堤真一「初日に社長が見に行ったら観客が10人だった」 ロケ地の群馬では1位を獲得

2019年6月15日 / 15:40

主演の堤真一

 映画『泣くな赤鬼』の公開御礼舞台あいさつが15日、東京都内で行われ、出演者の堤真一、柳楽優弥、川栄李奈、竜星涼、堀家一希、武藤潤、兼重淳監督が登壇した。

 本作は、重松清氏の同名短編を映画化。厳しくすることでしか教え子に向き合えなかった熱血教師の“赤鬼先生”(堤)と、末期がんのため余命半年と宣告された元生徒“ゴルゴ”(柳楽)との絆を描く。

 大勢の観客に迎えられた堤は「ありがたいですね」と笑顔を見せる一方、「昨日の初日、うちの(事務所の)社長が映画館に見に行ったら10人ぐらいしか客がいなかったって…。『そんなこと言うな』という話ですよね」と明かして笑わせた。

 また、堤が「群馬では?」と、映画のロケ地になった群馬県について問い掛けると、兼重監督が「『メン・イン・ブラック』と『アラジン』を抑えて1位を獲得しました」と報告。堤は「別に群馬だけの話ではないんですけど」と言いながらも、笑顔を浮かべた。

 この日は、映画の内容にちなみ、登壇者が「いま再会したい人」を発表した。堤は「中学時代の野球部の監督。めちゃくちゃ怖くて昔だからよく殴られたりもしたのですが、脚本を読んだときからその先生をイメージしてやっていました」と紹介した。

 だが「この映画も見ていただきたいなと思っていたら、2カ月ぐらい前に亡くなったと…。ずっと連絡も取っていなかったのですが、会いたくてももう会えない。もし生きていたら劇場で見てくれたと思います」としんみりコメントした。

 ゴルゴ役の柳楽は「今回、堤さんと先生と生徒の間柄をしっかりと描く作品に出られて本当に最高でした」と語り、イベント終盤には「今日が最後なんで、ちょっと堤さん、ハグしてください」と、突然おねだり。柳楽と熱いハグを交わした堤は「なんでやねん」と照れた。

(左から)川栄李奈、堤真一、柳楽優弥、竜星涼


芸能ニュースNEWS

五関晃一「舞台でインソールを入れています」 ジャニーさんから「ユー、ちっちゃいよ」

舞台・ミュージカル2019年7月19日

 舞台「奇子(あやこ)」の公開舞台稽古&囲み取材会が19日、東京都内で行われ、出演者の五関晃一(A.B.C-Z)、梶原善ほかが出席した。  本作は、手塚治虫の同名漫画が原作。戦後史の中で、少女監禁や近親相姦などセンセーショナルな要素を巧みに … 続きを読む

哀川翔、昆虫を食べる井上咲楽にドン引き 「俺は幼虫を育てている側ですから」

イベント2019年7月19日

 「大昆虫展 in 東京スカイツリータウン」プレス発表会&内覧会が19日、東京都内で行われ、俳優の哀川翔、タレントの井上咲楽ほかが登場した。  同展は、子どもたちが昆虫を「見る・知る・触れる」ことで、自然環境や人間の暮らしとの関わりに興味を … 続きを読む

若槻千夏「学生時代は週3、4でプリクラ」 キュープラザ池袋は「興奮材料がすごい」

トレンド2019年7月19日

 “エンターテイメントプラザ”をコンセプトにした池袋エリアの新たなランドマーク「キュープラザ池袋」の開業セレモニーが19日、東京都内で行われ、タレントの若槻千夏が出席した。 続きを読む

二宮和也「ジャニーさんにも見てもらいたい」 嵐がNHKの東京五輪関連番組で司会

テレビ2019年7月19日

 東京2020オリンピック・パラリンピック関連番組「2020スタジアム」の取材会が19日、東京都内で行われ、司会を務める嵐の櫻井翔、大野智、相葉雅紀、二宮和也、松本潤と和久田麻由子アナウンサーが出席した。  番組では、東京オリンピック・パラ … 続きを読む

有村架純「ひよっこ」脚本家・岡田惠和は「恩師」 「自分を超える作品をプレゼントしてくださる」

ドラマ2019年7月19日

 WOWOW「連続ドラマW そして、生きる」の完成披露試写会が18日、東京都内で行われ、出演者の有村架純、坂口健太郎、知英、岡山天音、月川翔監督が登壇した。  本作は、人間ドラマの名手・岡田惠和氏がつむぐヒューマンラブストーリー。2011年 … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top