井之脇海、ドラマ初主演に「ありがたい」 ミムラ「彼の張った声が大好き」

2018年3月13日 / 15:40

井之脇海(左)とミムラ

 第41回創作テレビドラマ大賞「デッドフレイ~青い殺意~」の試写会が13日、東京都内で行われ、出演者の井之脇海、ミムラほかが出席した。

 本作は、青年と謎に満ちた人妻のミステリー。小さな写真事務所で働く直樹(井之脇)は、対人関係が苦手で、酒浸りの父に嫌悪感を抱いている。そんな直樹は、ひょんなことから人妻・紗耶(ミムラ)と出会い、やがて心引かれていくが…。

 ドラマ初主演となる井之脇は「現場では、直樹として生きるのに精いっぱいで、仕上がりを見るのが怖かった」と振り返りつつ、完成作を実際に見ると「自分じゃない人物がそこにいた。映像として人に伝わるときのドラマの力を再認識できた。助演と主演とあまり変わらないと思っているけど、真ん中でやらせてもらうことのありがたさを改めて感じました」と語った。

 相手役のミムラについては「本当にクレバーな方。紗耶を演じるだけでなく、物語の中での紗耶の役割を読み解いているのが素晴らしくて…。僕にはそこがまだ足りない。近くでいろんなことを学ばせてもらい、ものすごい勉強になりました」と尊敬の思いを口にした。

 これにはミムラも「ありがとうございます。うれしい」と照れ笑い。井之脇について「目の印象が強いイメージがあった」といい、「脚本を読んだときも、きちんと煮詰まった芝居のできる男の子じゃないと、最後が安直に見えてしまってはもったいないと思っていたけれど、彼なら説得力が出るだろうと思いました」と明かした。

 さらに「声を張った時の井之脇くんの声が大好き。少年と青年の真ん中にいて、どちらの切なさも持っている。これからどんどん変わっていくと思うけれど、今の井之脇くんにしかできない直樹が(ドラマの中に)いてすごくステキでした」と絶賛した。

 ドラマは23日、NHK総合で午後10時から放送。


芸能ニュースNEWS

山崎賢人「人間としての弱さや愚かさに共感できた」 松岡茉優「言いたいせりふがたくさんあった」

映画2020年3月27日

 映画『劇場』の完成記念イベントが25日、東京都内で行われ、出演者の山崎賢人、松岡茉優、寛一郎と行定勲監督、原作者の又吉直樹が登壇した。  芥川賞作家の又吉による同名小説を映画化した本作は、劇作家を目指す主人公・永田(山崎)と、彼を必死に支 … 続きを読む

Matt、伝えたいメッセージは「LOVE」 「大変な時期だからこそ、思いやりの気持ちを」

イベント2020年3月27日

 「イヴ・サンローラン・ボーテ 表参道 フラッグシップ ブティック」テープカットセレモニーが26日、東京都内で行われ、モデルでタレントのMattが出席した。  この日は、同ブランド初の“ジャパンアンバサダー”に就任したタレントのローラも出席 … 続きを読む

松雪泰子「黒木華ちゃんは本当に天使だった」 『甘いお酒でうがい』で40代の独身女性役

映画2020年3月24日

 映画『甘いお酒でうがい』大ヒット祈願イベントが24日、東京都内で行われ、出演者の松雪泰子、黒木華、清水尋也が登壇した。  お笑い芸人シソンヌ・じろうが、40代の独身女性・川嶋佳子が日記につづった517日間の日常を描いた同名小説を映画化。松 … 続きを読む

市川染五郎「声優初挑戦はすごく不安だった」 父・松本幸四郎は「良かったよ」

映画2020年3月24日

 映画『サイダーのように言葉が湧き上がる』完成報告会が23日、東京都内で行われ、声優を務めた市川染五郎、杉咲花とイシグロキョウヘイ監督が登壇した。  本作は、俳句以外では思ったことがなかなか口に出せないチェリー(染五郎)と、見た目のコンプレ … 続きを読む

今泉佑唯が美しき刺客を演じ切る 舞台「あずみ~戦国編~」

舞台・ミュージカル2020年3月20日

 舞台「あずみ~戦国編~」の公開稽古が19日、東京都内のBunkamura シアターコクーンで開催された。  原作の『あずみ』は、第43回小学館漫画賞を受賞した小山ゆう氏の人気漫画。激動の戦国時代に、刺客という過酷な使命を背負い、屈強な男た … 続きを読む

page top