「TOKYO MER」初回放送に反響 「鈴木亮平と賀来賢人の熱いヒーロードラマみたい」

2021年7月5日 / 12:10

第一話の場面カット (C)TBS   

 鈴木亮平が主演するドラマ「TOKYO MER~走る緊急救命室~」(TBS系)の第1話が、4日に放送された。

 本作は、人命を救うため、重大事故・災害・事件の危険な現場に勇猛果敢に飛び込んでいく救命救急チーム“TOKYO MER”の活躍を描く。

 東京都知事(石田ゆり子)の号令で新設されたTOKYO MERのメンバーは、チーフドクターの喜多見幸太(鈴木)、研修医・弦巻比奈(中条あやみ)、看護師・蔵前夏梅(菜々緒)、厚生労働省の官僚であり医師の音羽尚(賀来賢人)ら7人。

 発足記念式典の最中、バス事故で重傷者が出ているとの通報を受け、チームは現場へと急行する。喜多見らは、危険極まりない事故現場で、複数の患者のオペをするという前代未聞のミッションに挑む。

 そして、医師の常識を超越した喜多見の救命行為は、厚生労働省で問題視されてしまう。発足早々に解散の危機を迎えたTOKYO MERに、工場爆発というさらなる試練が待ち受けていた。

 放送終了後、SNS上には、「『TOKYO MER』、初回からめちゃめちゃカッコ良かった。緊迫感があって楽しい」「すげードラマが幕を開けた。実力派俳優と脚本の組み合わせが抜群。さすが日曜劇場」「最高に面白かった。最後は鈴木亮平と賀来賢人の熱くてカッコいいヒーロードラマみたいだった。これはハマるわ」などの感想が投稿された。

 また、「待っていては救えない命がある」という強い信念のもと、過酷な現場に命を懸けて飛び込む喜多見役の鈴木について、「ハマり役だと思う。鈴木亮平が現場に駆けつけるだけで、安心感がすごい」「亮平さん、こういう熱い人の役が似合うね。『レンアイ漫画家』からの演技の振り幅がすごい」「亮平さんの熱い思いが、喜多見にたくさん込められている気がして感動した」などの反響が寄せられた。

第一話の場面カット (C)TBS


芸能ニュースNEWS

「ACMA:GAME」“初”田中樹のラストのまさかの行動に「胸アツ展開」 「やっぱり照朝の隣は初くんだよ」「初くん、お帰り」

ドラマ2024年5月20日

 間宮祥太朗が主演するドラマ「ACMA:GAME アクマゲーム」(日本テレビ系)の第7話が、 19日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  「アクマゲーム・トーナメント」の1回戦が終わり、出場者の前に姿を現した崩心(小澤征悦)は、2回戦は … 続きを読む

「アンチヒーロー」「明墨さんのキャラは喪黒福造がモデルでは」「回を追うごとに赤峰くんが優秀になってきている」

ドラマ2024年5月20日

 長谷川博己主演の日曜劇場「アンチヒーロー」(TBS系)の第6話が、19日に放送された。  本作は、弁護士ドラマの枠組みを超え、“正義とは果たして何なのか?”“世の中の悪とされていることは、本当に悪いことなのか?”を問い掛ける逆転パラドック … 続きを読む

「9ボーダー」“コウタロウ”松下洸平の声が優しくて癒やされる 「夕日のシルエットキスが最高」「キュンキュンして沸いた」

ドラマ2024年5月20日

 川口春奈が主演するドラマ「9ボーダー」(TBS系)の第5話が、17日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、19歳、29歳、39歳…各年代のラストイヤー“9ボーダー”の3姉妹がモヤり、焦りながら自分の生きる道を模索するヒューマン … 続きを読む

「6秒間の軌跡」「先代幽霊の同時通訳回。奇妙なシチュエーションなのに何だかほろりとしてしまった」「一生さんはこのドラマをやることで家族の意味を見つめ直したのかな」

ドラマ2024年5月19日

 高橋一生が主演するドラマ「6秒間の軌跡~花火師・望月星太郎の2番目の憂鬱」(テレビ朝日系)の第6話が、18日に放送された。  本作は、地方都市で代々受け継がれる花火店を舞台に、こじらせまくりな花火師・望月星太郎(高橋)の前に、死んだはずの … 続きを読む

「東京タワー」“耕二”松田元太の色気が“だだ漏れ” ラストの衝撃展開に「不倫の代償よ」「来週は修羅場になりそう」

ドラマ2024年5月19日

 永瀬廉が主演するドラマ「東京タワー」(テレビ朝日系)の第5話が、18日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、江國香織氏の同名恋愛小説が原作。愛を知らない医大生・小島透(永瀬)が20歳上の大人の女性・浅野詩史(板谷由夏)との許さ … 続きを読む

Willfriends

page top