綾野剛「新宿は楽園」に異論 「なかなか激しい街だと思います」

2019年10月8日 / 19:42

容疑者役の綾野剛

 映画『楽園』×『犯罪小説集』書店イベントが8日、東京都新宿区の書店で行われ、出演者の綾野剛、佐藤浩市、瀬々敬久監督と原作者の吉田修一氏が登壇した。

 吉田氏の『犯罪小説集』を映画化した本作は、ある地方都市で起きた少女失踪事件をきっかけに交錯する人々の姿を描いたサスペンス劇。事件の容疑者として追い詰められていく青年を綾野、集落内で孤立を深め壊れていく男を佐藤が演じた。

 観客の黄色い歓声に迎えられた綾野は、書店と映画のコラボイベントについて「とてもうれしいです」と語ったが、司会者から「東京の楽園といえば、新宿ですよね?」と聞かれると、「へえ、そうですか…」と微妙な表情を浮かべた。

 綾野は「新宿はそれこそ『新宿スワン』(15年)という作品をやってるときに、通行中の危なそうな人に髪の毛をつかまれた覚えしかない。なかなか激しい街だと思いますけど。まあ天国も地獄も表裏一体ですから」とまとめて笑わせた。

 佐藤も、新宿には苦い思い出がある様子。「夜、歌舞伎町で撮影をやるといろいろ大変なんです。ここではお話できないエピソードがいっぱいある。(自分には)そっちのほうが印象深いかな」と苦笑交じりに語った。

 また、映画の見どころを語る中で綾野は「この作品に出てくる人で、心が乏しい人は誰一人いないと思っている。心が貧困している訳ではなく、状況、環境が生み出してしまう魔力がある。多分皆さんの近くにも、実はそういう人がたくさんいて、僕たちは、そういう人たちにもっと気付いていかなければ、もっと抱きしめてあげなきゃいけない人が世の中にはたくさんいるということを、この作品を通して伝えていけたら」と力説した。

 佐藤も「何をもって楽園とするのか、どう思われるのか、人によって受け止め方が違うと思う。僕にとってはアイロニカルな意味合いも込められていると思うし、いろんなことを考えてもらえる映画。お客さまが劇場を出たときに、いい意味での後味の悪さを感じてもらえたら」と語った。

 映画は10月18日から全国ロードショー。

(左から)吉田修一氏、佐藤浩市、綾野剛、瀬々敬久監督


芸能ニュースNEWS

水江建太「積み重ねたものを全力でぶつける」 MANKAI STAGE『A3!』秋組公演開幕

舞台・ミュージカル2020年1月18日

 MANKAI STAGE『A3!』~AUTUMN 2020~初日前日会見が17日、東京都内で行われ、出演者の水江建太、中村太郎、赤澤遼太郎、稲垣成弥、藤田玲、里中将道が登壇した。  本作は、ダウンロード数650万部突破のイケメン役者育成ゲ … 続きを読む

ミルクボーイ内海「東京進出は考えていない」 NSC東京で未来の芸人に特別授業

トレンド2020年1月17日

 「NSC東京 ミルクボーイ特別授業」が17日、東京都内で行われ、M-1グランプリ2019王者のミルクボーイ(駒場孝、内海崇)が登場した。 続きを読む

シシド・カフカ「不運な探偵役は新鮮」 「これまで平々凡々に生きてきたので」

ドラマ2020年1月17日

 ドラマ10「ハムラアキラ~世界で最も不運な探偵~」の試写会が17日、東京都内で行われ、出演者のシシド・カフカ、間宮祥太朗、中村梅雀ほかが出席した。  本作は、若竹七海氏の人気作『女探偵・葉村晶』を初ドラマ化したもの。訳ありの転職、転居を繰 … 続きを読む

稲垣吾郎“貴重な楽譜”のプレゼントに感激 「世界の皆さまに自慢をさせていただきたい」

舞台・ミュージカル2020年1月17日

 「ウォルト・ディズニー・アーカイブス コンサート」ワールドプレミアプレス向けセレモニーが16日、千葉県浦安市の舞浜アンフィシアターで行われ、コンサートのナビゲーターを務める稲垣吾郎が出席した。  コンサートは、貴重な映像や資料を保有する「 … 続きを読む

長谷川博己、過酷な撮影の舞台裏を告白 迫力満点の殺陣で「酸欠状態になった」

ドラマ2020年1月16日

 2020年のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」の初回完成試写会が16日、東京都内の同局で行われ、上映後、主人公・明智光秀を演じる長谷川博己、演出の大原拓氏、制作統括の落合将氏が会見に応じた。  本作は「本能寺の変」を引き起こした武将・明智光秀 … 続きを読む

page top