長谷川博己、2020年大河に主演 明智光秀役「しっかりやり遂げたい」

2018年4月19日 / 23:02

2020年大河ドラマで明智光秀役を演じる長谷川博己

 NHKは19日、都内の同局で会見を行い、2020年放送の大河ドラマが戦国武将・明智光秀を主人公とした「麒麟がくる」に決定したと発表。主演は俳優の長谷川博己、脚本を池端俊策氏が務める。

 長谷川は、「オファーされた時も最初は実感が湧かなかったのですが、今こうして皆さんにカメラのフラッシュをたかれ、これはすごいことなんだ…と実感しております」としみじみ。「大河の主演らしく、と言うと変ですが、しっかりやり遂げたいと思っています」と笑顔で意気込みを語った。

 「麒麟がくる」は、戦国初期の群雄割拠の戦乱の中、各地の英傑たちが天下を狙って命と愛を懸けて戦う、戦国のビギニングにして「一大叙事詩」。脚本は、大河ドラマ第29作「太平記」を手掛けた池端氏のオリジナルで、大河ドラマとしては初めて智将・明智光秀を主役とし、謎めいた前半生に光が当てられる。

 長谷川は、今年10月スタートの連続テレビ小説「まんぷく」でヒロインの夫・萬平役を演じることも決定している。大河の主演オファーを受けたのは「まんぷく」の決定後だったそうで、「来年に朝ドラの撮影が終わって、すぐに大河の撮影。連投になるので、『これは難しいかな』と一瞬立ち止まったのですが、何しろ『夏目漱石の妻』(2016年NHK放送ドラマ)の時に、池端先生とご一緒してすごく楽しかったし、役者としてすごく良い経験ができました。また先生の作品に出たいとずっと思っていたので、こんなに早くかなうとは…」と喜びを語った。

 光秀の印象については「謎めいたミステリアスな人物。明智光秀は“三日天下”ですが、僕はこれをやり遂げた後に一年ぐらいは天下が欲しいなと思っております」と笑わせた。光秀との共通点について問われると、「ネタバレになってしまうかもしれないので控えたい。まずは朝ドラをやらなければいけないので、そっちで頭がいっぱい。申し訳ありません」と苦笑した。

 ドラマは2019年6月にクランクイン予定。


芸能ニュースNEWS

田中麗奈「おけで水を浴びるシーンが楽しかった」 ともさかりえ、佐藤江梨子と共に“江戸の三人娘”に

ドラマ2018年10月22日

 NHK土曜時代ドラマ「ぬけまいる ~女三人伊勢参り~」の試写会見が22日、東京都内で行われ、出演者の田中麗奈、ともさかりえ、佐藤江梨子ほかが登場した。  本作は、仕事も家庭も捨てて伊勢参りへ繰り出した三十路過ぎの江戸の“三人娘”が、毎回旅 … 続きを読む

田中圭の「あ~ん」にガンバレルーヤが大興奮 よしこ「結婚式みたいですね」

トレンド2018年10月22日

 「アフラックの健康応援カフェ」オープニングイベントが22日、東京都内で行われ、俳優の田中圭とお笑いコンビ・ガンバレルーヤのまひるとよしこが登場した。 続きを読む

菅田将暉「僕はテディベアみたいだったでしょ」 趣里、エキセントリックな役に共感 

映画2018年10月22日

 映画『生きてるだけで、愛。』の完成披露上映会が20日、東京都内で行われ、出演者の趣里、菅田将暉、仲里依紗、西田尚美、石橋静河、織田梨沙と関根光才監督が登壇した。  本作は、本谷有希子氏の同名小説を映画化。過眠症のせいで引きこもり状態の寧子 … 続きを読む

吉田羊“戦友”松永大司監督に感謝 「女優としての原点に立ち返らされた」

映画2018年10月20日

 映画『ハナレイ・ベイ』の公開記念舞台あいさつが20日、東京都内で行われ、出演者の吉田羊、佐野玲於、村上虹郎と松永大司監督が登壇した。  本作は、村上春樹氏の短編小説集『東京奇譚集』に収録された同名小説を映画化。ハワイにたたずむ美しき湾・ハ … 続きを読む

宮野真守「歴史的瞬間に立ち会えた」 『はいからさんが通る』結末までを初アニメ化

映画2018年10月20日

 『劇場版 はいからさんが通る 後編~花の東京大ロマン~』の舞台あいさつが20日、東京都内で行われ、声優の早見沙織、宮野真守、櫻井孝宏、坂本真綾が出席した。  本作は、大和和紀氏の人気漫画『はいからさんが通る』を映画化した劇場版アニメ2部作 … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top