「半沢直樹」香川照之の“新名言”に視聴者爆笑 「笑わなかった堺さん、すご過ぎる」

2020年7月27日 / 09:36

(C)Michell

 堺雅人が主演する日曜劇場ドラマ「半沢直樹」(TBS系)の7年ぶりとなる続編の第2話が26日に放送された。

 前作では、東京中央銀行のバンカー・半沢直樹(堺)が、銀行内で横行していた数々の不正を明らかにするも、まさかの出向を命じられるという衝撃の展開で最終回を迎えた。本作では、その出向先となる東京セントラル証券で半沢の身に起こる事件を描く。

 第2話では、半沢が宿敵の東京中央銀行の取締役・大和田(香川照之)と再会。開始から約27分、敵対心をあらわにした大和田が半沢に向かって、「君はもう、おしまいです。お・し・ま・い・death!」と、首をかき切るジェスチャーを交えながら言い放つシーンが放送された。

 SNS上は「おしまいdeath!キターーーー!」「クソ笑った」「やり過ぎだろ」「最高だな」「あれは絶対アドリブだろ」「thの発音が完璧」などと、大盛り上がり。

 前作の半沢の決めぜりふ「倍返し」は、同年の「ユーキャン新語・流行語大賞」の年間大賞を受賞したが、「2020年流行語大賞は『おしまいdeath!』で決まり」といったコメントも寄せられた。

 また、香川の“すさまじい顔芸”とともに「おしまいdeath!」が繰り出されたため、SNS上には「よく笑わなかったな半沢」「あれだけ至近距離で『おしまいdeath』攻撃を食らって笑わなかった堺さん、すご過ぎる」「こんなん目の前でやられたら絶対吹くわ」などと、堺の役者魂を絶賛する声も続出。

 4連休最終日とあり、放送直後には「連休もおしまいdeath!」「連休もおしまいdeathが、何とかとりあえず、あと1週間は頑張れそうです」と、早速、大和田の名ぜりふを活用する視聴者の投稿が相次いだ。


芸能ニュースNEWS

「Re:リベンジ」悲痛な展開に「何ともいえない虚脱感…」 「この怒りは“大友先生”錦戸亮に託すしかない」

ドラマ2024年5月24日

 赤楚衛二が主演するドラマ「Re:リベンジ-欲望の果てに-」(フジテレビ系)の第7話が、23日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  天堂記念病院では、朝比奈陽月(芳根京子)の妹・美咲(白山乃愛)の手術が行われていた。血管から出血し、危険 … 続きを読む

「Believe」“狩山”木村拓哉、まさかのラスト展開に反響 「ラスト5分の展開は怒涛過ぎて混乱中」

ドラマ2024年5月24日

 木村拓哉が主演するドラマ「Believe-君にかける橋-」(テレビ朝日系)の第5話が、23日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  テレビ朝日開局65周年として制作される本作は、大手ゼネコンで橋づくりに情熱を燃やす、狩山陸(木村)が刑務 … 続きを読む

「お迎え渋谷くん」“渋谷くん”京本大我の愛の告白に反響多数  「渋谷くんの告白は100億点満点」「キュンが止まらない」

ドラマ2024年5月22日

 京本大我が主演するドラマ「お迎え渋谷くん」(カンテレ・フジテレビ系)の第8話が、21日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、売れっ子俳優の渋谷大海(京本)が、保育士・青田愛花(田辺桃子)に出会い、不器用ながらも恋を育んでいく“ … 続きを読む

「Destiny」ドライブレコーダーに映る“放火犯”が判明 「“真樹”亀梨和也はかばっていたんだね」「何か深い理由がありそう」

ドラマ2024年5月22日

 石原さとみが主演するドラマ「Destiny」(テレビ朝日系)の第7話が、21日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  横浜地検中央支部の検事・西村奏(石原)は、主治医でもある恋人・奥田貴志(安藤政信)の言葉で、吐血し倒れた真樹(亀梨和也 … 続きを読む

「95」エンディングの“秋久”高橋海人らの表情に注目集まる 「役者さんってすごい」「エンディングだけが癒やし」

ドラマ2024年5月21日

 高橋海人が主演するドラマ「95」(テレビ東京系)の第7話が、20日に放送された。(※以下、ネタバレあり)    本作は、早見和真氏の青春小説が原作。大人の作った社会の仕組みにあらがい、大切なものを守りながら1995年の渋谷をがむしゃらに駆 … 続きを読む

Willfriends

page top