松坂桃李、声の演技でエヴァ好きが助けに 「あのときの碇シンジみたいな」

2019年8月8日 / 17:25

青年ナオミの声を演じた松坂桃李

 アニメ映画『HELLO WORLD』プロジェクト始動イベントが8日、東京都内で行われ、声優を務めた北村匠海、松坂桃李、浜辺美波と伊藤智彦監督ほかが登壇した。

 本作は、ヒットメーカーの伊藤監督が新たに手掛けるSF青春ラブストーリー。京都に暮らす内気な男子高校生・直実(北村)の前に、10年後の未来から来た自分を名乗る青年ナオミ(松坂)が突然現れ、事故によって命を落としてしまう瑠璃(浜辺)を助けてほしいと頼む…という物語。

 これが声優初挑戦となった北村は「アニメーション映画が昔から大好き。細田守監督の作品のオーディションにはずっと行っていたけど、落ちたりして。それが今回かなった。僕のキャリアの中でもかなり挑戦的なものですが、そこに負けないように果敢にいこうかなと思います」と目を輝かせた。

 一方、ナオミ役の松坂は、自身が吹き替えを務めた映画『パディントン』を見た伊藤監督から直々にオファーの手紙が届いたという。松坂は「パディントンはクマ役だったから次はパンダかな、ワニかな? コウモリだったら…といろいろシミュレーションをしていたら人間だった」と笑わせた。

 本作は、まず音声の演技を収録し、それに合わせて映像を作る「プレスコ」という手法で製作された。松坂は「想像を膨らまさなきゃいけないので難しかった。監督の演出がミリ単位で細かった」と、打ち明けた。

 ただ、伊藤監督との共通の趣味が助けになったことも告白。「僕も監督もエヴァンゲリオンが大好き。(劇中に)ナオミが叫ぶシーンがある。これはどれぐらいで…という話になったときに、『エヴァの初号機が胸を貫かれたときあったでしょ。あのときの碇シンジみたいな』と説明され、そんな共通認識を持ちながらやっていきました」と笑顔で振り返った。

映画は9月20日から全国東宝系で公開。

(前列左から)浜辺美波、北村匠海、松坂桃李


芸能ニュースNEWS

「石子と羽男」“大庭”赤楚衛二の告白が「カッコ良かった」 「恋バナではしゃぐ“羽男”中村倫也がかわい過ぎる」

ドラマ2022年8月13日

 有村架純と中村倫也がW主演するドラマ「石子と羽男-そんなコトで訴えます?-」(TBS系)の第5話が、12日に放送された。  本作は、司法試験に4回落ちた崖っぷち東大卒のパラリーガル・石子(有村)と、司法試験に1回で合格した高卒の弁護士・羽 … 続きを読む

「六本木クラス」“龍二”鈴鹿央士の境遇に「涙した」 “新”竹内涼真は「本当に愛情深い人」「長屋に負けるな」

ドラマ2022年8月12日

 竹内涼真が主演するドラマ「六本木クラス」(テレビ朝日系)の第6話が、11日に放送された。  本作は、韓国ドラマ「梨泰院クラス」をリメークしたジャパン・オリジナル版。絶望の淵に立たされた青年・宮部新(竹内)が復讐(ふくしゅう)を誓い、金と権 … 続きを読む

「家庭教師のトラコ」“トラコ”橋本愛の預金額に驚きの声 「8千万円を何に使ったんだろう」「施設への寄付?」

ドラマ2022年8月11日

 橋本愛が主演するドラマ「家庭教師のトラコ」(日本テレビ系)の第4話が、10日に放送された。  本作は、謎の家庭教師・トラコ(橋本)が、年齢も抱えている問題もバラバラの3人の母親と、その子どもを救う個別指導式ホームドラマ。遊川和彦氏が脚本を … 続きを読む

草なぎ剛、デビュー作の原田琥之佑にエール 「感謝の気持ちを忘れずにいれば、絶対にうまくいく」

映画2022年8月11日

 映画『サバカンSABAKAN』完成披露舞台あいさつが10日、東京都内で行われ、出演者の原田琥之佑、尾野真千子、竹原ピストル、草なぎ剛と金沢知樹監督が登壇した。  本作は、1980年代の長崎を舞台に、久田(番家一路)と竹本(原田)の2人の少 … 続きを読む

岩本照、天才詐欺師役は「アイドルに近いものがある」 お気に入りの“成り済まし”は「医者」

舞台・ミュージカル2022年8月10日

 ミュージカル「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」プレスコール取材会が9日、東京都内で行われ、出演者の岩本照(Snow Man)、横山由依、吉田栄作が登壇した。  本作は、フランク・W・アバグネイル・ジュニアの自伝小説『世界をだました男』 … 続きを読む

Willfriends

amazon

page top