寺島進「どうする家康」で水野信元役 おいを演じた松本潤は「限りなく美しい座長」

2023年6月18日 / 21:10

水野信元役の寺島進 (C)NHK

 嵐の松本潤が主演するNHK大河ドラマ「どうする家康」の第23回が18日に放送され、織田家に味方する三河の国人領主、そして徳川家康(松本)の母・於大(松嶋菜々子)の兄・水野信元を演じた寺島進からコメントが届いた。

 第23回の副題は「瀬名、覚醒」。瀬名(有村架純)が武田の使者・千代(古川琴音)と密会していると知った五徳(久保史緒里)は父・織田信長(岡田准一)に密告。すると信長は、水野が武田と内通していると言いがかりをつけ、家康に処分を迫る。

 苦渋の末、水野を手にかけた家康は、侍女の於愛(広瀬アリス)に癒やしを求めるように。一方、設楽原の戦い以来、心のバランスを失っていた息子の松平信康(細田佳央太)に、瀬名は秘めてきた大きな夢を打ち明けるというストーリーだった。

 信元の人物像について、寺島は「戦国武将の中、度量・人柄・行動力・交渉術・決断力を併せ持つ策略家。そんな中、子どもがそのまま大人になったような純真な心も兼ね備え、まれな存在であるが故に嫉妬する敵も多くいたであろう。家康には、天下を取ってもらい、一刻も早く平穏な世界にしてもらいたいと…」という。

 最期のシーンについては、「『なぜ? なぜ?』と困惑しながら息を引き取った信元。肉体は死んで、あの世に行っても『なぜ? なぜ?』とさまよい続けているだろうから、成仏できていないのでは。切な過ぎる。無念だ!」と語った。

 おいの家康を演じた松本の印象を問われると、「限りなく美しい座長。限りなく美しい家康。松本潤演じる徳川家康は限りなく画期的で今後がますます楽しみであるから目が離せない」とコメントした。

 最後に撮影を通じて、特に印象に残っているシーンを問われると、「やはり、水野信元の最期ですかね。信元のとどめを刺す家臣が岡部大くんで、緊張していたせいか、タイミングが合わない殺陣だったので、彼に『こんな斬り方じゃ俺は死ねねぇぞ!』とげきを飛ばしたんです。それが、けがの功名か、本番でより一層の緊張感、緊迫感を醸し出す雰囲気の中で、見事にとどめを刺してくれました」と明かし、「岡部大くんに一言、これからは楽しく殺陣を勉強してください」と呼び掛けた。


芸能ニュースNEWS

「離婚しない男」“ナオミ”藤原紀香のハニートラップに反響 “渉”伊藤淳史とのキスシーンが「面白過ぎる」

ドラマ2024年2月25日

 伊藤淳史が主演するドラマ「離婚しない男―サレ夫と悪嫁の騙し愛―」(テレビ朝日系)の第6話が24日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、妻の不倫に気付かぬフリをしながら、あえて離婚せず証拠収集し、父親が親権を獲得できる率わずか1 … 続きを読む

「不適切にもほどがある!」「笑って泣けて…神回だった。やっぱりクドカンはすごい」「お義父さんの背広♪で涙腺崩壊」

ドラマ2024年2月24日

 阿部サダヲが主演する「不適切にもほどがある!」(TBS系)の第5話が、23日に放送された。  本作は、中学校の体育教師・小川市郎(阿部)が、ひょんなことから1986年から2024年へタイムスリップし、昭和の駄目おやじの「不適切」発言が令和 … 続きを読む

NHKドラマ10「燕は戻ってこない 」制作開始 石橋静河、稲垣吾郎、内田有紀らが出演

ドラマ2024年2月22日

 4月30日から放送予定のNHKドラマ10は、人気作家、桐野夏生氏による小説『燕は戻ってこない』をドラマ化。「命は誰のものか 」というテーマに、第57回吉川英治文学賞・第64回毎日芸術賞をW受賞した作品。脚本は、連続テレビ小説 「らんまん」 … 続きを読む

「Eye Love You」“花岡”中川大志の苦しい“心の声”に「涙が出た」 「花岡の感情があふれ出した瞬間が圧巻だった」

ドラマ2024年2月21日

 二階堂ふみが主演するドラマ「Eye Love You」(TBS系)の第5話が20日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、目が合うと相手の心の声が聞こえる“テレパス”の能力を持つ主人公・本宮侑里(二階堂)が、超ストレートな年下の … 続きを読む

「リビ松」“松永”中島健人の“元カノ”若月佑美の登場に波紋  「どのドラマも元カノって嫌」「モヤモヤする」

ドラマ2024年2月21日

 中島健人が主演するドラマ「リビングの松永さん」(カンテレ・フジテレビ系)の第7話が20日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、恋に不器用なアラサー男・松永(中島)と、ピュアで一生懸命な女子高生・美己(高橋ひかる)がシェアハウス … 続きを読む

Willfriends

page top