芦田愛菜「今日は楽しんでってや~!」 地元・西宮に向けて関西弁でアピール

2020年10月9日 / 21:32

主人公のちひろを演じた芦田愛菜

 映画『星の子』初日舞台あいさつが9日、東京都内で行われ、出演者の芦田愛菜、永瀬正敏と大森立嗣監督が登壇した。

 本作は“あやしい宗教”を信じる両親のもとで育った少女ちひろが、葛藤しながらも、不遇な環境を生き抜く姿を描く。

 この日の模様は、全国10都市と中継でつながれた。6年ぶりの主演映画となった芦田は「まずは、無事に作品を皆さんにお届けできたことがうれしいです」と笑顔であいさつ。

 司会者から「地元の西宮ともつながっているので、関西弁でぜひ」とリクエストされると、「天気も悪いのに、映画館に来てくださってめっちゃうれしいです。きょうは楽しんでってや~!」と、照れながら呼び掛けた。

 撮影の思い出を尋ねられると、「監督は『こういうふうに演じてほしい』と具体的には言わない方。でも、シーンについてお話する中で、ちひろになるための課題、ヒントを頂いているような感覚になりました。役について委ねてくださる感じがして、監督と2人でちひろを作り上げていく作業がすごく楽しかったです」と、振り返った。

 意識した点については、「ちひろは宗教や両親のことで、『自分は周りからどんなふうに見られているんだろう』『私って変なのかな?』と悩むところもあれば、学校にいる心許せる友達に相談することもできる。そういう心の多面的な部分を表現できたら、と思いながら演じていました」と明かした。

 そんな芦田の魅力を尋ねられた大森監督は「演技がめちゃくちゃうまい。本を読む力もあるし、コミュニケーションを取る力もある。芦田さんの背中とか、(本人が)意図せずとも、どうしてもこぼれ落ちてくるものも、映画の中に魅力的に取り込みました」と語った。

(左から)永瀬正敏、芦田愛菜、大森立嗣監督


芸能ニュースNEWS

岩本照、天才詐欺師役は「アイドルに近いものがある」 お気に入りの“成り済まし”は「医者」

舞台・ミュージカル2022年8月10日

 ミュージカル「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」プレスコール取材会が9日、東京都内で行われ、出演者の岩本照(Snow Man)、横山由依、吉田栄作が登壇した。  本作は、フランク・W・アバグネイル・ジュニアの自伝小説『世界をだました男』 … 続きを読む

玉木宏、子どものため庭のプール環境を整備 見守り用にテントも設置し「完結させました」

映画2022年8月9日

 映画『ジュラシック・ワールド/新たなる支配者』大ヒット御礼舞台あいさつが9日、東京都内で行われ、日本語吹き替えキャストの玉木宏と木村佳乃が登壇した。  スティーブン・スピルバーグ監督が製作総指揮を務めた本作は、約30年にわたり、恐竜と人類 … 続きを読む

「赤いナースコール」5話“恐怖の病院”の謎に考察多数 「“院長”鹿賀丈史に息子がいる?」「“老婆”藤夏子が母親?」

ドラマ2022年8月9日

 Sexy Zoneの佐藤勝利が主演するドラマ「赤いナースコール」(テレビ東京系)の第5話が、8日に放送された。  本作は、主人公の春野翔太朗(佐藤)が入院した病院で、奇妙な現象や連続殺人などの恐怖に見舞われる、“5分に1回の恐怖”をテーマ … 続きを読む

「競争の番人」“六角”加藤清史郎の決意に「カッコいい」 アレス電機編が解決「仲間との絆は大事だと思った」

ドラマ2022年8月9日

 坂口健太郎と杏がW主演するドラマ「競争の番人」(フジテレビ系)の第5話が、8日に放送された。  本作は、“公正取引委員会”を舞台に、天才で理屈っぽくひねくれ者の小勝負勉(坂口)と、実直で感情のままに行動する元刑事の白熊楓(杏)がバディを組 … 続きを読む

竹内涼真、初共演の横浜流星と「仲良くなれた」 「現場で互いのダサい部分をさらけ出す」

映画2022年8月9日

 映画『アキラとあきら』完成披露舞台あいさつが8日、東京都内で行われ、出演者の竹内涼真、横浜流星、高橋海人(King & Prince)、石丸幹二、ユースケ・サンタマリア、江口洋介と三木孝浩監督が登壇した。  池井戸潤氏の同名小説を … 続きを読む

Willfriends

amazon

page top