斎藤工、アルバイトで経験した“悲劇”を語る 今年の抱負は「領収書の月ごとのファイル分け」

2018年1月20日 / 15:08

松坂桃李(左)と斎藤工

 映画『パディントン2』の公開記念舞台あいさつが20日、東京都内で行われ、吹き替え版のボイスキャストを務めた松坂桃李、古田新太、斎藤工、三戸なつめが登壇した。 

 本作は、ペルーから英ロンドンにやって来た“紳士過ぎる”クマのパディントンとブラウン一家の交流を描き、全世界で大ヒットを記録した映画の続編。

 劇中のシーンにちなみ、「アルバイトのお給料で初めて買ったもの」を尋ねられた登壇者たち。松坂は「高校1年の時に“高校デビュー”をしようと思って、ピチピチのスキニーデニムを買ったんです。でも、あまりにもピチピチ過ぎて、自転車がこげなかったんです」と失敗談を披露し、苦笑いを浮かべた。

 一方、斎藤は「高校1年生の頃、(原宿の)竹下通りに入ってすぐ左側にある、たまに“スマイル”とかを要求される某ファストフード店でバイトをしていた。フライを担当していたのですが、ちょっと欠けていたりすると当然破棄になる。でも捨てなきゃいけないアップルパイがもったいなくて、後で食べようと思ってポケットにしのばせた」と告白した。

 ところが「しゃがんだ瞬間に、中のアップルパイがはじけてやけどをして…。なので初めての給料で、そこに塗る馬油を買いました。地獄でした。しゃがんだ瞬間に、全てを悟るというか」と悲しげに振り返った。

 その後、今年の抱負を披露することになり、松坂は「うちの事務所の人たちが増えるような活躍をしていけたらと思う。スタッフさんとかがまだちょっと足りないんです」と裏事情を告白。これには古田が「ものすごく実務的」と驚いた。

 続いて斎藤は「すごく現実的なことなのですが…。この段階で、確定申告の領収書のすみ分けをきっちりしてないと、いつもギリギリになる。印字が薄くなっちゃっているレシートを見て、どうしたものか…となっちゃうので、今の段階から月ごとのファイル分けをしたい」と語り、会場の笑いを誘った。


芸能ニュースNEWS

小泉今日子「“ツナグ女”になる」 「偉大な先輩方の教えを次の世代に…」 

映画2018年9月22日

 映画『食べる女』の公開記念舞台あいさつが22日、東京都内で行われ、出演者の小泉今日子、沢尻エリカ、前田敦子、広瀬アリス、シャーロット・ケイト・フォックス、壇蜜、鈴木京香と原作者の筒井ともみ氏、生野慈朗監督が登壇した。  本作は、筒井氏の短 … 続きを読む

棚橋弘至と寺田心がそろって“男泣き” 木村佳乃「棚橋さんは女子力が高い」

映画2018年9月22日

 映画『パパはわるものチャンピオン』の公開記念舞台あいさつが22日、東京都内で行われ、出演者の棚橋弘至、木村佳乃、子役の寺田心くんほかが登場した。  本作は、悪役レスラーを職業とするパパ・孝志(棚橋)が、自身のプライドと家族のために最強のチ … 続きを読む

野村周平、SNS利用の難しさを語る 「会ったこともないのに人格否定しないで」

映画2018年9月22日

 映画『純平、考え直せ』の初日舞台あいさつが22日、東京都内で行われ、出演者の野村周平、柳ゆり菜、毎熊克哉、岡山天音、佐野岳、片岡礼子と森岡利行監督ほかが登壇した。  本作は、奥田英朗氏の同名小説を映画化した衝撃作。対立する組の幹部の命を取 … 続きを読む

佐藤美希「人の肩甲骨を見るのが好き」 ファースト写真集発売に「目が潤みました」

トレンド2018年9月22日

 『佐藤美希 1st写真集』発売イベント記者会見が22日、東京都内で行われ、女優でタレントの佐藤美希が登場した。 続きを読む

舞台「文豪ストレイドッグス 黒の時代」開幕 谷口賢志、40歳での主演に「命を懸ける」

舞台・ミュージカル2018年9月22日

 舞台「文豪ストレイドッグス 黒の時代」の囲み取材が21日、東京都内で行われ、出演者の谷口賢志、多和田秀弥、荒木宏文ほかが登壇した。  「文豪ストレイドッグス」は、架空の都市「ヨコハマ」を舞台に、歴史に残る文豪たちが繰り広げる異能力アクショ … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top