「鎌倉殿の13人」生田斗真、源仲章の最期について語る 最期のせりふに「びっくりした」

2022年11月27日 / 21:30

源仲章役の生田斗真 (C)NHK

 NHKで放送中の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」。11月27日に放送された第45回「八幡宮の階段」では、公暁(寛一郎)がおじに当たる鎌倉幕府3代将軍・源実朝(柿澤勇人)を鶴岡八幡宮で暗殺。その際、実朝と共に公暁に暗殺されたのが、源仲章だ。これに関して、仲章を演じた生田斗真がコメントを発表し、仲章の最期を振り返った。

 台本を読んで「びっくりした」と語る生田。その理由は「仲章の最期の断末魔というか、最期のせりふが『寒い、寒いぞ、寒いんだよ!』というせりふなんです」とのこと。

 続けて、「普通はやられたときのシーンって、『なぜだ!』とか『貴様!』とかそういうせりふのような気がするんですけれど」と率直な思いを語った後、「三谷(幸喜)さんのセンスというか、独特の感性で、こんなにもすてきなせりふというか、すてきなシーンを頂いて、冥利(みょうり)に尽きるなという思いでやらせていただきました」と明かした。

 とはいえ、その最期の言葉に対する向き合い方は難しかったようで、「役者によって、というか、言い方一つでどういう捉え方もできるようなせりふを頂いたので、これはなかなか難しい宿題を出していただいたなという気がしました」と打ち明けた。

 では、そのせりふを生田はどう受け止めたのか。まず語ったのは、「仲章は太刀持ちの役割を半ば強引に義時から奪い取るような形で務めるわけですけど、『思ったより寒かった』というのもあると思うんですよね」という解釈。

 さらに、「本当に寒くて、『何でこんなに寒いんだよ、こんなんじゃ代わるべきじゃなかったな』という怒りもあるだろうし。その『寒いんだよ』の裏には『俺じゃないだろ! 何でおまえ、間違えたんだよ。何で俺が斬られなきゃならないんだよ!』という思いもあった」と、義時と間違えて仲章を斬った公暁に対する怒りを交えながら、より深く掘り下げた解釈も披露した。

 そして、最後に語ったのが、「こんなところで自分の人生は終わってしまうのか、こんなはずじゃなかったんだという悲しみの叫びでもあると思います」という仲章の心情だった。

 この複雑な意味合いを持つ仲章の最後の言葉について生田は、「オンエアをご覧になった皆さんに、どういうふうに受け取っていただけるのか、すごく楽しみにしています」と語った。

 その一方、仲章の最期のシーンの撮影については満足したようで、「あんなに大きな階段のセットも、ワクワクするような撮影になりましたし、すごくいい日に、思い出深い日になりました」と振り返った。

 


芸能ニュースNEWS

「95」“セイラ”松本穂香の壮絶な過去に怒りの声 「牧野が諸悪の根源」「最低過ぎて許せない」

ドラマ2024年5月28日

 高橋海人が主演するドラマ「95」(テレビ東京系)の第8話が、27日に放送された。(※以下、ネタバレあり)    本作は、早見和真氏の青春小説が原作。大人の作った社会の仕組みにあらがい、大切なものを守りながら1995年の渋谷をがむしゃらに駆 … 続きを読む

「アンメット」今泉監督がカフェ店員役でサプライズ出演 「カフェのマスター、もしかして、今泉監督…?」

ドラマ2024年5月28日

 杉咲花が主演するドラマ「アンメット-ある脳外科医の日記-」(フジテレビ系)の第7話が、27日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  原作は、同名コミック(原作:子鹿ゆずる氏/漫画:大槻閑人氏)。事故で記憶障害の後遺症を負った若手脳外科医 … 続きを読む

「366日」チョコプラ長田の主題歌の歌声に反響 「今週はまさかのチョコプラ長田」「才能の幅があり過ぎ」

ドラマ2024年5月28日

 広瀬アリスが主演するドラマ「366日」(フジテレビ系)の第8話が、27日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、HYの名曲『366日』の世界観に着想を得たオリジナルストーリー。高校時代に実らなかった恋をかなえようと再び動きだした … 続きを読む

「ACMA:GAME」グングニルのトップ“ガイド”の正体が明らかに 「思わず息をのんでしまった」「やっぱりそうか」

ドラマ2024年5月27日

 間宮祥太朗が主演するドラマ「ACMA:GAME アクマゲーム」(日本テレビ系)の第8話が、26日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  グングニルのアジトとおぼしき地下施設を目指す照朝(間宮)は、転落しそうになるところを間一髪で初(田中 … 続きを読む

「東京タワー」“比奈”池田朱那の怪演に視聴者衝撃  「比奈ちゃんが怖過ぎる」「不倫ドラマから一気にホラーに」

ドラマ2024年5月27日

 永瀬廉が主演するドラマ「東京タワー」(テレビ朝日系)の第6話が、25日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  浅野詩史(板谷由夏)といる時間に言いようのない幸せを感じるほどに、のめり込んでいく小島透(永瀬)。その夜も、透を残し夫のもとへ … 続きを読む

Willfriends

page top