吉高由里子「自分よりも長生きする作品に」 主演ドラマ「最愛」が「総務大臣賞」を受賞

2022年3月15日 / 06:57

吉高由里子 (C)エンタメOVO

 一般社団法人デジタルメディア協会主催「デジタル・コンテンツ・オブ・ジ・イヤー’21/第27回AMDアワード」授賞式が14日、東京都内で行われ、昨年10~12月に放送されたTBSドラマ「最愛」が大賞の「総務大臣賞」を受賞。同ドラマに主演した女優の吉高由里子ほかが出席した。

 「最愛」は、殺人事件の重要参考人となった実業家の真田梨央(吉高)と、梨央の初恋の相手で刑事の宮崎大輝(松下洸平)、弁護士の加瀬賢一郎(井浦新)を中心に展開する物語。

 俳優の演技と巧妙な映像カットがネット上で大きな話題となり、「2021年視聴者の心を最もつかんだ作品」として大賞を受賞した。

 金子恭之総務相から“グランプリフラッグ”を受け取った吉高は「立派な旗を持ち、このような曲が流れると、何だか強くなった気分。旗を振り回したい気持ちをグッと堪えて今ここに立たせてもらってます」とスピーチした。

 完全オリジナル作とあり、吉高は「ゼロの産みの苦しみから始まったドラマで、一つ一つ丁寧に紡いで作ってきた作品です。見てくださった皆さんが、ここまで大きく育ててくださったのだと思います」としみじみ語った。

 吉高は「長く残る作品、自分よりも長生きする作品になったのかな。大変感謝しております」と語り、「これからもワクワクするようなエンターテインメントに携わっていけるよう、自分自身も精進したいと思います」と言葉に力を込めた。

 「AMD理事長賞」は、原作漫画と、昨年公開の実写映画が大ヒットした『東京リベンジャーズ』が受賞した。授賞式には、実写映画で“ドラケン”こと龍宮寺堅を演じた山田裕貴が登壇。

 「ドラケンのせりふで、『下げる頭は持っていなくてもいい、人を思う心は持て』というのがあるのですが、このせりふのように、皆が皆を思う熱い気持ちが作品をここまで持ち上げたんだと思います」と受賞の喜びを語った。

 


芸能ニュースNEWS

「Destiny」“奏”石原さとみと“真樹”亀梨和也が歩道橋キス 「真樹が罪な男過ぎる」「心を持っていかれた」

ドラマ2024年4月24日

 石原さとみが主演するドラマ「Destiny」(テレビ朝日系)の第3話が、23日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、主人公の検事・西村奏(石原)が、学生時代の恋人・野木真樹(亀梨和也)と12年ぶりに再会を果たしたことで青春時代 … 続きを読む

「お迎え渋谷くん」“愛花”田辺桃子の元カレ“達也”宮近海斗が登場 「カッコ良過ぎて叫んだ」「手つなぎシーンがかわいい」

ドラマ2024年4月24日

 京本大我が主演するドラマ「お迎え渋谷くん」(カンテレ・フジテレビ系)の第4話が、23日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、蜜野まこと氏の同名漫画が原作。恋をしたことがない売れっ子の若手俳優・渋谷大海(京本)が、年の離れた妹の … 続きを読む

「366日」次週予告の“遥斗”眞栄田郷敦に注目集まる  「複雑な展開になりそう」「三角関係が始まる予感!?」

ドラマ2024年4月23日

 広瀬アリスが主演するドラマ「366日」(フジテレビ系)の第3話が、22日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、HYの名曲『366日』の世界観に着想を得たオリジナルストーリー。高校時代に実らなかった恋をかなえようと再び動きだした … 続きを読む

「95」“秋久”高橋海人の家で起こった衝撃ラストに悲鳴  「心がえぐられてしまった」「ぶっ飛んだ展開」

ドラマ2024年4月23日

 高橋海人が主演するドラマ「95」(テレビ東京系)の第3話が、22日に放送された。(※以下、ネタバレあり)    本作は、早見和真氏の青春小説が原作。大人の作った社会の仕組みにあらがい、大切なものを守りながら1995年の渋谷をがむしゃらに駆 … 続きを読む

高橋一生 水中撮影に手応え「臨場感のある芸術的な映像に仕上がった」 ドラマ「岸辺露伴は動かない」第9話「密漁海岸」記者会見

ドラマ2024年4月23日

 4月22日、東京都内のNHKで、ドラマ「岸辺露伴は動かない」第9話「密漁海岸」のマスコミ向け試写会と記者会見が行われ、出演者の高橋一生、飯豊まりえ、脚本&演出を担当した渡辺一貴、制作統括の土橋圭介氏が登壇した。  ドラマ「岸辺露伴は動かな … 続きを読む

Willfriends

page top