柳楽優弥、モンゴルでの過酷な撮影を回顧 「オオカミと向き合うってなかなかない」

2021年2月26日 / 15:13

モンゴルでの過酷な撮影について語った柳楽優弥

 映画『ターコイズの空の下で』初日舞台あいさつが26日、東京都内で行われ、主演の柳楽優弥とKENTARO監督が登壇した。

 本作は、裕福な家庭で甘やかされて育った日本人男性タケシ(柳楽)が、実業家の祖父により、終戦後に生き別れとなった祖父の娘を探すために突然、外モンゴルの草原に送り込まれる物語。

 モンゴルで3週間ほど生活しながら撮影したという柳楽。首都ウランバートルから実際にゲル生活を送る草原まで、車で10時間ほど掛かったという。

 柳楽は「もちろん電車もなく、砂漠地帯になっていくのですが、暗くなってきて、目印もない。モンゴルの運転手さんが『道に迷っちゃったよ』とすねちゃって。プロデューサーが『やばい、俺が運転しなきゃ』となっていた」と語った。

 劇中には、オオカミと闘うシーンも登場するが、「オオカミがつながれているのが細いリードみたいなもので、オオカミは余裕で(リードを)切れそう。大丈夫なんですかって…」と恐怖を感じたことを明かした。

 さらに、「監督は『オオカミは目が悪いから大丈夫だ』と言うけど、鼻が利くんじゃないかなと思うと怖かった。オオカミと向き合うってなかなかない。オオカミが何を考えているのか分からないし」と振り返って笑わせた。

 また、柳楽はCG一切なしの爆破シーンについて、「10分ぐらい耳鳴り止まらなくなっちゃって。そうしたら監督が『大丈夫だ』って抱きしめにきてくれた。クレイジーな体験でした」と語った。

 そんな過酷な撮影にも安心して挑めたのは、「モンゴルのクルーたちが“俺たちが守る”みたいな感じで心強かったから」だといい、「また成長できたかなと。撮影というよりも本当に旅をした感じでした」と笑顔を見せた。


芸能ニュースNEWS

「東京タワー」最終話 “詩史”板谷由夏と“喜美子”MEGUMIの決断に反響 「すてきな終わり方」「“透”永瀬廉ら4人の役者が素晴らしかった」

ドラマ2024年6月17日

 永瀬廉が主演するドラマ「東京タワー」(テレビ朝日系)の最終話が15日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  小島透(永瀬)は、浅野詩史(板谷由夏)と二度と離れたくない焦りから「もう詩史さんのいない人生なんて考えられない。一緒に暮らそう」 … 続きを読む

「9ボーダー」“コウタロウ”松下洸平の決断に「涙腺崩壊」 「“七苗”川口春奈と一緒に泣いた」「つら過ぎる」

ドラマ2024年6月16日

 川口春奈が主演するドラマ「9ボーダー」(TBS系)の第9話が、14日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  家族のいる神戸へと帰るコウタロウ(松下洸平)を追って空港へ駆け付けるも、間に合わず会うことができなかった七苗(川口)。それでも諦 … 続きを読む

「Re:リベンジ」主人公“海斗”赤楚衛二の闇落ち展開に「斬新なドラマ」 「赤楚くんがドラマ始まった頃と別人でアッパレ」

ドラマ2024年6月14日

 赤楚衛二が主演するドラマ「Re:リベンジ-欲望の果てに-」(フジテレビ系)の第10話が、13日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  朝比奈陽月(芳根京子)は、天堂記念病院の医師である大友郁弥(錦戸亮)から、妹の朝比奈美咲(白山乃愛)の … 続きを読む

「Believe」 “陸”木村拓哉と“玲子”天海祐希の夫婦の絆に反響

ドラマ2024年6月14日

  木村拓哉が主演するドラマ「Believe-君にかける橋-」(テレビ朝日系)の第8話が、13日に放送された。(※以下、ネタバレあり)   テレビ朝日開局65周年として制作される本作は、大手ゼネコンで橋づくりに情熱を燃やす、狩山陸(木村)が … 続きを読む

「ブルーモーメント」 SDMに立ちはだかる謎の政治家が登場 「大丈夫。彼も海猿、分かってくれる」

ドラマ2024年6月13日

 山下智久が主演するドラマ「ブルーモーメント」(フジテレビ系)の第8話が、12日に放送された。(※以下、ネタバレあり)   本作は、同名コミックが原作。 内閣府直属チームSDM(特別災害対策本部)気象班統括責任者・晴原柑九朗(通称ハルカン、 … 続きを読む

Willfriends

page top