「ファイトソング」“芦田”間宮祥太朗の“ムササビジャンプ”に反響 「間宮くんのムササビの余韻がヤバい」「破壊力が強過ぎる」

2022年2月2日 / 14:06

“芦田”間宮祥太朗(左)と“花枝”清原果耶 (C)TBS

 清原果耶が主演するドラマ「ファイトソング」(TBS系)の第4話が、1日に放送された。

 本作は、夢破れたスポ根ヒロイン・木皿花枝(清原)と、一発屋ミュージシャンの芦田春樹(間宮祥太朗)、花枝に片思いをする幼なじみの夏川慎吾(菊池風磨)の三角関係の恋模様を描くヒューマンラブコメディー。(※以下、ネタバレあり)

 花枝は、中華街デートで芦田から突然キスをされそうになり、いつもと違う芦田の雰囲気に戸惑いパニックになる。

 その頃、花枝たちのデートを尾行していた慎吾と幼なじみの凛(藤原さくら)は、露店でムササビの人形が売られているのを発見。慎吾は花枝へのプレゼントとして買うことを提案するが、花枝のために楽しそうに土産を選ぶ慎吾の姿に、凛はモヤモヤしていた。

 そんなある日、花枝がハウスクリーニングの仕事で芦田のマンションを訪れると、そこには芦田のマネジャーの弓子(栗山千明)の姿があった。

 弓子は芦田に「1週間後の新曲コンペに参加して通らなければ、事務所との契約は解除になる」と通達する。

 曲作りに追われ、恋の取り組みどころではなくなってしまった芦田と、芦田から連絡が来ず、落ち込む日々を過ごす花枝。そして、弱っている花枝を目の当たりにした慎吾は、何とかして花枝を励まそうと奮闘する。

 放送終了後、SNS上には、「花枝と芦田のもどかしい関係にキュンとなった。寡黙な間宮くんがカッコいい」「2人の奥手な恋愛が新鮮ですてき。菊池風磨くんも頑張っていていい」「風磨くんの役が切ないけれど、かわいくて応援したくなる」といった感想が投稿された。

 また、花枝の周囲で自分が「ムササビ」と呼ばれていることを知った芦田が“ムササビジャンプ”のギャグを披露したシーンにも反響が集まった。

 「間宮くんのムササビがツボって、爆笑した。破壊力が強過ぎる」「間宮くんのムササビのシュールなギャグが、最強過ぎて頭から離れない」「間宮くんのムササビジャンプの余韻がヤバい。何回も見ている」などのコメントが集まった。

第4話のワンシーン (C)TBS

 


芸能ニュースNEWS

「アンチヒーロー」「結局、名字に色が付く人は全員味方だったんだね」「10人の真犯人を逃すとも、一人の無辜を罰するなかれ」

ドラマ2024年6月17日

 長谷川博己主演の日曜劇場「アンチヒーロー」(TBS系)の第10話(最終話)が、16日に放送された。  本作は、弁護士ドラマの枠組みを超え、“正義とは果たして何なのか?”“世の中の悪とされていることは、本当に悪いことなのか?”を問い掛ける逆 … 続きを読む

「東京タワー」最終話 “詩史”板谷由夏と“喜美子”MEGUMIの決断に反響 「すてきな終わり方」「“透”永瀬廉ら4人の役者が素晴らしかった」

ドラマ2024年6月17日

 永瀬廉が主演するドラマ「東京タワー」(テレビ朝日系)の最終話が15日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  小島透(永瀬)は、浅野詩史(板谷由夏)と二度と離れたくない焦りから「もう詩史さんのいない人生なんて考えられない。一緒に暮らそう」 … 続きを読む

「9ボーダー」“コウタロウ”松下洸平の決断に「涙腺崩壊」 「“七苗”川口春奈と一緒に泣いた」「つら過ぎる」

ドラマ2024年6月16日

 川口春奈が主演するドラマ「9ボーダー」(TBS系)の第9話が、14日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  家族のいる神戸へと帰るコウタロウ(松下洸平)を追って空港へ駆け付けるも、間に合わず会うことができなかった七苗(川口)。それでも諦 … 続きを読む

「Re:リベンジ」主人公“海斗”赤楚衛二の闇落ち展開に「斬新なドラマ」 「赤楚くんがドラマ始まった頃と別人でアッパレ」

ドラマ2024年6月14日

 赤楚衛二が主演するドラマ「Re:リベンジ-欲望の果てに-」(フジテレビ系)の第10話が、13日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  朝比奈陽月(芳根京子)は、天堂記念病院の医師である大友郁弥(錦戸亮)から、妹の朝比奈美咲(白山乃愛)の … 続きを読む

「Believe」 “陸”木村拓哉と“玲子”天海祐希の夫婦の絆に反響

ドラマ2024年6月14日

  木村拓哉が主演するドラマ「Believe-君にかける橋-」(テレビ朝日系)の第8話が、13日に放送された。(※以下、ネタバレあり)   テレビ朝日開局65周年として制作される本作は、大手ゼネコンで橋づくりに情熱を燃やす、狩山陸(木村)が … 続きを読む

Willfriends

page top