阿部寛「ちょっとエッチな映画です」 山村紅葉とのぬれ場は「芝居を忘れました」

2018年5月18日 / 15:20

主演の阿部寛

 映画『蚤(のみ)とり侍』の初日舞台あいさつが18日、東京都内で行われ、出演者の阿部寛、寺島しのぶ、豊川悦司、斎藤工、松重豊と鶴橋康夫監督が登壇した。

 本作は、主人公の侍・小林寛之進(阿部)が、床で女性に愛を届ける裏稼業“ノミ取り”を命じられ、悪戦苦闘する姿を描く時代劇。

 主演の阿部は、R-15指定の本作を「色気のある作品ですが、高校生から見られますから」とアピール。共演者や監督への感謝を口にしながら、「とにかく劇場で大笑いしてもらえるちょっとエッチな映画です。皆さん、よろしくお願いします」と笑顔で呼び掛けた。

 そんな阿部を「役者の大先輩」と仰ぎ、「ご一緒できて幸せだった」と語った斎藤は、特に驚いたこととして「阿部さんは、役柄の心境によってサイズ感が小柄に見えるときがあった。心情によって自在に身長をコントロールできるんじゃないかと思うぐらい」とエピソードを披露した。

 これに対して阿部は「斎藤くんは監督をなさったり、いろんな才能を持った方ですが、いざこの現場に入ると役者に徹していた。その潔さが素晴らしかった」とたたえた。

 また多くの“ぬれ場”が登場する本作。阿部が「一番緊張したシーンは、山村紅葉さんのところです。あそこは、本当に見ていただければ分かる通り、芝居を忘れていました」と明かすと、鑑賞後の観客から一斉に笑いが起こった。

 完成作はまだ未鑑賞という寺島も「それこそ私が京都の撮影所に入る2日前が紅葉さんの撮影だった。スタッフさんが『本当にすごかった!すごかった!』とずっと山村さんを話題にしていたので、そこだけ見に行きたい」と語り、ほほ笑んだ。

 豊川も見どころとして同シーンを挙げると「あそこに阿部寛の役者魂を見た気がした。何でもできちゃうんだなって。撮影所全体が騒然としていて、僕も“火事があったのかな”って思ったぐらい。スタッフがあれだけ喜ぶシーンはなかなかない」と言葉に力を込めた。

 最後は「シャンパンタワー」で初日を祝った。乾杯してシャンパンを口にした阿部は「もう紅葉さんの味しかしません」と笑わせた。

(前列左から)鶴橋康夫監督、斎藤工、松重豊、(後列左から)豊川悦司、阿部寛、寺島しのぶ


芸能ニュースNEWS

紅蘭「女の子を出産して、めちゃくちゃ幸せ」 “じいじ”草刈正雄は「変わったあやし方をしています」

トレンド2019年3月25日

 「正しい美容医療クリニック選び啓蒙イベント」が25日、東京都内で行われ、タレントの紅蘭とお笑いコンビ・安田大サーカスのクロちゃんが登場した。 続きを読む

中村獅童「女殺油地獄」を“倉庫”で上演 「古典を守りつつ革新を追求していく」

舞台・ミュージカル2019年3月24日

 オフシアター歌舞伎「女殺油地獄」の取材会が22日、東京都内で行われ、出演者の中村獅童、演出・脚本を担当する赤堀雅秋氏が出席した。  原作は300年前の実話を基にした人形浄瑠璃の名作。油屋の放蕩(ほうとう)息子・与兵衛は、借金の返済に困って … 続きを読む

中村勘九郎“代役”の三宅弘城にコメント 「以前からファン。楽しみでしょうがない」

ドラマ2019年3月23日

 大河ドラマ「いだてん」トークツアーin 東京都文京区が23日、東京都内で行われ、主人公の金栗四三役の中村勘九郎と三島弥彦役の生田斗真が出席。イベント後に報道陣の取材に応じた。  NHKは19日、ピエール瀧容疑者が麻薬取締法違反容疑で逮捕さ … 続きを読む

「いだてん」制作統括、ピエール瀧についてコメント 「とにかくショックだし、つらいし、残念」

ドラマ2019年3月23日

 俳優でミュージシャンのピエール瀧容疑者が麻薬取締法違反容疑で逮捕されたことを受け、NHK大河ドラマ「いだてん」の制作統括・訓覇圭氏が23日、東京都内で取材に応じた。  今回の件に関する見解を聞かれた訓覇氏は「とにかくショックだし、つらいし … 続きを読む

田中圭、興味があるのは「執筆活動」 「ゼロから物事を生み出すってすごい」

映画2019年3月23日

 映画『美人が婚活してみたら』の初日舞台あいさつが23日、東京都内で行われ、出演者の黒川芽以、臼田あさ美、中村倫也、田中圭、脚本のじろう(シソンヌ)と大九明子監督が登壇した。  本作は、不毛な恋愛を続け、気が付けば32歳になっていた主人公タ … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top