横浜流星「人生は一度きり。後悔のないように過ごして」 映画『ヴィレッジ』完成披露で新社会人にメッセージ

2023年3月31日 / 06:26

横浜流星(左)と黒木華 (C)エンタメOVO

 映画『ヴィレッジ』完成披露イベントが30日、東京都内で行われ、出演者の横浜流星、黒木華、一ノ瀬ワタル、奥平大兼、作間龍斗、古田新太と藤井道人監督が登壇した。

 本作は、「村」という閉ざされた世界を舞台に、そこで生きる人々の、きれいごとだけでは生きていけないリアルな姿を圧倒的な映像美と世界観で描く、異色のサスペンスエンターテインメント。

 過去のある事件によって、村中からさげすまれながら希望のない日々を送る主人公の青年・優を演じた横浜は「渾身(こんしん)の作品が完成しました。1人でも多くの方に届くことを願っています」とあいさつ。

 久々に共演者と並び、「本当に不思議な気持ち。(撮影では)村長(古田)にずっといじめられていたので…」と笑わせながら、「このメンバーで集まると、あのときの記憶がよみがえります」と語った。

 黒木は、東京から出戻り、優に手を差し伸べる幼なじみの美咲を演じた。初共演となった横浜の印象を問われると、「本当に集中力がすごくて。ずっと(集中の)糸を自分でピンと張っていられる方」とコメント。

 美咲の弟を演じた作間も「何時間もシリアスなシーンを撮っているのに、終わるまで全然弱音を吐くこともなく、ずっとピシッとした顔でやっていらっしゃるのですごいなと」と語った。

 また、4月も近いということで、新社会人に向けてアドバイスを求められた横浜は「僕は常日頃から思っているのですが、人生は一度きりだし、明日死ぬかもしれないので、後悔のないように生きたいなって。やりたいことがあればやる。やりたくなかったらやらない。そういうふうに皆さんにも後悔のないように過ごしてほしいです」とメッセージを送った。

 悩んだときの対処法を問われると、「それも自分次第。さらにどん底まで落ちたいなら、落ちてもいい。どん底に落ちたら後は上がるだけなので。仲のいい友人に会って、それを埋めてもいいし、それぞれ(方法は)あると思うので、その都度思ったように動けばいいかなと思います」と優しく語った。

 映画は4月21日から公開。


芸能ニュースNEWS

「Destiny」“奏”石原さとみと“真樹”亀梨和也が歩道橋キス 「真樹が罪な男過ぎる」「心を持っていかれた」

ドラマ2024年4月24日

 石原さとみが主演するドラマ「Destiny」(テレビ朝日系)の第3話が、23日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、主人公の検事・西村奏(石原)が、学生時代の恋人・野木真樹(亀梨和也)と12年ぶりに再会を果たしたことで青春時代 … 続きを読む

「お迎え渋谷くん」“愛花”田辺桃子の元カレ“達也”宮近海斗が登場 「カッコ良過ぎて叫んだ」「手つなぎシーンがかわいい」

ドラマ2024年4月24日

 京本大我が主演するドラマ「お迎え渋谷くん」(カンテレ・フジテレビ系)の第4話が、23日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、蜜野まこと氏の同名漫画が原作。恋をしたことがない売れっ子の若手俳優・渋谷大海(京本)が、年の離れた妹の … 続きを読む

「366日」次週予告の“遥斗”眞栄田郷敦に注目集まる  「複雑な展開になりそう」「三角関係が始まる予感!?」

ドラマ2024年4月23日

 広瀬アリスが主演するドラマ「366日」(フジテレビ系)の第3話が、22日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、HYの名曲『366日』の世界観に着想を得たオリジナルストーリー。高校時代に実らなかった恋をかなえようと再び動きだした … 続きを読む

「95」“秋久”高橋海人の家で起こった衝撃ラストに悲鳴  「心がえぐられてしまった」「ぶっ飛んだ展開」

ドラマ2024年4月23日

 高橋海人が主演するドラマ「95」(テレビ東京系)の第3話が、22日に放送された。(※以下、ネタバレあり)    本作は、早見和真氏の青春小説が原作。大人の作った社会の仕組みにあらがい、大切なものを守りながら1995年の渋谷をがむしゃらに駆 … 続きを読む

高橋一生 水中撮影に手応え「臨場感のある芸術的な映像に仕上がった」 ドラマ「岸辺露伴は動かない」第9話「密漁海岸」記者会見

ドラマ2024年4月23日

 4月22日、東京都内のNHKで、ドラマ「岸辺露伴は動かない」第9話「密漁海岸」のマスコミ向け試写会と記者会見が行われ、出演者の高橋一生、飯豊まりえ、脚本&演出を担当した渡辺一貴、制作統括の土橋圭介氏が登壇した。  ドラマ「岸辺露伴は動かな … 続きを読む

Willfriends

page top