北村匠海「今日ここに立つことが少し怖かった」 「僕は決してかわいそうなやつではない」

2020年10月30日 / 22:27

 映画『とんかつDJアゲ太郎』の初日舞台あいさつが30日、東京都内で行われ、出演者の北村匠海、山本舞香、浅香航大、池間夏海と二宮健監督が登壇した。

 出演者の一人である伊藤健太郎は、29日、道交法違反(ひき逃げ)などの疑いで警視庁に逮捕され、この日の舞台あいさつを欠席。同じく出演者の伊勢谷友介は、9月上旬に大麻取締法違反(所持)の容疑で警視庁に逮捕されている。

 神妙な面持ちで登壇した主演の北村は「本日はお越しいただき本当にありがとうございます」と気丈にあいさつ。山本は「久しぶりに正面で皆さんの顔を見られるのは本当にうれしいです。短い時間ですが楽しんでいってください」と笑顔で呼び掛けた。

 出演者のトラブルが続いた本作。北村は「正直この映画をフラットに見てくれる人がどれだけいるのか、不安な気持ちがあったり、今日ここに立つことが少し怖かったりいろんな思いがありました」と複雑な思いを吐露した。

 続けて、「この映画はコメディーであり、音楽映画であり、サクセスストーリー。僕一人ではアゲ太郎を演じ切れなかったし、映画の中に登場するキャスト全員に支えられて、この役を1年前に走り切ることができました」と感慨深げに振り返った。

 共演者とのトークでは、笑顔も多く見せた北村。締めのあいさつでは、「本当に心の底から、ここに立てていること、映画が公開できたことがとてもうれしいし、僕は決してかわいそうなやつではない。とても幸せ者だと思っています。人に恵まれ、支えられながら、今ここに立って映画の話ができている…」と声を震わせながら語った。

 最後は、「皆さんが今日ここに来てくれて、これから映画を見てくれることに本当に感謝しています。おもちゃ箱みたいなすてきな映画です。ぜひとも最後まで楽しんでいってください」とアピールした。

北村匠海(左)と山本舞香


芸能ニュースNEWS

「六本木クラス」“龍二”鈴鹿央士の境遇に「涙した」 “新”竹内涼真は「本当に愛情深い人」「長屋に負けるな」

ドラマ2022年8月12日

 竹内涼真が主演するドラマ「六本木クラス」(テレビ朝日系)の第6話が、11日に放送された。  本作は、韓国ドラマ「梨泰院クラス」をリメークしたジャパン・オリジナル版。絶望の淵に立たされた青年・宮部新(竹内)が復讐(ふくしゅう)を誓い、金と権 … 続きを読む

「家庭教師のトラコ」“トラコ”橋本愛の預金額に驚きの声 「8千万円を何に使ったんだろう」「施設への寄付?」

ドラマ2022年8月11日

 橋本愛が主演するドラマ「家庭教師のトラコ」(日本テレビ系)の第4話が、10日に放送された。  本作は、謎の家庭教師・トラコ(橋本)が、年齢も抱えている問題もバラバラの3人の母親と、その子どもを救う個別指導式ホームドラマ。遊川和彦氏が脚本を … 続きを読む

草なぎ剛、デビュー作の原田琥之佑にエール 「感謝の気持ちを忘れずにいれば、絶対にうまくいく」

映画2022年8月11日

 映画『サバカンSABAKAN』完成披露舞台あいさつが10日、東京都内で行われ、出演者の原田琥之佑、尾野真千子、竹原ピストル、草なぎ剛と金沢知樹監督が登壇した。  本作は、1980年代の長崎を舞台に、久田(番家一路)と竹本(原田)の2人の少 … 続きを読む

岩本照、天才詐欺師役は「アイドルに近いものがある」 お気に入りの“成り済まし”は「医者」

舞台・ミュージカル2022年8月10日

 ミュージカル「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」プレスコール取材会が9日、東京都内で行われ、出演者の岩本照(Snow Man)、横山由依、吉田栄作が登壇した。  本作は、フランク・W・アバグネイル・ジュニアの自伝小説『世界をだました男』 … 続きを読む

玉木宏、子どものため庭のプール環境を整備 見守り用にテントも設置し「完結させました」

映画2022年8月9日

 映画『ジュラシック・ワールド/新たなる支配者』大ヒット御礼舞台あいさつが9日、東京都内で行われ、日本語吹き替えキャストの玉木宏と木村佳乃が登壇した。  スティーブン・スピルバーグ監督が製作総指揮を務めた本作は、約30年にわたり、恐竜と人類 … 続きを読む

Willfriends

amazon

page top