堤真一「初日に社長が見に行ったら観客が10人だった」 ロケ地の群馬では1位を獲得

2019年6月15日 / 15:40

主演の堤真一

 映画『泣くな赤鬼』の公開御礼舞台あいさつが15日、東京都内で行われ、出演者の堤真一、柳楽優弥、川栄李奈、竜星涼、堀家一希、武藤潤、兼重淳監督が登壇した。

 本作は、重松清氏の同名短編を映画化。厳しくすることでしか教え子に向き合えなかった熱血教師の“赤鬼先生”(堤)と、末期がんのため余命半年と宣告された元生徒“ゴルゴ”(柳楽)との絆を描く。

 大勢の観客に迎えられた堤は「ありがたいですね」と笑顔を見せる一方、「昨日の初日、うちの(事務所の)社長が映画館に見に行ったら10人ぐらいしか客がいなかったって…。『そんなこと言うな』という話ですよね」と明かして笑わせた。

 また、堤が「群馬では?」と、映画のロケ地になった群馬県について問い掛けると、兼重監督が「『メン・イン・ブラック』と『アラジン』を抑えて1位を獲得しました」と報告。堤は「別に群馬だけの話ではないんですけど」と言いながらも、笑顔を浮かべた。

 この日は、映画の内容にちなみ、登壇者が「いま再会したい人」を発表した。堤は「中学時代の野球部の監督。めちゃくちゃ怖くて昔だからよく殴られたりもしたのですが、脚本を読んだときからその先生をイメージしてやっていました」と紹介した。

 だが「この映画も見ていただきたいなと思っていたら、2カ月ぐらい前に亡くなったと…。ずっと連絡も取っていなかったのですが、会いたくてももう会えない。もし生きていたら劇場で見てくれたと思います」としんみりコメントした。

 ゴルゴ役の柳楽は「今回、堤さんと先生と生徒の間柄をしっかりと描く作品に出られて本当に最高でした」と語り、イベント終盤には「今日が最後なんで、ちょっと堤さん、ハグしてください」と、突然おねだり。柳楽と熱いハグを交わした堤は「なんでやねん」と照れた。

(左から)川栄李奈、堤真一、柳楽優弥、竜星涼


芸能ニュースNEWS

岩本照、天才詐欺師役は「アイドルに近いものがある」 お気に入りの“成り済まし”は「医者」

舞台・ミュージカル2022年8月10日

 ミュージカル「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」プレスコール取材会が9日、東京都内で行われ、出演者の岩本照(Snow Man)、横山由依、吉田栄作が登壇した。  本作は、フランク・W・アバグネイル・ジュニアの自伝小説『世界をだました男』 … 続きを読む

玉木宏、子どものため庭のプール環境を整備 見守り用にテントも設置し「完結させました」

映画2022年8月9日

 映画『ジュラシック・ワールド/新たなる支配者』大ヒット御礼舞台あいさつが9日、東京都内で行われ、日本語吹き替えキャストの玉木宏と木村佳乃が登壇した。  スティーブン・スピルバーグ監督が製作総指揮を務めた本作は、約30年にわたり、恐竜と人類 … 続きを読む

「赤いナースコール」5話“恐怖の病院”の謎に考察多数 「“院長”鹿賀丈史に息子がいる?」「“老婆”藤夏子が母親?」

ドラマ2022年8月9日

 Sexy Zoneの佐藤勝利が主演するドラマ「赤いナースコール」(テレビ東京系)の第5話が、8日に放送された。  本作は、主人公の春野翔太朗(佐藤)が入院した病院で、奇妙な現象や連続殺人などの恐怖に見舞われる、“5分に1回の恐怖”をテーマ … 続きを読む

「競争の番人」“六角”加藤清史郎の決意に「カッコいい」 アレス電機編が解決「仲間との絆は大事だと思った」

ドラマ2022年8月9日

 坂口健太郎と杏がW主演するドラマ「競争の番人」(フジテレビ系)の第5話が、8日に放送された。  本作は、“公正取引委員会”を舞台に、天才で理屈っぽくひねくれ者の小勝負勉(坂口)と、実直で感情のままに行動する元刑事の白熊楓(杏)がバディを組 … 続きを読む

竹内涼真、初共演の横浜流星と「仲良くなれた」 「現場で互いのダサい部分をさらけ出す」

映画2022年8月9日

 映画『アキラとあきら』完成披露舞台あいさつが8日、東京都内で行われ、出演者の竹内涼真、横浜流星、高橋海人(King & Prince)、石丸幹二、ユースケ・サンタマリア、江口洋介と三木孝浩監督が登壇した。  池井戸潤氏の同名小説を … 続きを読む

Willfriends

amazon

page top