辰巳雄大、主演舞台で林翔太と恋人役 林「キュンキュンしながらお芝居をしていた」

2021年9月3日 / 07:13

辰巳雄大(左)と林翔太

 舞台「ネバー・ザ・シナー -魅かれ合う狂気-」公開舞台稽古&取材会が2日、東京都内で行われ、出演者の辰巳雄大(ふぉ~ゆ~)、林翔太が登壇した。

 本作は、天才と呼ばれた恋人同士の大学生が、実業家の息子を誘拐して殺害し、終身刑プラス99年の懲役刑を受けた「ローブとレオポルド事件」を原作とした作品。脚本家・映画監督として知られる君塚良一氏が、舞台初演出を担当する。

 リチャード・ローブ役の辰巳は「実話の持つパワーに加えて、演劇が持つパワーが組み合わさって、熱い作品になったらいいなと思って稽古をさせていただきました。願わくば、この作品を多くの人に見てもらいたいという思いが強いです」と開幕に向けた思いを語った。

 本作で辰巳と林は実在した恋人同士を演じることから、「お互いに恋人としてはありか」と問われると、林は「ありです」と即答。

 その理由を「昔、同じグループで活動していたときから、頼りがいがある“お兄ちゃん”です。世の女性も恋人にしたいんじゃないでしょうか」と語った。

 また、林は「(辰巳は)ローブみたいに、稽古中からずっとセクシーなんです。家でずっと動画を見たりしながら、研究をしているので、日を重ねるごとにどんどんセクシーになっていった。僕はレオポルドとしてキュンキュンしながらお芝居をしていました」と明かした。

 一方、辰巳は「僕はこの稽古に入る前は『あり』って言っていましたが、今はなし」と話し、「翔ちゃん(林)は、優しさで包んでくれるような、母性すら感じるようなところがあるんですが、気付くと『あれ? 今、手のひらで踊らされている?』って瞬間があって…。最終的に尻に敷かれそうなイメージが強くなってきたので、やめておこうかな」と冗談めかして笑わせた。

 舞台は、9月2日~12日、都内・品川プリンスホテル クラブeXで、9月18日~19日に大阪・クールジャパンパーク大阪TTホールで上演。

(前列左から)辰巳雄大、林翔太、(後列左から)荒木健太朗、姜暢雄、磯部勉、前島亜美、山岸拓生(拙者ムニエル)

 


芸能ニュースNEWS

「インビジブル」警察側の“内通者”の予想が白熱 「“志村”高橋一生と“キリコ”柴咲コウの絆が最高だった」

ドラマ2022年5月21日

 高橋一生が主演するドラマ「インビジブル」(TBS系)の第6話が、20日に放送された。  本作は、事件解決のためなら、どんな手でも使う警部補・志村貴文(高橋)と、「インビジブル」と呼ばれる犯罪コーディネーターとして悪を熟知するキリコ(柴咲コ … 続きを読む

中井貴一「台風の中での撮影でかつらが飛んだ」 松山ケンイチ「この映画には貴一さんの人間性、優しさがあふれている」

映画2022年5月21日

 映画『大河への道』公開初日舞台あいさつが20日、東京都内で行われ、出演者の中井貴一、松山ケンイチ、北川景子、岸井ゆきの、和田正人、田中美央と中西健二監督が登壇した。  本作は、立川志の輔の新作落語「大河への道-伊能忠敬物語-」を原作に映画 … 続きを読む

「未来への10カウント」“祥吾”木村拓哉の“ループスパーリング”に反響 「見入ってしまった」「みんなカッコ良かった」

ドラマ2022年5月20日

 木村拓哉が主演するドラマ「未来への10カウント」(テレビ朝日系)の第6話が、19日に放送された。  本作は、生きる希望を失った主人公・桐沢祥吾(木村)が、図らずも母校のボクシング部のコーチになったことで熱い気持ちを取り戻していく姿を描く学 … 続きを読む

伊藤沙莉「辞めた方がいいのかなと思ったことはある」 俳優を続けるかを悩んだ過去を告白

ドラマ2022年5月20日

 Huluオリジナル「あなたに聴かせたい歌があるんだ」配信スタート記念イベントが19日、東京都内で行われ、出演者の成田凌、伊藤沙莉、藤原季節、上杉柊平、前田敦子、田中麗奈と萩原健太郎監督が登壇した。  本作は、17歳と27歳という年齢に、人 … 続きを読む

大野拓朗「岸谷五朗さんは和製シェークスピア」 「クラウディア」で地球ゴージャス初出演

舞台・ミュージカル2022年5月19日

 「Daiwa House Special『クラウディア』Produced by 地球ゴージャス」制作発表が19日、東京都内で行われ、出演者の大野拓朗、甲斐翔真、脚本・演出の岸谷五朗ほかが登壇した。  本作は、岸谷と寺脇康文が主宰する演劇ユ … 続きを読む

amazon

page top