2024年大河ドラマ「光る君へ」紫式部役で吉高由里子が主演 「鮮やかな大河ドラマにしていけたらと思います」

2022年5月11日 / 15:12

主演の吉高由里子(左)と脚本の大石静氏 (C)NHK

 NHKで2024年に放送される大河ドラマのタイトルが「光る君へ」に決定。11日、東京都内で会見が行われ、主人公の紫式部を演じる吉高由里子、脚本の大石静氏ほかが出席した。

 大河ドラマ第63作目となる本作の舞台は平安時代。後に、世界最古の女性文学といわれる『源氏物語』を生み出した紫式部の人生を描く。

 大石氏は「紫式部は生没年も不明で、日記も残しているけれど、本音は書いていない感じ。これはオリジナルで相当構築できる、挑戦しがいがあるなと思って、人生最後の賭けだと思ってイチかバチかでお受けしました」と経緯を語った。

 吉高は「私は2014年に連続ドラマ小説(『花子とアン』)に出演したのですが、10年ぶりに長い作品に携わらせていただきます。今回は女性がテーマで、スタッフさんも女性の方が多い。(平安時代は)男の人の社会で動いていた時代かもしれないけれど、女の人に光が差す内容をやっていく上で、たくさんの人に共感していただける主人公を表現できたらと思います」と意気込みを語った。

 大河ドラマでの主演については、「本当に願ってもないこと。この仕事をやっていても、『大河ドラマの主演が夢』とは恐れ多くて言えないぐらい、自分には関わりのないものだと思っていたので」とコメント。

 続けて、「なので、今ここに座らされて何をしゃべればいいのか分からない」と苦笑しながらも、「大石先生がこれからオリジナル性にあふれる内容で書いてくださるので、その想像の翼と未知の世界を、日々想像しながら、鮮やかな大河ドラマにしていけたらと思います」と話した。

 また、「馬に乗りたい」とも語った吉高は「大河ドラマといえば、馬かなと思っていたら、今回戦(いくさ)がない。なので馬のシーンをねじ込んでいただければ。馬に乗って現場入りしたい」と冗談めかして笑わせた。

 ドラマでは、紫式部が生涯心を寄せる男性として、藤原道長も登場する。大石氏は「紫式部の彼に対する愛と執着と憎しみ…。結婚はしないけど、生涯ツイン・ソウルのように絡み合う2人の感情を描いていけたら」と構想を語った。


芸能ニュースNEWS

高橋一生「完璧」と評され苦笑 「何を思っているか分からないと言われる」

CM2022年5月16日

 「“完璧な新キリンチューハイ”お披露目発表会」取材会が16日、東京都内で行われ、新CMに出演した俳優の高橋一生が登場した。  イベントでは“完璧な新キリンチューハイ”こと、リニューアルした「新氷結」をお披露目。その味について高橋は「びっく … 続きを読む

「インビジブル」“キリヒト”永山絢斗の登場に「びっくり」 「何らかの闇を抱えている姉弟なのか」

ドラマ2022年5月16日

 高橋一生が主演するドラマ「インビジブル」(TBS系)の第5話が、13日に放送された。  本作は、事件解決のためならどんな手でも使う警視庁刑事部・特命捜査対策班の刑事、志村貴文(高橋)と、「インビジブル」と呼ばれる犯罪コーディネーターとして … 続きを読む

「しろめし修行僧」“ぶりあん”犬飼貴丈と母親の再会に涙 「こんなに泣ける回があるなんて聞いていない」

ドラマ2022年5月16日

 お笑いトリオ・ハナコの岡部大が主演するドラマ「しろめし修行僧」(テレビ東京系)の第6話が、13日に放送された。  本作は、寺の息子・米田たくあん(岡部)が、托鉢(たくはつ)で全国行脚修行を行い、各地の“ご飯のお供”と出会う様子を描く。「白 … 続きを読む

「マイファミリー」“温人”二宮和也がついに犯人と対面 「“鈴間”藤間爽子と“東堂”濱田岳が手を組んでいると考えるとスムーズ」

ドラマ2022年5月16日

 二宮和也が主演する日曜劇場「マイファミリー」(TBS系)の第6話が、15日に放送された。  本作は、ゲーム会社のCEO・鳴沢温人(二宮)の娘が誘拐されたことから始まる、ノンストップファミリーエンターテインメント。誘拐事件で試される“家族の … 続きを読む

「俺かわ」“康介”山田涼介と“和泉”芳根京子の関係が動き出す 「キュンキュンが止まらない」「この展開最高」

ドラマ2022年5月15日

 山田涼介が主演するドラマ「俺の可愛いはもうすぐ消費期限!?」(テレビ朝日系)の第5話が、14日に放送された。  本作は、山田が「かわいい」を武器に生きてきた“あざかわ男子”を演じるラブコメディー。(※以下、ネタバレあり)  弥生ビールの営 … 続きを読む

amazon

page top