三宅健「僕に嫌な思いを寄せてくる人をはらいたい」 林翔太「健くんの素の美しさにドキドキしている」

2022年2月23日 / 04:05

主人公・安倍晴明を演じる三宅健 (C)エンタメOVO

 舞台「陰陽師 生成り姫」のフォトコールおよび初日前会見が22日、東京都内で行われ、出演者の三宅健、音月桂、林翔太、木場勝己が登場した。

 本作は、夢枕獏氏の同名小説が原作。陰陽寮の陰陽師をなりわいとする安倍晴明(三宅)と、唯一無二の友である源博雅(林)との友情や、徳子姫(音月)と博雅との切ない恋を描く。

 三宅は「今までにない人間味があふれる安倍晴明になっていたら、うれしいなと思います。お芝居が上演されている間は、嫌なことを全て忘れて、平安の世に皆さまをいざなえるように準備していますので、ぜひお越しください」とアピールした。

 「芝居をしていて大変なことは?」と聞かれると、「かつらが重くて、肩が凝ります。これ(衣装)を年がら年中、着ている歌舞伎役者の方は素晴らしいなと、尊敬しかないです」と吐露。

 「今の世の中で、おはらいしたいものは?」との問いには、「僕に嫌な思いを寄せてくる人たちですかね。嫌悪感とか、イラッとしている人があまり好きじゃないので、そういう人は寄せつけないようにしたい。穏やかな日々を過ごしたいと思っているので」と話して笑いを誘った。

 V6に憧れてジャニーズ事務所に入ったという林は、三宅と稽古を重ねた日々について、「本当に幸せな日々を過ごさせてもらいました。思い入れのある新橋演舞場で、健くんとまた一緒にステージに立てるのは、僕にとっては奇跡のような出来事です」と笑顔でコメント。

 三宅が演じる安倍晴明の印象については、「健くんの素の美しさが晴明に合っていて、毎回ドキドキしながらやらせてもらっています」と声を弾ませた。

 舞台は、3月12日まで都内・新橋演舞場、3月18日~24日に京都・南座で上演。

(左から)林翔太、音月桂、三宅健、木場勝己 (C)エンタメOVO

 


芸能ニュースNEWS

「Destiny」“奏”石原さとみと“真樹”亀梨和也が歩道橋キス 「真樹が罪な男過ぎる」「心を持っていかれた」

ドラマ2024年4月24日

 石原さとみが主演するドラマ「Destiny」(テレビ朝日系)の第3話が、23日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、主人公の検事・西村奏(石原)が、学生時代の恋人・野木真樹(亀梨和也)と12年ぶりに再会を果たしたことで青春時代 … 続きを読む

「お迎え渋谷くん」“愛花”田辺桃子の元カレ“達也”宮近海斗が登場 「カッコ良過ぎて叫んだ」「手つなぎシーンがかわいい」

ドラマ2024年4月24日

 京本大我が主演するドラマ「お迎え渋谷くん」(カンテレ・フジテレビ系)の第4話が、23日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、蜜野まこと氏の同名漫画が原作。恋をしたことがない売れっ子の若手俳優・渋谷大海(京本)が、年の離れた妹の … 続きを読む

「366日」次週予告の“遥斗”眞栄田郷敦に注目集まる  「複雑な展開になりそう」「三角関係が始まる予感!?」

ドラマ2024年4月23日

 広瀬アリスが主演するドラマ「366日」(フジテレビ系)の第3話が、22日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、HYの名曲『366日』の世界観に着想を得たオリジナルストーリー。高校時代に実らなかった恋をかなえようと再び動きだした … 続きを読む

「95」“秋久”高橋海人の家で起こった衝撃ラストに悲鳴  「心がえぐられてしまった」「ぶっ飛んだ展開」

ドラマ2024年4月23日

 高橋海人が主演するドラマ「95」(テレビ東京系)の第3話が、22日に放送された。(※以下、ネタバレあり)    本作は、早見和真氏の青春小説が原作。大人の作った社会の仕組みにあらがい、大切なものを守りながら1995年の渋谷をがむしゃらに駆 … 続きを読む

高橋一生 水中撮影に手応え「臨場感のある芸術的な映像に仕上がった」 ドラマ「岸辺露伴は動かない」第9話「密漁海岸」記者会見

ドラマ2024年4月23日

 4月22日、東京都内のNHKで、ドラマ「岸辺露伴は動かない」第9話「密漁海岸」のマスコミ向け試写会と記者会見が行われ、出演者の高橋一生、飯豊まりえ、脚本&演出を担当した渡辺一貴、制作統括の土橋圭介氏が登壇した。  ドラマ「岸辺露伴は動かな … 続きを読む

Willfriends

page top