辰巳雄大、主演舞台で林翔太と恋人役 林「キュンキュンしながらお芝居をしていた」

2021年9月3日 / 07:13

辰巳雄大(左)と林翔太

 舞台「ネバー・ザ・シナー -魅かれ合う狂気-」公開舞台稽古&取材会が2日、東京都内で行われ、出演者の辰巳雄大(ふぉ~ゆ~)、林翔太が登壇した。

 本作は、天才と呼ばれた恋人同士の大学生が、実業家の息子を誘拐して殺害し、終身刑プラス99年の懲役刑を受けた「ローブとレオポルド事件」を原作とした作品。脚本家・映画監督として知られる君塚良一氏が、舞台初演出を担当する。

 リチャード・ローブ役の辰巳は「実話の持つパワーに加えて、演劇が持つパワーが組み合わさって、熱い作品になったらいいなと思って稽古をさせていただきました。願わくば、この作品を多くの人に見てもらいたいという思いが強いです」と開幕に向けた思いを語った。

 本作で辰巳と林は実在した恋人同士を演じることから、「お互いに恋人としてはありか」と問われると、林は「ありです」と即答。

 その理由を「昔、同じグループで活動していたときから、頼りがいがある“お兄ちゃん”です。世の女性も恋人にしたいんじゃないでしょうか」と語った。

 また、林は「(辰巳は)ローブみたいに、稽古中からずっとセクシーなんです。家でずっと動画を見たりしながら、研究をしているので、日を重ねるごとにどんどんセクシーになっていった。僕はレオポルドとしてキュンキュンしながらお芝居をしていました」と明かした。

 一方、辰巳は「僕はこの稽古に入る前は『あり』って言っていましたが、今はなし」と話し、「翔ちゃん(林)は、優しさで包んでくれるような、母性すら感じるようなところがあるんですが、気付くと『あれ? 今、手のひらで踊らされている?』って瞬間があって…。最終的に尻に敷かれそうなイメージが強くなってきたので、やめておこうかな」と冗談めかして笑わせた。

 舞台は、9月2日~12日、都内・品川プリンスホテル クラブeXで、9月18日~19日に大阪・クールジャパンパーク大阪TTホールで上演。

(前列左から)辰巳雄大、林翔太、(後列左から)荒木健太朗、姜暢雄、磯部勉、前島亜美、山岸拓生(拙者ムニエル)

 


芸能ニュースNEWS

「Destiny」“奏”石原さとみと“真樹”亀梨和也が歩道橋キス 「真樹が罪な男過ぎる」「心を持っていかれた」

ドラマ2024年4月24日

 石原さとみが主演するドラマ「Destiny」(テレビ朝日系)の第3話が、23日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、主人公の検事・西村奏(石原)が、学生時代の恋人・野木真樹(亀梨和也)と12年ぶりに再会を果たしたことで青春時代 … 続きを読む

「お迎え渋谷くん」“愛花”田辺桃子の元カレ“達也”宮近海斗が登場 「カッコ良過ぎて叫んだ」「手つなぎシーンがかわいい」

ドラマ2024年4月24日

 京本大我が主演するドラマ「お迎え渋谷くん」(カンテレ・フジテレビ系)の第4話が、23日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、蜜野まこと氏の同名漫画が原作。恋をしたことがない売れっ子の若手俳優・渋谷大海(京本)が、年の離れた妹の … 続きを読む

「366日」次週予告の“遥斗”眞栄田郷敦に注目集まる  「複雑な展開になりそう」「三角関係が始まる予感!?」

ドラマ2024年4月23日

 広瀬アリスが主演するドラマ「366日」(フジテレビ系)の第3話が、22日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、HYの名曲『366日』の世界観に着想を得たオリジナルストーリー。高校時代に実らなかった恋をかなえようと再び動きだした … 続きを読む

「95」“秋久”高橋海人の家で起こった衝撃ラストに悲鳴  「心がえぐられてしまった」「ぶっ飛んだ展開」

ドラマ2024年4月23日

 高橋海人が主演するドラマ「95」(テレビ東京系)の第3話が、22日に放送された。(※以下、ネタバレあり)    本作は、早見和真氏の青春小説が原作。大人の作った社会の仕組みにあらがい、大切なものを守りながら1995年の渋谷をがむしゃらに駆 … 続きを読む

高橋一生 水中撮影に手応え「臨場感のある芸術的な映像に仕上がった」 ドラマ「岸辺露伴は動かない」第9話「密漁海岸」記者会見

ドラマ2024年4月23日

 4月22日、東京都内のNHKで、ドラマ「岸辺露伴は動かない」第9話「密漁海岸」のマスコミ向け試写会と記者会見が行われ、出演者の高橋一生、飯豊まりえ、脚本&演出を担当した渡辺一貴、制作統括の土橋圭介氏が登壇した。  ドラマ「岸辺露伴は動かな … 続きを読む

Willfriends

page top