松坂桃李「本当にうれしく思う」 『居眠り磐音』公開に安堵

2019年5月18日 / 15:13

主演の松坂桃李

 映画『居眠り磐音』の初日舞台あいさつが17日、東京都内で行われ、出演者の松坂桃李、木村文乃、芳根京子、柄本佑、本木克英監督ほかが登壇した。

 本作は、佐伯泰英氏の人気シリーズ小説が原作で、松坂にとっては時代劇初主演映画となる。麻薬取締法違反の容疑で逮捕、起訴されたピエール瀧被告が出演していたため、奥田瑛二を代役に立て、該当シーンを撮り直して当初の予定通りに公開された。

 松坂は「無事に初日を迎え、皆さんとこの場に立てることを本当にうれしく思う」と感無量の面持ちで話した。本木監督も「いろいろ大変な事態に遭遇したが、約束通り公開できました。必ず楽しんでいただける」と自信のほどをアピールした。

 さらに、本木監督は「時代劇は、映画を引っ張っていけるかどうかの主役がとても大事だが、100年以上の歴史がある技術を継承している京都のスタッフが『一人発見した』と言っていた。それが松坂桃李くんだった」と称賛し、「いろいろな役をやっていて忙しいだろうが、できれば、定期的に時代劇をやってもらいたい」と期待を寄せた。

 松坂は照れながらも「京都の人から喜びの声を聞くと、ますますうれしい。もっともっと(時代劇を)盛り上げていきたい」と意欲的に語った。

 松坂が演じる人情に厚い剣の達人・坂崎磐音の活躍を描く作品にちなみ、登壇者それぞれのヒーローも発表。松坂は「父ですかね」とし、「ものすごくおっとりしていて声も小さいけれど、僕たちが悪さやけんかをするとものすごい勢いで怒るので、それで背筋がピンとなる。しゃべっていて、なんか磐音みたいです」と明かし、納得した表情を浮かべた。

 最後は、全員で鏡抜きを行い公開を祝った。松坂は「令和初の時代劇で、初めての方も楽しめるエンターテインメント。あとは受け取ってもらうだけです」と言葉に力を込めた。

(左から)杉野遥亮、柄本佑、芳根京子、松坂桃李、木村文乃、谷原章介、石丸謙二郎、本木克英監督


芸能ニュースNEWS

篠原涼子、子どもの反抗期を告白 「『ちょっと触らないで』って言われて寂しい」

映画2019年6月15日

 映画『今日も嫌がらせ弁当』親子試写会イベントが15日、東京都内で行われ、主演した篠原涼子が登場した。  本作は、Amebaブログ「デイリー総合ランキング」1位を獲得した人気ブログから生まれたエッセーを映画化したもの。  八丈島に暮らすシン … 続きを読む

前田敦子、ウズベキスタンの危険な遊具体験に涙 加瀬亮「最初は大げさかなって思っていた」

映画2019年6月15日

 映画『旅のおわり世界のはじまり』公開記念舞台あいさつが15日、東京都内で行われ、出演者の前田敦子、加瀬亮、染谷将太、柄本時生、アディズ・ラジャボフ、黒沢清監督が登場した。  本作は、テレビリポーターの主人公(前田)が番組のクルー(加瀬、染 … 続きを読む

堤真一「初日に社長が見に行ったら観客が10人だった」 ロケ地の群馬では1位を獲得

映画2019年6月15日

 映画『泣くな赤鬼』の公開御礼舞台あいさつが15日、東京都内で行われ、出演者の堤真一、柳楽優弥、川栄李奈、竜星涼、堀家一希、武藤潤、兼重淳監督が登壇した。  本作は、重松清氏の同名短編を映画化。厳しくすることでしか教え子に向き合えなかった熱 … 続きを読む

志尊淳、夏帆との衝撃シーンを振り返る 「初めまして」の10分後に“ぬれ場”

映画2019年6月15日

 映画『潤一』の公開記念舞台あいさつが14日、東京都内で行われ、出演者の志尊淳、藤井美菜、夏帆、蒔田彩珠、伊藤万理華、原田美枝子、北原栄治監督、広瀬奈々子監督が登壇した。  本作は、謎めいた青年・潤一(志尊)とさまざまな背景を持った6人の女 … 続きを読む

舞台『刀剣乱舞』最新作開幕! 荒牧慶彦「新たな戦いを続けていく」

舞台・ミュージカル2019年6月15日

 舞台『刀剣乱舞』慈伝 日日の葉よ散るらむの囲み取材が14日、東京都内で行われ、出演者の荒牧慶彦、和田雅成、健人、前山剛久ほかが登壇した。  本作は、名だたる刀剣が戦士となった「刀剣男士」を集めて育てる刀剣育成士シミュレーションゲーム「刀剣 … 続きを読む

page top