「西郷どん」革命編ついにクライマックス!  鈴木亮平、“弟”たちの熱演を称える

2018年10月11日 / 11:23

鈴木亮平

 NHKの大河ドラマ「西郷どん」第38回「傷だらけの維新」のマスコミ向け試写会が10日、同局内で行われ、主演の鈴木亮平が会見に出席した。

 明治維新の英雄・西郷吉之助(隆盛)の生涯を描く同作。第38回では、新政府軍と旧幕府勢力が戊辰戦争で激突する中、新たに兵を募るため、吉之助が薩摩に帰郷。西郷家内部の人間模様が描かれる。

 この回の見どころについて鈴木は「今回は西郷吉之助という男が何を成し遂げたかではなく、その周りにいた人たちがどういう関係を築き、どういう人生を送ったかという話。家族の話がものすごく濃くなっている」と語った。

 中でも、そのキャラクターにスポットが当たるのが、これまで嫡男・吉之助に代わって西郷家を守ってきた次男・吉二郎(渡部豪太)。新しい国を作るために奮闘する吉之助を深く慕い、支える一方で、自らも武士らしく活躍したいと願う吉二郎は、ついに戊辰戦争に出陣する。この出陣を巡って、三男・信吾(錦戸亮)との間で繰り広げられる緊張感あふれるやり取りも見ものだ。

 鈴木も2人の姿に感じるものがあったようで、「渡部くんは家族のまとめ役で、縁の下の力持ちとして支えてくれました。錦戸くんのものすごく濃いお芝居にも心を動かされました。1年間、本当の家族のようにやって来た大河ならでは」と、弟たちの熱演を称えた。

 2人が剣の代わりに木の枝を手に対峙するシーンでは、百戦錬磨の信吾に全く歯が立たない吉二郎だが、鈴木によれば、渡部本人の実力は劇中とはだいぶ異なるらしい。「渡部くんは、クランクインからずっと、空き時間に示現流を練習していました。恐らく我々キャストの中で一番、剣術がうまくなっているのは渡部豪太」とフォローし、兄として弟に対する気遣いを見せた。

 さらに、日本各地が戦場となった戊辰戦争は、吉之助自身にも大きな影響を与える。この点に関しては「ドラマでは一部の戦いしか描かれませんが、それ以外も全部背負って行くことが吉之助の人生につながる。(薩摩と敵対する会津側の視点で幕末を描いた)『八重の桜』(13)に出演していた玉山(鉄二:桂小五郎役)さんからも『会津の思いは全部背負って行ってくれ』と言われました。そういうことを意識して、せりふも追加させてもらいました」と意気込みを語った。

 そして、革命編のクライマックスとなる第38回については、次のように総括した。「第38回で革命編が終わり、第39回から明治編が始まります。大きな悲劇もあり、吉之助は自分が始めた戦でたくさんの死者を出してしまった重い責任を背負っていくことになる。とても大事な回なので、ぜひご覧ください」。

 「西郷どん」第38回「傷だらけの維新」は、10月14日放送。


芸能ニュースNEWS

武田真治“筋肉番組”で紅白出場に期待!? 「生きる道が見つかりました」

トレンド2018年10月15日

 「Galaxy Note9発売記念イベント」が15日、東京都内で行われ、俳優の武田真治、お笑いコンビ・品川庄司の品川祐と庄司智春、モデルの池田美優(みちょぱ)が登場した。 続きを読む

中島裕翔「僕の中で歴史に残る賞」 高橋一生、菜々緒らと共にベストジーニストを受賞

授賞式2018年10月15日

 “最もジーンズが似合う有名人”を表彰する「第35回ベストジーニスト2018」が15日、東京都内で行われ、受賞者の中島裕翔(Hey!Say!JUMP)、菜々緒、高橋一生、荻野目洋子、長谷川潤ほかが出席した。  「一般選出部門」で選ばれ、2年 … 続きを読む

阿部サダヲ、友人の母親の言葉に感謝? 「30歳ぐらいになったら売れるよ」

映画2018年10月13日

 映画『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』の公開記念舞台あいさつが13日、東京都内で行われ、出演者の阿部サダヲ、吉岡里帆、千葉雄大、ふせえり、田中哲司と三木聡監督が登壇した。  本作は、声が小さいことに悩むストリー … 続きを読む

黒木華、樹木希林さんに「初日迎えましたよ」 初共演映画『日日是好日』が公開に

映画2018年10月13日

 映画『日日是好日』の初日舞台あいさつが13日、東京都内で行われ、出演者の黒木華、多部未華子、鶴田真由、原作者の森下典子氏、大森立嗣監督が出席した。  本作は、茶道教室に通う20年以上の日々をつづった森下氏の人気エッセーを映画化。「タダモノ … 続きを読む

草なぎ剛「伝わるものが必ずある」 『ムタフカズ』日米英同時公開に歓喜

映画2018年10月13日

 アニメーション映画『ムタフカズ』の初日舞台あいさつが12日、東京都内で行われ、日本語版ボイスキャストを務めた草なぎ剛、柄本時生、満島真之介と西見祥示郎監督ほかが登壇した。  本作は、『鉄コン筋クリート』(2006年)などの製作で知られる「 … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top