伊藤健太郎、まわし姿にも抵抗なし 「恥ずかしいって感覚がおかしくなる」

2020年10月21日 / 18:15

(左から)青木豪氏、紺野美沙子、大鶴佐助、伊藤健太郎、大原櫻子、りょう(撮影:田中亜紀)

 舞台「両国花錦闘士」制作発表記者会見が21日、東京都内で行われ、出演者の伊藤健太郎、大鶴佐助、大原櫻子、紺野美沙子、りょう、作・演出の青木豪氏が登壇した。

 本作は、岡野玲子氏の漫画を原作に、女人禁制の国技ともいわれる相撲を、乙女の視点からポップに描いたもの。

 主演の伊藤は「最初にこのお話を頂いたときに、自分で大丈夫なのかなって、正直、思ったのですが、台本を読んで、なるほどなって感じました。ダンスだったり、歌だったり、チャレンジになる初めてのこともたくさんあるので、それも楽しみにしながら、しっかりと稽古をしていきたいと思います」とあいさつした。

 伊藤が、まわしを手にしただけの姿で撮影されたビジュアルも話題となっているが、「自分の周りの友人からも連絡がきて、『すごいね』って言われました」とコメント。「裸で撮っているのに、『顔だけはファッション誌を撮っている感じでいてください』って言われて、情緒がぐちゃぐちゃな感じで撮影しましたが、いい反応を頂けているのはうれしいです」と笑顔を見せた。

 今回は、劇中でもまわし姿になるが、それに対する抵抗感は、「全くございません。この仕事をしていると、感覚がおかしくなっちゃって、裸でいても、恥ずかしいとか、抵抗という感覚がない」と笑った。

 役作りとして、体作りにも励んでおり、「2、3週間ぐらい、ジムに通っているので、筋肉痛の毎日で大変ですが、徐々に(筋肉が)ついてきています。もっともっと、頑張らないといけないと思っています」と話し、目標体重を聞かれると、「今、68キロぐらいなので、72キロはいきます」と宣言した。

 舞台は12月5日~23日、都内・明治座ほか、大阪、福岡で上演。

(c)2020「両国花錦闘士」


芸能ニュースNEWS

ムロツヨシ「代表作ですって!」と上機嫌 主演作の評判をSNSなどでチェック

映画2022年6月25日

 映画『神は見返りを求める』初日舞台あいさつが24日、東京都内で行われ、出演者のムロツヨシ、岸井ゆきのと吉田恵輔監督が登壇した。  本作は、イベント会社に勤める田母神尚樹(ムロ)が、合コンで出会ったYouTuberのゆりちゃんこと川合優里( … 続きを読む

中村倫也、向井理の自宅に遊びに行った思い出を披露 「あの向井理が生田のロフト付き、6畳みたいなね」

舞台・ミュージカル2022年6月24日

 ゲキ×シネ「狐晴明九尾狩」の舞台あいさつが24日、東京都内で行われ、出演者の中村倫也、吉岡里帆、向井理が登場した。  本作は、2021年の秋に上演した「劇団☆新感線」の同名舞台を映像化。平安時代の京の都で宮廷に陰陽師として仕えた安倍晴明の … 続きを読む

古川雄輝、3年ぶりの舞台出演に「懐かしさとワクワクと緊張感」 浜野謙太、演技のポイントは「うざくならないように」

舞台・ミュージカル2022年6月24日

 舞台「室温~夜の音楽~」開幕前取材会が24日、東京都内で行われ、出演者の古川雄輝、平野綾、浜野謙太、演出の河原雅彦が登壇した。  本作は、ケラリーノ・サンドロヴィッチが2001年に作・演出を手掛けたホラーコメディーを、河原が新演出版で上演 … 続きを読む

東山紀之「頭の中で『マツケンサンバ』がぐわーと回る」 「いつかバックダンサーをやりたい」と松平健にラブコール

ドラマ2022年6月24日

 Amazon Originalドラマ「GAME OF SPY」プレミア潜入生配信イベントが23日、東京都内で行われ、出演者の東山紀之、小澤征悦、ローレン・サイ、松平健、渡部篤郎が登壇した。  本作は、世界中の犯罪者からターゲットにされる日 … 続きを読む

「持続可能な恋ですか?」“颯”磯村勇斗のタイトル回収に反響 林太郎“松重豊”の「『結婚とは永遠に続く愛情へのむちゃな挑戦』が深過ぎる」

ドラマ2022年6月22日

 上野樹里が主演するドラマ「持続可能な恋ですか?~父と娘の結婚行進曲~」(TBS系)の最終回10話が、21日に放送された。  本作は、ヨガインストラクターの沢田杏花(上野)が、辞書編さん者の父・林太郎(松重豊)と父娘でダブル婚活をスタートさ … 続きを読む

amazon

page top