シム・ウンギョン『新聞記者』で女優主演賞 「もっと良い俳優になれるよう謙虚に臨む」

2020年2月14日 / 14:54

女優主演賞を受賞したシム・ウンギョン

 「第74回毎日映画コンクール 表彰式」が13日、川崎市で行われ、藤井道人監督作『新聞記者』が日本映画優秀賞を受賞し、シム・ウンギョンが女優主演賞を獲得した。

 本作は、真実に迫ろうともがく若き新聞記者・吉岡エリカ(ウンギョン)と、「闇」の存在に気付き、選択を迫られるエリート官僚(松坂桃李)の姿を通して、権力とメディアの裏側を描くサスペンス。

 シックなパンツスーツ姿で登場したウンギョンは「夢みたいで緊張しております。藤井監督や関わった皆さんのおかげでここに立っています。俳優として、いつもいろいろ悩んでいますが、もっと良い俳優になれるように謙虚に臨んでいきたいと思います」と日本語でスピーチを行った。

 撮影では「日本語のイントネーションや発音に苦労した」というウンギョン。司会者の生島ヒロシから「猫背でメモを取る姿に記者のリアリティーがあった」と褒められると、「撮影前に新聞社を見学させてもらった。そこで見た記者さんの姿を参考にしました」と語った。

 本作の河村光庸プロデューサーも登壇。生島から「体制に批判的な映画なため、日本の女優に出演を断られたといううわさがありますが?」と問われると、「全くうそ。大きな表現をしていこうということで、最初から彼女を起用したかった。シムさんはものすごい努力家で素晴らしい俳優。私は(彼女が)小さいころからずっとファンなんです」と経緯を語った。

 また、米アカデミー賞の作品賞ほかを受賞した韓国映画『パラサイト 半地下の家族』(ポン・ジュノ監督)の話題も。

 「日本映画界と韓国映画界の違い」を尋ねられたウンギョンは「韓国では撮影初日に(出演者の)紹介なしに、ただスーッと撮影に入っていくのですが、日本の現場では『吉岡役のシム・ウンギョンです』と拍手されながら撮影に入った。最初は驚いて『あっ、すみません』と言っちゃった。だんだん慣れましたが。私はどっちでも大丈夫」と語った。

俳優部門で受賞した(左から)鈴鹿央士、池脇千鶴、成田凌、風吹ジュン、シム・ウンギョン、吉澤健、関水渚


芸能ニュースNEWS

中村獅童、息子の陽喜くんは「ライバル」 「 僕の方が子どもみたい」

舞台・ミュージカル2022年7月6日

 「超歌舞伎 2022 Powered by NTT」取材会が6日、東京都内で行われ、出演者の中村獅童、小川陽喜、澤村國矢が登壇した。  「超歌舞伎」は、2016年の「ニコニコ超会議」で誕生した、獅童とバーチャルシンガーの初音ミクによる新し … 続きを読む

オズワルド伊藤「今日は言えない…」とノロケ 熱愛報道の蛙亭イワクラと“イベント共演”

イベント2022年7月6日

 神明ホールディングス新PRキャラクター「あかふじまい」発表記者会見が6日、東京都内で行われ、蛙亭(イワクラ、中野周平)、(畠中悠、伊藤俊介)、エルフ(荒川、はる)が出席した。  あかふじ米の新PRキャラクター「あかふじまい」として登場した … 続きを読む

「ユニコーンに乗って」西島秀俊演じる中年サラリーマン“小鳥”に反響  「西島さんがかわい過ぎて、杉野遥亮とどっちを選べばいいのか分からない」

ドラマ2022年7月6日

 永野芽郁が主演するドラマ「ユニコーンに乗って」(TBS系)の第1話が、5日に放送された。  教育系スタートアップ企業「ドリームポニー」の若きCEO成川佐奈(永野)の下に、中年の小鳥智志(西島秀俊)が転職してきたことで巻き起こる騒動を通して … 続きを読む

マヂラブ村上「子どもの頃は、1日1回は絶対に泣いていた」 渋谷凪咲「できることなら80年代に生まれたかった」

ドラマ2022年7月6日

 Netflixシリーズ「ストレンジャー・シングス 未知の世界4」配信記念スペシャルイベントが5日、東京都内で行われ、同シリーズに参加する声優の園崎未恵、ファンとして、マヂカルラブリー(野田クリスタル、村上)、NMB48の渋谷凪咲ほかが登壇 … 続きを読む

佐藤勝利、秋元康に「空調を差し入れして、切実です」 “これだけはやめられないもの”も告白

ドラマ2022年7月6日

 ドラマ「赤いナースコール」のオンライン記者会見が5日に行われ、出演者の佐藤勝利(Sexy Zone)、福本莉子、池田鉄洋、板尾創路、浅田美代子が登場した。  秋元康氏が企画・原作を手掛ける本作は、主人公の春野翔太朗(佐藤)が入院した病院で … 続きを読む

Willfriends

amazon

page top