成田凌「役は選ばず、地道にやっていく」 「毎日映画コンクール」で男優主演賞に輝く

2020年2月14日 / 15:01

男優主演賞を受賞した成田凌

 「第74回毎日映画コンクール 表彰式」が13日、川崎市で行われ、周防正行監督作の『カツベン!』で男優主演賞を受賞した成田凌が登壇した。

 『カツベン!』は、日本映画の黎明(れいめい)期の大正時代に、映画の語り部として人気を博した活動弁士たちの活躍を描いたもの。

 トロフィーを手にした成田は「とてもありがたいのですが、正直、個人的な喜びの感情がなかなか湧いてこない。お世話になった方々の顔ばかりが浮かんでくる。みんなで頂いた賞。うれしいというよりは感謝しかない」と語った。

 現場で得たものを問われると、「監督が一番楽しんでいた。周防組にいつも参加されている竹中直人さん、渡辺えりさんも楽しそうで、やっぱり楽しい現場というのはいいなと、改めて思いました」としみじみ語った。

 「今後挑戦したい役」を問われると、「選ばずにやりたい。この賞をもらったからといって、僕のお芝居がうまくなるわけでないので地道にやっていくしかない」とコメント。

 続けて「昨年公開された映画には割とトリッキーな役もあったけど、引き続きいろんな役をやっていけたら。この世から『カメレオン俳優』という謎の言葉が消えればいいと思う。それが役者なので」と笑顔で語った。

 同映画賞では『蜜蜂と遠雷』が日本映画大賞に加え、監督賞(石川慶)、スポニチグランプリ新人賞(鈴鹿央士)を受賞。また『半世界』も女優助演賞(池脇千鶴)、脚本賞(阪本順治)、録音賞(藤本賢一)で3冠を達成した。

 日本映画優秀賞は、藤井道人監督作の『新聞記者』が選出され、主演したシム・ウンギョンが女優主演賞を受賞。『ジョーカー』が「外国映画ベストワン賞」と「TSUTAYAプレミアム映画ファン賞」の外国映画部門をW受賞。田中絹代賞には風吹ジュンが選出された。

俳優部門で受賞した(左から)鈴鹿央士、池脇千鶴、成田凌、風吹ジュン、シム・ウンギョン、吉澤健、関水渚


芸能ニュースNEWS

ムロツヨシ「代表作ですって!」と上機嫌 主演作の評判をSNSなどでチェック

映画2022年6月25日

 映画『神は見返りを求める』初日舞台あいさつが24日、東京都内で行われ、出演者のムロツヨシ、岸井ゆきのと吉田恵輔監督が登壇した。  本作は、イベント会社に勤める田母神尚樹(ムロ)が、合コンで出会ったYouTuberのゆりちゃんこと川合優里( … 続きを読む

中村倫也、向井理の自宅に遊びに行った思い出を披露 「あの向井理が生田のロフト付き、6畳みたいなね」

舞台・ミュージカル2022年6月24日

 ゲキ×シネ「狐晴明九尾狩」の舞台あいさつが24日、東京都内で行われ、出演者の中村倫也、吉岡里帆、向井理が登場した。  本作は、2021年の秋に上演した「劇団☆新感線」の同名舞台を映像化。平安時代の京の都で宮廷に陰陽師として仕えた安倍晴明の … 続きを読む

古川雄輝、3年ぶりの舞台出演に「懐かしさとワクワクと緊張感」 浜野謙太、演技のポイントは「うざくならないように」

舞台・ミュージカル2022年6月24日

 舞台「室温~夜の音楽~」開幕前取材会が24日、東京都内で行われ、出演者の古川雄輝、平野綾、浜野謙太、演出の河原雅彦が登壇した。  本作は、ケラリーノ・サンドロヴィッチが2001年に作・演出を手掛けたホラーコメディーを、河原が新演出版で上演 … 続きを読む

東山紀之「頭の中で『マツケンサンバ』がぐわーと回る」 「いつかバックダンサーをやりたい」と松平健にラブコール

ドラマ2022年6月24日

 Amazon Originalドラマ「GAME OF SPY」プレミア潜入生配信イベントが23日、東京都内で行われ、出演者の東山紀之、小澤征悦、ローレン・サイ、松平健、渡部篤郎が登壇した。  本作は、世界中の犯罪者からターゲットにされる日 … 続きを読む

「持続可能な恋ですか?」“颯”磯村勇斗のタイトル回収に反響 林太郎“松重豊”の「『結婚とは永遠に続く愛情へのむちゃな挑戦』が深過ぎる」

ドラマ2022年6月22日

 上野樹里が主演するドラマ「持続可能な恋ですか?~父と娘の結婚行進曲~」(TBS系)の最終回10話が、21日に放送された。  本作は、ヨガインストラクターの沢田杏花(上野)が、辞書編さん者の父・林太郎(松重豊)と父娘でダブル婚活をスタートさ … 続きを読む

amazon

page top