榮倉奈々、岡田准一の“ツンデレ”を語る  岡田、「毎回、夕食の報告を受けました」

2013年3月19日 / 19:50

「(ライブラリー)タスクフォース(図書館特殊部隊)の皆さんは本当にカッコ良くて、勝手に守られている気分になっていました。ぜいたくなひとときでした」と “胸キュン”エピソードを語った榮倉奈々

 映画『図書館戦争』完成披露記者会見が19日、東京都内で行われ、出演者の岡田准一、石坂浩二、田中圭、福士蒼汰、佐藤信介監督が出席した。

 本作は、作家・有川浩氏の同名小説を実写化したもの。国家によるメディアへの不当な検閲が行われる近未来を舞台に、良書を守るため戦う図書館側から生まれた自衛組織「図書隊」の若者たちが戦いを通して成長する姿と、そこで繰り広げられる恋愛模様を描く。

 図書隊員の鬼教官・堂上篤役を演じた岡田は「フィクションではあるけれどリアリティーを持たせることを意識しました。人気のあるキャラクターなので、女性、男性の両方から愛される役柄にしなければと思い、自分としてはハードルが高かった」と振り返った。

 初共演となった榮倉については「真っすぐで純粋。すごく自然体な方」と称賛。「待ち時間も上官と部下という関係をお互い意識してか、そんなに会話はしなかった」と話し「現場でも榮倉さんは、せんべいをずっと食べていた。周りの人にはあげるのに、僕の方はチラッと見るだけで何も言わない。それなのに、毎回『昨日はフレンチ食べました』と夕食の報告だけ受けました」と笑いながら明かした。

 一方、新米女性隊員・笠原郁を演じた榮倉は「岡田さんは、現場でも教官オーラがすごかった。空き時間も殺陣の練習や“合わせ”をしていてとてもストイック。私に対する距離感の保ち方も堂上教官に通じるものがありました」と感嘆。「教官という立場上、バインダーでたたかれたりするシーンもありましたが、カットの声が掛かると『ごめんね、ごめんね』と気にされていました」と岡田の“ツンデレ”ぶりも明かしていた。

 映画は4月27日公開。 

 


芸能ニュースNEWS

吉田鋼太郎「田中圭が止まらない」 『劇場版おっさんずラブ』のシリーズ化を希望

映画2019年8月23日

 『劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』初日舞台あいさつが23日、東京都内で行われ、出演者の田中圭、林遣都、内田理央、金子大地、伊藤修子、児嶋一哉、沢村一樹、志尊淳、眞島秀和、大塚寧々、吉田鋼太郎と瑠東東一郎監督が登壇した。 … 続きを読む

りゅうちぇる、生きづらさを感じた過去を語る 「自分を偽ったりもしたけど結局孤独だった」

トレンド2019年8月23日

 「True Colors Festival-超ダイバーシティ芸術祭-」記者会見が23日、東京都内で行われ、アンバサダーに就任した、作家・スポーツライターの乙武洋匡氏、タレントのりゅうちぇる、IVAN、ラブリが出席した。 続きを読む

竹中直人「映画館を出たら街が荒野に見えるはず」 「この映画は『許されざる者』を超えている」

映画2019年8月23日

 映画『荒野の誓い』のトークイベントが23日、東京都内で行われ、俳優の竹中直人が登場した。  本作は、退役間近の陸軍大尉(クリスチャン・ベール)、家族を殺された未亡人(ロザムンド・パイク)、死期が迫るシャイアン族の族長(ウェス・ステューディ … 続きを読む

星野源のサプライズ登場にファン歓喜 6年ぶりの主演映画は「すてきな喜劇になった」

映画2019年8月23日

 映画『引っ越し大名』公開直前イベントが23日、東京都内で行われ、お笑いコンビ・ずんの飯尾和樹とキャイ~ンのウド鈴木が出席した。  本作は、引っ越し奉公に任命された姫路藩の引きこもり侍・片桐春之介(星野源)が、お国の一大事を救うため、超難関 … 続きを読む

蒼井優、結婚祝福に「ありがとうございます」 池松壮亮、ピエール瀧への思いを語る

映画2019年8月23日

 映画『宮本から君へ』完成披露舞台あいさつが22日、東京都内で行われ、出演者の池松壮亮、蒼井優、井浦新、一ノ瀬ワタル、真利子哲也監督、原作の新井英樹氏が登壇した。  本作は、新井氏の伝説的漫画を実写映画化。金なしコネなし勝ち目なし…。でも情 … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top