阿部サダヲ、応援団風あいさつに苦笑 吉岡里帆は金足農スタイルでノリノリ

2018年8月23日 / 14:47

応援団風にあいさつする阿部サダヲ

 映画『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』の完成披露試写会が22日、東京都内で行われ、阿部サダヲ、吉岡里帆、千葉雄大、ふせえり、松尾スズキ、三木聡監督が舞台あいさつに登壇した。

 “声帯ドーピング”による圧倒的な声量でカリスマと称されるボーカリストと、声が小さいことに悩むストリートミュージシャンが繰り広げるロック・コメディー。音量にちなみ、明治大学応援団による「音タコ特別応援エール」が行われ、会場を盛り上げた。

出演者も応援団風のあいさつをする演出で、阿部は目いっぱい声を張り上げつつ、「なんっすか、これ?」と苦笑い。一方、ヒロインの吉岡は肩をいからせて登場し、思い切り上体を反らせる金足農業高校の校歌斉唱のような自己紹介をするノリの良さで、大きな拍手を浴びた。

 阿部は、初めて組んだ三木監督について「監督の世界観に溶け込めるか分からず、すごく緊張した」という。「クランクイン初日には、大量の雨を口を開けて受け止めるというシーンがあり、まさか降って来る雨で溺れるとは思わなかった。初日に溺れて死にかけて、自分の命は自分で守らなければいけないことに気づけたのが良かった」と冗談交じりに振り返った。そして、「恐らく、平成最後のロック・コメディーだと思います。なかなか見られないので、ぜひ皆に広めてください」とアピールした。

 吉岡も、「カメラマンのおじさん(撮影監督)が、口の中に小さなカメラを入れてくるのを口を開けて待つような、特殊な撮影が多かった」と独特の撮影スタイルに戸惑った様子。その上で、「皆と一緒に過ごせたからこそ、今の強さがあると思っています」と共演者への感謝の気持ちを語った。

 映画は、10月12日から全国ロードショー。

左から三木聡監督、千葉雄大、阿部サダヲ、吉岡里帆、ふせえり、松尾スズキ


芸能ニュースNEWS

「恋ぷに」スペシャル 石原さとみと綾野剛が“感動の再会” 「幸福感に包まれた楽しいドラマだった」

ドラマ2021年6月17日

 石原さとみと綾野剛がW主演するドラマ「恋はもっとDeepに -運命の再会スペシャル-」(日本テレビ系)が、16日に放送された。  本作は、海洋学者として地上で暮らす“人魚”の海音(石原)と、ツンデレ御曹司の倫太郎(綾野)の恋模様を描く「恋 … 続きを読む

北川景子「リコカツ」最終回は「きれいごとではない終わり方」 「ラストシーンまで誰がどうなるか分からない」

ドラマ2021年6月17日

 金曜ドラマ「リコカツ」(TBS系)の取材会が8日、オンラインで行われ、主演の北川景子が取材に応じた。  本作は、運命的な出会いをし、“交際ゼロ日婚”をした出版社勤務の咲(北川)と自衛官一家の長男・紘一(永山瑛太)の離婚から始まるラブストー … 続きを読む

千葉雄大「ウサギに懐かれる体質で…」 「魔性カリスマタイプ」と診断される

映画2021年6月16日

 映画『ピーターラビット2/バーナバスの誘惑』ぎっしりうさぎ“特盛”まみれイベントが16日、東京都内で行われ、日本語吹き替え版の声優を務めた千葉雄大、哀川翔、カジサックが登場した。  本作は、ビアトリクス・ポターの名作絵本を実写映画化した『 … 続きを読む

「着飾る恋」“駿”横浜流星VS“シャチ”向井理 「今週は完全に向井理に持っていかれた」

ドラマ2021年6月16日

 川口春奈が主演するドラマ「着飾る恋には理由があって」(TBS系)の第9話が、15日に放送された。  くるみ(川口)と駿(横浜流星)は、2人でレストランデートに出掛けるはずだったが、駿が仕事で時間に間に合わず、くるみは“シャチ”こと祥吾(向 … 続きを読む

「大豆田とわ子と三人の元夫」最終話に絶賛の声 「脚本の坂元裕二の真骨頂を見た気がした」

ドラマ2021年6月16日

 松たか子が主演するドラマ「大豆田とわ子と三人の元夫」(カンテレ・フジテレビ系)の最終話が、16日に放送された。  とわ子(松)は考え抜いた末、小鳥遊(オダギリジョー)との4度目の結婚には踏み切らず、一人で生きていく道を選んだ。  とわ子の … 続きを読む

amazon

page top