綾野剛「新宿は楽園」に異論 「なかなか激しい街だと思います」

2019年10月8日 / 19:42

容疑者役の綾野剛

 映画『楽園』×『犯罪小説集』書店イベントが8日、東京都新宿区の書店で行われ、出演者の綾野剛、佐藤浩市、瀬々敬久監督と原作者の吉田修一氏が登壇した。

 吉田氏の『犯罪小説集』を映画化した本作は、ある地方都市で起きた少女失踪事件をきっかけに交錯する人々の姿を描いたサスペンス劇。事件の容疑者として追い詰められていく青年を綾野、集落内で孤立を深め壊れていく男を佐藤が演じた。

 観客の黄色い歓声に迎えられた綾野は、書店と映画のコラボイベントについて「とてもうれしいです」と語ったが、司会者から「東京の楽園といえば、新宿ですよね?」と聞かれると、「へえ、そうですか…」と微妙な表情を浮かべた。

 綾野は「新宿はそれこそ『新宿スワン』(15年)という作品をやってるときに、通行中の危なそうな人に髪の毛をつかまれた覚えしかない。なかなか激しい街だと思いますけど。まあ天国も地獄も表裏一体ですから」とまとめて笑わせた。

 佐藤も、新宿には苦い思い出がある様子。「夜、歌舞伎町で撮影をやるといろいろ大変なんです。ここではお話できないエピソードがいっぱいある。(自分には)そっちのほうが印象深いかな」と苦笑交じりに語った。

 また、映画の見どころを語る中で綾野は「この作品に出てくる人で、心が乏しい人は誰一人いないと思っている。心が貧困している訳ではなく、状況、環境が生み出してしまう魔力がある。多分皆さんの近くにも、実はそういう人がたくさんいて、僕たちは、そういう人たちにもっと気付いていかなければ、もっと抱きしめてあげなきゃいけない人が世の中にはたくさんいるということを、この作品を通して伝えていけたら」と力説した。

 佐藤も「何をもって楽園とするのか、どう思われるのか、人によって受け止め方が違うと思う。僕にとってはアイロニカルな意味合いも込められていると思うし、いろんなことを考えてもらえる映画。お客さまが劇場を出たときに、いい意味での後味の悪さを感じてもらえたら」と語った。

 映画は10月18日から全国ロードショー。

(左から)吉田修一氏、佐藤浩市、綾野剛、瀬々敬久監督


芸能ニュースNEWS

「恋はDeepに」綾野剛が石原さとみに“不意打ちキス” 「キス後に爆裂にテンパるところが推せる」

ドラマ2021年5月6日

 石原さとみと綾野剛がW主演するドラマ「恋はDeepに」(日本テレビ系)の第4話が、5日に放送された。  本作は、海を愛する海洋学者の渚海音(石原)と、ツンデレ御曹司・蓮田倫太郎(綾野)の“禁断の恋”を描くラブコメディー。  海音の話を聞き … 続きを読む

「着飾る恋」横浜流星の“手つなぎ告白”に反響 「ナチュラルな告白がどストライク」

ドラマ2021年5月5日

 川口春奈が主演するドラマ「着飾る恋には理由があって」(TBS系)の第3話が、4日に放送された。  本作は、着飾ることで自分の居場所を得ているヒロイン・真柴くるみ(川口)が、価値観の違う人々と一つ屋根の下で暮らし、恋や友情を深める中で自分ら … 続きを読む

「大豆田とわ子と三人の元夫」“かごめ”市川実日子に共感の声 “とわ子”松たか子との「関係性がすてき」

ドラマ2021年5月5日

 松たか子が主演するドラマ「大豆田とわ子と三人の元夫」(カンテレ・フジテレビ系)の第4話が、4日に放送された。  とわ子(松)の30年来の親友・かごめ(市川実日子)が、とわ子と同じマンションに住むオーケストラ指揮者の五条(浜田信也)から食事 … 続きを読む

「イチケイのカラス」バレリーナ役の生田絵梨花に賞賛の声 “石倉”新田真剣佑の「職務を全うする姿が格好いい」

ドラマ2021年5月4日

 竹野内豊が主演するドラマ「イチケイのカラス」(フジテレビ系)の第5話が、3日に放送された。  入間(竹野内)の下に、あるバレエ団で起きた傷害事件の起訴状が届く。被告人はバレエ団の代表で振付師の槇原楓(黒沢あすか)。被害者はバレエ団の元トレ … 続きを読む

「ドラゴン桜」“桜木”阿部寛の「新しい勉強法が楽しみ」 “楓”平手友梨奈の試合シーンが「イケメン過ぎる」

ドラマ2021年5月3日

 阿部寛が主演するドラマ「ドラゴン桜」(TBS系)の第2話が、2日に放送された。  本作は、低偏差値の私立龍山高校にやって来た伝説の弁護士・桜木建二(阿部)が、生徒たちを東大に合格させるべく奮闘する姿を描いたドラマ「ドラゴン桜」の続編。   … 続きを読む

amazon

page top