北村匠海、永野芽郁の芝居に圧倒される 「熱い演技、周りが号泣」

2019年2月20日 / 12:27

北村匠海(左)と永野芽郁

 映画『君は月夜に光り輝く』完成披露舞台あいさつが19日、東京都内で行われ、出演者の永野芽郁、北村匠海、甲斐翔真、松本穂香、今田美桜、優香、生田智子、長谷川京子、及川光博と月川翔監督が登壇した。

 本作は、死期が近づくと体が発光する“発光病”という不治の病を患った女性・まみず(永野)と、彼女の“かなえられない願い”を代わりに実行し、その感想を伝える「代行体験」を行うことになった卓也(北村)の物語。

 薄命のヒロインを演じた永野は、「“余命ゼロだから悲しい”というヒロインにはしたくなかった。一生懸命自分の心情と闘っている女の子として存在したい、と思いながら演じました」と振り返った。

 永野との共演について、「とにかくすごかった」と振り返った北村。「まみずの吐き出す感情を丁寧に受け取る“受け皿”になろうと思っていたが、僕がその作業をしなくても芽郁ちゃんが(感情を)きれいに投げてくれた」などと、永野の演技に圧倒されたことを明かした。

 また北村は、永野の演技について、「屋上のシーンで、立ち位置を確認する段取りからすごく熱い演技をしていて、僕もつられて泣けるシーンになった。終わったときに周りを見たらスタッフさんが号泣していて、監督は常に泣いていた。こんなことないなって思いました…」と振り返った。

 月川監督が「冷静に見ようと思っていたけど、嗚咽して何も言えなくなっちゃって…」と苦笑すると、永野は「すごい勢いで監督が走ってくるので『どこが駄目だったかな?』と一瞬考えるのですが、真顔で目を見て『何も言えねえ』と言って、いなくなるので…」と笑っていた。

 映画は3月15日から公開。

映画『君は月夜に光り輝く』の完成披露舞台あいさつ


芸能ニュースNEWS

戸塚祥太「最初は絶望ぐらいからスタート」 ビートルズ創成期のメンバー役で一からベースを練習

舞台・ミュージカル2019年5月25日

 舞台「BACKBEAT」のフォトコールおよび囲み取材会が25日、東京都内で行われ、出演者の戸塚祥太(A.B.C-Z)、加藤和樹、辰巳雄大(ふぉ~ゆ~)、JUON(FUZZY CONTROL)、上口耕平、演出の石丸さち子氏ほかが出席した。 … 続きを読む

西島秀俊「熱気を感じてわくわくしている」 斎藤工「見守る側になりたい」

トレンド2019年5月25日

 ジョルジオ・アルマーニ史上初となるクルーズコレクションを発表するファッションショーが24日、東京都内で開催され、約12年ぶりに来日したデザイナーのジョルジオ・アルマーニ氏のほか、海外ゲストとしてハリウッド女優のユマ・サーマン、日本からは西島秀俊、斎藤工、上白石萌歌、剛力彩芽、鈴木保奈美、建築家の安藤忠雄氏ほかがコレクション発表に駆けつけた。 続きを読む

西島秀俊「平和の大切さを感じてほしい」 佐々木蔵之介「『空母いぶき』への参加は怖かった」

映画2019年5月24日

 映画『空母いぶき』初日舞台あいさつが24日、東京都内で行われ、出演者の西島秀俊、佐々木蔵之介、本田翼、市原隼人、深川麻衣、藤竜也、若松節朗監督が登場した。  本作は、国籍不明の軍事勢力から攻撃を受け、戦後最大の危機に陥った日本を舞台に、命 … 続きを読む

京本政樹“大先輩”里見浩太朗と舞台初共演 「先生、私も還暦になりました」

舞台・ミュージカル2019年5月24日

 舞台「赤と黒 サムライ・魂」の囲み取材会が24日、東京都内で行われ、出演者の里見浩太朗、越岡裕貴(ふぉ~ゆ~)、福士申樹(MADE/ジャニーズJr.)、小川菜摘、堤下敦(インパルス)、京本政樹が登場した。  本作は、往年の名俳優と次世代の … 続きを読む

松本白鸚、父の顔見せ「小さな喜び」 3人の子に自らの仕事を承継

トレンド2019年5月24日

 「松竹大歌舞伎」東コース制作発表が24日、東京都内で行われ、松本白鸚、松本幸四郎が出席した。 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top