堤真一、岡村隆史と忠臣蔵の聖地でヒット祈願 大石内蔵助の墓前で「申し訳ありませんでした」

2019年11月11日 / 16:19

大石内蔵助役の堤真一

 映画『決算!忠臣蔵』公開直前イベントが11日、東京都内の泉岳寺で行われ、出演者の堤真一、岡村隆史と中村義洋監督が出席した。

 本作は、限られた予算の中であだ討ちを行おうと苦労する赤穂浪士たちの姿を描いた時代劇コメディー。

 この日は、討ち入りを果たした赤穂四十七士の墓所として知られる忠臣蔵の聖地・泉岳寺で、堤と岡村が討ち入り装束に身を包み、映画の大ヒットを祈願した。

 勘定方の矢頭長助を演じた岡村は「久しぶりの映画出演で、緊張しましたが、楽しい現場で、たくさんの経験をさせていただいた。今日もこのような衣装を着させていただき、本当に身の引き締まる思いです」とあいさつした。

 また「ご祈願が始まった瞬間、ブワーッと陽が差してびっくりした。すてきやな。(赤穂浪士に)喜んでいただけているのかな、という思いがしました」と、エピソードも語った。

 筆頭家老・大石内蔵助役の堤は「今までの大石内蔵助のイメージとは全く違う内蔵助だったので、この格好をして内蔵助さんのお墓の前に立ったとき、心の中でつぶやいたのは『申し訳ありませんでした』だった」と明かし、「(報道陣に)たくさん写真を撮ってもらっていますが、何かこのへん(自分の背後)に写っていたら教えてください」と笑わせた。

 さらに司会者から「本格的な衣装で墓前に立つ人はあまりいない」と伝えられると、「だって恐れ多いですもん。引き締まるというよりは、僕は縮こまる思いでした」と苦笑した。

 堤は「変な話、この格好でお参りをして、今日全てが終わった気分。不思議と肩の荷が下りた感じです」とすがすがしい表情を浮かべた。

 映画は11月22日から公開。

(左から)岡村隆史、堤真一、中村義洋監督


芸能ニュースNEWS

「ボス恋」子犬姿の玉森裕太に大反響 「こんなに犬の耳と尻尾の似合う男性、初めて見た」

ドラマ2021年1月27日

 上白石萌音が主演するドラマ「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」(TBS系)の第3話が、26日に放送された。  本作はファッション雑誌の編集部を舞台に、主人公・鈴木奈未(上白石)が鬼編集長・宝来麗子(菜々緒)の雑用係として奮闘しながら、仕事も恋 … 続きを読む

菅田将暉“打ち上げ無し”を嘆く 「終わった感じがなければ、次に進める感じもしない」

映画2021年1月27日

 映画『花束みたいな恋をした』公開直前イベントが26日、東京都内で行われ、出演者の菅田将暉、有村架純と土井裕泰監督が登壇した。  本作は、坂元裕二氏のオリジナル脚本を映画化。終電を逃したことから偶然出会った麦(菅田)と絹(有村)の5年にわた … 続きを読む

香取慎吾が誹謗中傷の問題に切り込む 「アノニマス」初回放送が、ツイート15万件超え

ドラマ2021年1月26日

 香取慎吾が主演するドラマ「アノニマス~警視庁“指殺人”対策室~」(テレビ東京系)の初回が、25日に放送された。  本作は、SNSの誹謗(ひぼう)中傷の問題をテーマに、キーボードによる殺人=指殺人の罪を犯す顔の見えない犯罪者を取り締まる、警 … 続きを読む

「監察医 朝顔」“朝顔”上野樹里の苦難が続く “つぐみ”加藤柚凪の演技に「天才子役」の声も

ドラマ2021年1月26日

 上野樹里が主演するドラマ「監察医 朝顔(第2シーズン)」(フジテレビ系)の第11話が、25日に放送された。  入院中の祖父・浩之(柄本明)から朝顔(上野)に連絡が入った。転院することになった浩之は、東日本大震災で被災し、行方不明が続いてい … 続きを読む

西野七瀬、劇団☆新感線で初舞台 「本番までになじんで楽しんでいけたら」

舞台・ミュージカル2021年1月25日

 2021年劇団☆新感線41周年春興行「Yellow/新感線『月影花之丞大逆転』」制作発表が25日、東京都内で行われ、出演者の古田新太、阿部サダヲ、浜中文一、西野七瀬、木野花ほかが登壇した。  Yellow/新感線は、コロナ禍でも劇団☆新感 … 続きを読む

page top