安藤サクラ、まだ撮影中なのに“まんぷくロス” 長谷川博己、ヒロインの相手役に苦手意識…

2018年9月5日 / 13:17

安藤サクラ(左)、長谷川博己

 連続テレビ小説「まんぷく」(NHK/10月1日放送開始)の完成試写会が4日、東京都内で行われ、安藤サクラ、長谷川博己が出席した。

 インスタントラーメンを生み出した夫婦の知られざる姿を描いた本作で、ヒロインの福子と実業家の夫・萬平を演じる安藤と長谷川。互いにファンで、安藤が「お腹がちぎれるくらい面白い方。自分の想像とは全然違うところからピョンと萬平さんの反応が飛んでくるので、いつもとても楽しい」と共演を喜ぶと、長谷川も「柔軟で寛容でかわいらしくて、表情の変わりっぷりがすごいので、引っ張られすぎないように、いい芝居を作っていけたらと思いながらやっています」と語った。

 朝ドラ特有の長い人生を演じることについて、安藤は「10代を演じることに関しては悪あがきせず、『しょうがないじゃん。笑ってください。32歳です…』という気持ち」と素直に吐露。また、「朝ドラをやる前は『ヒロインは地獄のように大変』という印象だったけど、実際は、こんなハッピーな時間はあるかというくらい幸せ。楽しい熱量が電波を通して皆さんの日常に届くんじゃないかな」と明るい表情で語った。

 一方の長谷川は、「僕がお芝居の世界に入った20年くらい前は『ヒロインの相手役でデビューしたらいいことねーぞ』と言われていて、僕もそう思っていました」と大勢の局員を前に衝撃告白。とはいえ、今は「朝ドラは勢いがある番組で、いろいろな方も出て、題材も面白い。40歳を超えてからヒロインの相手役をやれることはなかなかないし、サクラさんが主役で新しい何かが生まれるという期待もあって飛び込みました」と笑顔で語った。

 そんな二人が中心となって作り上げている本作。第1週を見た安藤は「めっちゃ面白い。はまりました」とにんまりするが、「始まったということは終わるんだなと思って、すでに寂しくなっています。それが最近つらい…」としんみりとコメント。長谷川も「面白い」と断言しつつ、「『自信がある』みたいに書かないで」と注意を促して報道陣を笑わせていた。

 


芸能ニュースNEWS

上白石萌歌、伝説のスイマー役で「7キロ増量」 大河ドラマ「いだてん」新キャスト発表

ドラマ2019年4月24日

 NHKの大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」の新たな出演者発表&スタジオ取材会が24日、東京都内で行われた。新キャストとして、斎藤工、林遣都、三浦貴大、大東駿介、皆川猿時、上白石萌歌、トータス松本が、第2部の主人公・田畑 … 続きを読む

ももクロ高城「8年後は子どもができているかも…」 「ジョイポリス」と8年ぶりのコラボに感激

トレンド2019年4月24日

 「ももいろ遊宴地 ももクロ IN JOYPOLIS」記者発表会が24日、東京都内で行われ、ももいろクローバーZの百田夏菜子、玉井詩織、佐々木彩夏、高城れにが登場した。 続きを読む

稲森いずみ「新川優愛ちゃんに萌えました」 BS時代劇ドラマ「大富豪同心」で共演

ドラマ2019年4月24日

 NHK BS時代劇ドラマ「大富豪同心」の試写会が23日、東京都内で行われ、出演者の中村隼人、新川優愛、稲森いずみが登場した。  本作は、江戸の同心(警察の巡査)として就職した八巻卯之吉が、江戸で起こる数々の事件を“はんなり”と他力本願で解 … 続きを読む

香取慎吾、かつてない“ろくでなし”の役 「すごく好きなことをやっとできた」

映画2019年4月23日

 映画『凪待ち』の完成報告会見が23日、東京都内で行われ、出演者の香取慎吾、恒松祐里、吉澤健、リリー・フランキー、白石和彌監督、赤城聡プロデューサーが出席した。  「喪失と再生」をテーマにした本作は、ギャンブルを縦糸に、震災を横糸に編まれた … 続きを読む

竜星涼「都立水商!」で念願の教師役も 「なかなか普通の学校には就職させてもらえない」

ドラマ2019年4月23日

 MBS/TBSドラマイズム枠で5月初旬にスタートする「都立水商!~令和~」の制作発表会が22日、東京都内で行われ、出演者の竜星涼、松井玲奈、恒松祐里、瀬戸利樹、伊藤萌々香、飯窪春菜、小野寺晃良ほかが登壇した。  本作は、水商売を教える都立 … 続きを読む

page top