松坂桃李「役所さんからもらったライターをお守りのように」 鈴木亮平「こんなに攻めてばかりの役はこれまでなかった」

2021年7月21日 / 07:45

松坂桃李(左)と鈴木亮平

 映画『孤狼の血 LEVEL2』完成披露プレミアイベントが20日、東京都内で行われ、出演者の松坂桃李、鈴木亮平、西野七瀬、斎藤工、早乙女太一、滝藤賢一、中村獅童、吉田鋼太郎ほかが登壇した。

 前作『孤狼の血』(18)の3年後をオリジナルストーリーで描く本作。殉職した先輩刑事・大上(役所広司)の“血”を受け継いだ日岡(松阪)は、街の平和のために大上に代わって裏社会を取り仕切るが、上林組組長・上林成浩(鈴木)の登場によってその秩序が崩れていく。

 松坂は「前作から3年たった設定ですが、実際に撮影から3年たっていた。前作で(大上が使用した)ライターを役所さんから本当にもらったんです。そこから個人的にお守りのように持っていて、今回はその温めた3年分の思いを全部ぶつけようと思って臨みました」と語った。

 一方、鈴木は「どうやって日岡を追い詰めるか。ある種、ずっと攻めの芝居だったので、悪役としての醍醐味(だいごみ)と言いますか、こんなに攻めてばかりの役はこれまでなかったと思います」とコメント。

 極悪人を演じるのは、「正直、キツい部分の方が大きかった。やはり人の命をそうする以上、こちらも無事でいられないというか、(精神的に)削られていく部分もあったので。でも、それはこの役を演じる上での責任、しょうがないところだと思ってやっていました」と明かした。

 その“非道ぶり”を指摘されると、「何でそんなことをするんだろうと考えると、どんどん人間の負の部分を掘っていけなければいけない。そういうことを考えている時点でどんどん(気持ちを)持っていかれる。そんな中でも、上林組のメンバーが明るかったので、撮影では結構助けられました」と振り返った。

 映画は8月20日から公開。


芸能ニュースNEWS

「花咲舞が黙ってない」“花咲舞”今田美桜の活躍に反響  「スカッと感が懐かしい」「半沢直樹の女性版みたい」

ドラマ2024年4月22日

 今田美桜が主演するドラマ「花咲舞が黙ってない」(日本テレビ系)の第2話が、20日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、池井戸潤氏の小説『花咲舞が黙ってない』『不祥事』が原作。地位なし、権力なし、怖いものなしの主人公・花咲舞(今 … 続きを読む

「アクマゲーム」“照朝”間宮祥太朗と“潜夜”竜星涼が共闘へ 「3話でこの展開は面白過ぎる」「“てるりん呼び”がかわいい」

ドラマ2024年4月22日

 間宮祥太朗が主演するドラマ「ACMA:GAME アクマゲーム」(日本テレビ系)の第3話が、21日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  同名漫画を実写化した本作は、主人公・織田照朝(間宮)が99本集めると、この世の全てを手にすることがで … 続きを読む

「6秒間の軌跡」“ひかり”役を演じる本田翼が「ハマり役」 「このドラマの本田翼が好き」「星太郎に怒ってる姿もかわいい」

ドラマ2024年4月22日

 高橋一生が主演するドラマ「6秒間の軌跡~花火師・望月星太郎の2番目の憂鬱」(テレビ朝日系)の第2話が、20日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、地方都市で代々受け継がれる花火店を舞台に、こじらせまくりな花火師・望月星太郎(高 … 続きを読む

「アンチヒーロー」「とんでもない“長谷川博己劇場”になっている」「岩ちゃんのその笑顔に私はだまされない」

ドラマ2024年4月22日

 長谷川博己主演の日曜劇場「アンチヒーロー」(TBS系)の第2話が、21日に放送された。  本作は、弁護士ドラマの枠組みを超え、“正義とは果たして何なのか?”“世の中の悪とされていることは、本当に悪いことなのか?”を問い掛ける逆転パラドック … 続きを読む

「東京タワー」“透”永瀬廉の濃厚ラブシーンにもん絶 「私の全細胞が興奮した」「美し過ぎて心臓が持たない」

ドラマ2024年4月21日

 永瀬廉が主演するドラマ「東京タワー」(テレビ朝日系)の第1話が、20日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、江國香織氏の同名恋愛小説が原作。愛を知らない医大生・小島透(永瀬)が20歳上の大人の女性・浅野詩史(板谷由夏)との許さ … 続きを読む

Willfriends

page top