圭吾『さまよう刃』」の完成報告会が13日、東京都内で行われ、出演者の竹野内豊、石田ゆり子、三浦貴大と片山慎三監督が出席した。  本作は、東野圭吾氏のベストセラー小説を連続ドラマ化。男手一つで育ててきた娘を未成年の少年た … 続きを読む

「恋ぷに」石原さとみ&綾野剛の“着ぐるみ姿”に反響 「何なんですか、あのかわいい生き物は」

ドラマ2021年5月13日

 石原さとみと綾野剛がW主演するドラマ「恋はDeepに」(日本テレビ系)の第5話が、12日に放送された。  本作は、海洋学者の渚海音(石原)と、ツンデレ御曹司・蓮田倫太郎(綾野)の“禁断の恋”を描くラブコメディー。  「私、人間じゃないの」 … 続きを読む

及川光博、デビュー25周年を振り返る 美輪明宏の「誤解されて当たり前」に感謝

CM2021年5月12日

 「ビゲン 香りのヘアカラー新CM発表会」が12日、オンラインで開催され、ビゲンブランドアンバサダーに就任した及川光博が登場した。  この日は、今年デビュー25周年を迎えた及川が、ビゲンの歴史とともに、自身の歴史を振り返るトークセッションを … 続きを読む

中村勘九郎「生きる鼓動を味わって」 コクーン歌舞伎の開幕に喜びと感謝

舞台・ミュージカル2021年5月12日

 渋谷・コクーン歌舞伎 第十七弾「夏祭浪花鑑」取材会が11日、オンラインで開催され、出演者の中村勘九郎、中村七之助、尾上松也、ほかが出席した。  浪花の市井の人々を描いた「夏祭浪花鑑」は、コクーン歌舞伎で1996年、2003年、08年に上演 … 続きを読む

「着飾る恋」川口春奈と横浜流星が“両思い確定ハグ” 「流星くんのギューからの頭ポンポンがやばい」

ドラマ2021年5月12日

 川口春奈が主演するドラマ「着飾る恋には理由があって」(TBS系)の第4話が、11日に放送された。  本作は、着飾ることで自分の居場所を得ている主人公・真柴くるみ(川口)が、ミニマリストの駿(横浜流星)らとルームシェアをし、恋や友情を深めな … 続きを読む

amazon

アクセスランキング RANKING

page top