石田ゆり子、撮影中は「本当に毎日がつらかった」 映画『望み』で息子の帰りを待つ母親役を熱演

2020年10月9日 / 17:58

(左から)堤幸彦監督、石田ゆり子、堤真一、岡田健史

 映画『望み』公開記念舞台あいさつが9日、東京都内で行われ、出演者の堤真一、石田ゆり子、岡田健史と堤幸彦監督が登壇した。

 本作は、雫井脩介氏の同名小説が原作。高校生の息子(岡田)が消えたその日、同級生が殺され、幸せだった家族の日常は一変する。息子は犯人なのか、それとも、もう1人の被害者なのか。極限の家族愛が描かれる。

 息子の無実を信じる父親役を演じた堤は「精神的に大変な撮影でしたが、こうして完成して皆さんに見ていただけることを、心から喜んでおります」とあいさつした。

 たとえ息子が殺人犯であったとしても生きていてほしい、と願う母親役を演じた石田は「撮影中は、本当に毎日がつらかったですが、映画のタイトル通り、何か希望を感じるような優しい空気を持った映画になっています」とアピールした。

 撮影前には、この日登壇した4人で食事会を行ったという。その理由を堤は「映像の仕事でよくあることなんですが、現場で『はじめまして』で、いきなり家族や恋人を演じるのが苦手で。なので、僕からお願いしました」と説明した。

 そんなこともあり、家族の空気が自然と生まれたという。石田は「堤さんはとても求心力がある方。撮影中もみんな楽屋などに帰らずにセットの片隅でずっと話していることが多かったです」とエピソードを披露した。

 息子役の岡田は「最初の食事会があったから、そこで堤真一さん、石田ゆり子さんという役者、人間を目の当たりにすることができました」と語った。

 娘役の清原果耶は他の撮影のため、この日は欠席し、ビデオレターを寄せた。食事会も参加できなかったそうで、堤は「俺らが暇みたいな感じ」と笑わせながら、「機会があったら会ってお祝いしたいです」と語った。


芸能ニュースNEWS

「東京タワー」“透”永瀬廉の濃厚ラブシーンにもん絶 「私の全細胞が興奮した」「美し過ぎて心臓が持たない」

ドラマ2024年4月21日

 永瀬廉が主演するドラマ「東京タワー」(テレビ朝日系)の第1話が、20日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、江國香織氏の同名恋愛小説が原作。愛を知らない医大生・小島透(永瀬)が20歳上の大人の女性・浅野詩史(板谷由夏)との許さ … 続きを読む

「9ボーダー」“コウタロウ”松下洸平にハマる視聴者続出 「“沼”な匂いしかしない」「ほわほわした役が最高過ぎる」

ドラマ2024年4月21日

 川口春奈が主演するドラマ「9ボーダー」(TBS系)の第1話が、19日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、19歳、29歳、39歳…各年代のラストイヤー“9ボーダー”の3姉妹がモヤり、焦りながら自分の生きる道を模索するヒューマン … 続きを読む

北山宏光主演の「きみけも」ラストの展開が「すごく怖い」 「闇が深くて目が離せない」「神崎も宮ノ森も危ない」

ドラマ2024年4月20日

 北山宏光が主演するドラマ「君が獣になる前に」(テレビ東京系)の第3話が、19日に放送された。  本作は、さの隆氏の同名漫画を原作に、ドラマオリジナルの脚本で実写化。人が持つ闇や獣性を描き、人間の暗部をとことんえぐる戦慄のノワール・サスペン … 続きを読む

「季節のない街」「キャッツを超えた!」「訳分からんパワーがすごい」

ドラマ2024年4月20日

 企画・監督・脚本、宮藤官九郎氏によるドラマ「季節のない街」(テレビ東京系)の第三話「半助と猫」が、19日深夜に放送された。  本作は、黒澤明監督が『どですかでん』(70)として映画化したことでも知られる山本周五郎の同名小説をベースに、舞台 … 続きを読む

「Re:リベンジ」“大友郁弥”錦戸亮の“見せつけキス”に注目集まる 「悪い男だけれど、カッコ良い」「脳裏から離れない…」

ドラマ2024年4月19日

 赤楚衛二が主演するドラマ「Re:リベンジ-欲望の果てに-」(フジテレビ系)の第2話が、18日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、巨大病院で巻き起こる権力争いをきっかけに、さまざまな事件が起こり、登場人物たちの「野心」と「復讐 … 続きを読む

Willfriends

page top