柳楽優弥、モンゴルでの過酷な撮影を回顧 「オオカミと向き合うってなかなかない」

2021年2月26日 / 15:13

モンゴルでの過酷な撮影について語った柳楽優弥

 映画『ターコイズの空の下で』初日舞台あいさつが26日、東京都内で行われ、主演の柳楽優弥とKENTARO監督が登壇した。

 本作は、裕福な家庭で甘やかされて育った日本人男性タケシ(柳楽)が、実業家の祖父により、終戦後に生き別れとなった祖父の娘を探すために突然、外モンゴルの草原に送り込まれる物語。

 モンゴルで3週間ほど生活しながら撮影したという柳楽。首都ウランバートルから実際にゲル生活を送る草原まで、車で10時間ほど掛かったという。

 柳楽は「もちろん電車もなく、砂漠地帯になっていくのですが、暗くなってきて、目印もない。モンゴルの運転手さんが『道に迷っちゃったよ』とすねちゃって。プロデューサーが『やばい、俺が運転しなきゃ』となっていた」と語った。

 劇中には、オオカミと闘うシーンも登場するが、「オオカミがつながれているのが細いリードみたいなもので、オオカミは余裕で(リードを)切れそう。大丈夫なんですかって…」と恐怖を感じたことを明かした。

 さらに、「監督は『オオカミは目が悪いから大丈夫だ』と言うけど、鼻が利くんじゃないかなと思うと怖かった。オオカミと向き合うってなかなかない。オオカミが何を考えているのか分からないし」と振り返って笑わせた。

 また、柳楽はCG一切なしの爆破シーンについて、「10分ぐらい耳鳴り止まらなくなっちゃって。そうしたら監督が『大丈夫だ』って抱きしめにきてくれた。クレイジーな体験でした」と語った。

 そんな過酷な撮影にも安心して挑めたのは、「モンゴルのクルーたちが“俺たちが守る”みたいな感じで心強かったから」だといい、「また成長できたかなと。撮影というよりも本当に旅をした感じでした」と笑顔を見せた。


芸能ニュースNEWS

深田恭子、憧れの「アンパンマン」でゲスト声優 自身の“アンパンマン的存在”は「吉田沙保里さん」

映画2021年4月12日

 映画『それいけ!アンパンマン ふわふわフワリーと雲の国』公開アフレコイベントが12日、東京都内で行われ、ゲスト声優を務める深田恭子、山崎弘也(アンタッチャブル)が出席した。  シリーズ32作目となる本作は、「雲の国」で生まれた雲の子・フワ … 続きを読む

本仮屋ユイカ「夫を殺す闇を背負った女の子です」 白洲迅&青柳翔と生配信イベントで主演作をアピール

ドラマ2021年4月12日

 ドラマ「私の夫は冷凍庫に眠っている」初回放送直前生配信イベントが10日に行われ、出演者の本仮屋ユイカ、白洲迅、青柳翔が登場した。  本作は、小説投稿サイト「エブリスタ」に投稿され、話題となった同名小説をドラマ化。主人公の夏奈(本仮屋)は、 … 続きを読む

ドロキュン劇場「殴り愛、炎」完結編に「笑い疲れた」 「山崎育三郎と市原隼人の無駄遣いが最高」

ドラマ2021年4月12日

 山崎育三郎が主演するドラマスペシャル「殴り愛、炎」(テレビ朝日系)の後編が、9日に放送された。  本作は、鈴木おさむ氏が脚本を手掛けた“ドロキュン劇場シリーズ”の最新作。 エリート医師の明田光男(山崎)が、婚約者の豊田秀実(瀧本美織)と緒 … 続きを読む

広瀬すず×櫻井翔「ネメシス」放送スタート ポンコツ探偵役の櫻井に「いとおしかった」の声も

ドラマ2021年4月12日

 広瀬すずと櫻井翔が出演するドラマ「ネメシス」(日本テレビ系)の初回が、11日に放送された。  本作は、映画監督・入江悠が手掛ける完全オリジナル脚本のミステリーエンターテインメント。気鋭の推理小説家たちがトリックを監修した。  横浜のさびれ … 続きを読む

松重豊ら『バイプレイヤーズ』初日に感慨 「おちゃめな大杉さんがスクリーン裏で待機してそう」

映画2021年4月10日

 映画『バイプレイヤーズ』初日舞台あいさつイベントが9日、東京都内で行われ、出演者の田口トモロヲ、松重豊、光石研、遠藤憲一、濱田岳、柄本時生、菜々緒、高杉真宙、芳根京子、北香那と松居大悟監督が登壇した。  本作は、豪華なバイプレーヤー(名脇 … 続きを読む

amazon

page top