松雪泰子「演じた役に共感できなかった」 ミムラと12年ぶりに共演

2015年11月16日 / 20:50

12年ぶりの再共演を喜んだ松雪泰子(左)とミムラ

 WOWOWドラマ「連続ドラマW 5人のジュンコ」の舞台あいさつ付き完成披露試写会が16日、東京都内で行われ、出演者の松雪泰子、ミムラと権野元監督が出席した。

 本作は、真梨幸子氏の同名小説を実写化したサスペンス。連続不審死事件を皮切りに“ジュンコ”という名前を持つ5人の女性が、悪意の渦へと巻き込まれていく姿を描く。

 5人のジュンコの一人で、事件を取材するジャーナリスト田辺絢子を演じた松雪は「女は怖いというのが一番でした」と振り返り、「女性ならではの業といいますか、情念、嫉妬、悪意といった、もしかしたら男性には理解しにくい女性ならではの感情が表現されてる作品でした」と語った。

 自身の役柄については「一見普通に見えるキャラクターですが、その裏にはいろんなものが潜んでいて複雑な人物像です」と説明し、共感できるポイントを聞かれると「ありません」と答え、「演じる上で役を理解しようと努力することはありますけど、必ずしも共感できるわけではありません。今回は非常に複雑なキャラクターで究極の自己犠牲をしてしまう人物で、ある点において自己犠牲してしまいそうになる感覚が自分にもないわけではないですけど、演じてみてそれは強いエゴだなと思いました」と意味深に振り返った。

 一方、事件の容疑者となる純子の中学時代の同級生の篠田淳子役を演じたミムラは「女性が環境に順応してしまう面白さと怖さ、それぞれ置かれている環境下で変容に変容を重ねてしまった5体のジュンコという生き物が、それぞれ違う感覚で自分が正しいと思ってぶつかるところがどうなるのだろうと思って楽しかったです」と振り返った。

 また、本作が12年ぶりの共演だったという松雪とミムラ。前回の共演がデビュー作で、当時共演したメンバーと再共演するのが夢だったというミムラは「がっつり対面して二人きりのお芝居ができることに毎日幸せを感じて楽しかったです。ありがとうございました」と松雪との再共演に感謝した。

 ドラマは21日スタート。毎週土曜日午後10時から放送。


芸能ニュースNEWS

小泉今日子「“ツナグ女”になる」 「偉大な先輩方の教えを次の世代に…」 

映画2018年9月22日

 映画『食べる女』の公開記念舞台あいさつが22日、東京都内で行われ、出演者の小泉今日子、沢尻エリカ、前田敦子、広瀬アリス、シャーロット・ケイト・フォックス、壇蜜、鈴木京香と原作者の筒井ともみ氏、生野慈朗監督が登壇した。  本作は、筒井氏の短 … 続きを読む

棚橋弘至と寺田心がそろって“男泣き” 木村佳乃「棚橋さんは女子力が高い」

映画2018年9月22日

 映画『パパはわるものチャンピオン』の公開記念舞台あいさつが22日、東京都内で行われ、出演者の棚橋弘至、木村佳乃、子役の寺田心くんほかが登場した。  本作は、悪役レスラーを職業とするパパ・孝志(棚橋)が、自身のプライドと家族のために最強のチ … 続きを読む

野村周平、SNS利用の難しさを語る 「会ったこともないのに人格否定しないで」

映画2018年9月22日

 映画『純平、考え直せ』の初日舞台あいさつが22日、東京都内で行われ、出演者の野村周平、柳ゆり菜、毎熊克哉、岡山天音、佐野岳、片岡礼子と森岡利行監督ほかが登壇した。  本作は、奥田英朗氏の同名小説を映画化した衝撃作。対立する組の幹部の命を取 … 続きを読む

佐藤美希「人の肩甲骨を見るのが好き」 ファースト写真集発売に「目が潤みました」

トレンド2018年9月22日

 『佐藤美希 1st写真集』発売イベント記者会見が22日、東京都内で行われ、女優でタレントの佐藤美希が登場した。 続きを読む

舞台「文豪ストレイドッグス 黒の時代」開幕 谷口賢志、40歳での主演に「命を懸ける」

舞台・ミュージカル2018年9月22日

 舞台「文豪ストレイドッグス 黒の時代」の囲み取材が21日、東京都内で行われ、出演者の谷口賢志、多和田秀弥、荒木宏文ほかが登壇した。  「文豪ストレイドッグス」は、架空の都市「ヨコハマ」を舞台に、歴史に残る文豪たちが繰り広げる異能力アクショ … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top