北翔海莉、21年ぶりのスカートに「楽しい」 “イケメン”新納慎也と舞台で恋模様を展開

2017年8月30日 / 18:14

(左から)振付のニック・ウィンストン、新納慎也、北翔海莉、演出のトム・サザーランド

 ミュージカル「パジャマゲーム」の公開稽古&囲み取材会が30日、東京都内で行われ、出演者の北翔海莉、新納慎也、演出のトム・サザーランド、振付のニック・ウィンストンほかが出席した。

 1954年にブロードウエーで初演され、55年にトニー賞を受賞した本作は、“7セント半の賃上げ”を望むパジャマ工場の労働者と、雇用者の闘いをコミカルに描いたラブコメディー。 

 仕事命の“ハンサム・ウーマン”ことベイブを演じる北翔は「オープニングからとてもワクワクする振り付けで、私たちも今から楽しみで仕方がない」と満面の笑み。北翔にとっては、本公演が宝塚退団後初の舞台出演となるが「連日、遊園地に行くような気分で稽古場に来ている」といい「素晴らしい共演者の方に恵まれてとても充実した毎日です」と目を輝かせた。

 また、星組では男役トップスターだった北翔にとっては、これが初めての女性役。「初めは不安と緊張があった」そうだが「ベイブは芯のしっかりした、あまり女性、女性していない人物」ということもあり、「自然体で開放的にお芝居できる。気張っていない」と余裕も見せた。

 そんなベイブと会った瞬間に恋に落ちるのが、新納演じる“イケメン工場長”ことシド。相対する立場の2人の恋には困難が待ち受けるが、新納は「(稽古で)日々、北翔海莉が“おんな”になっていくのをものすごい距離感で見ています」と笑わせた。

 一方、スカートをはくのは実に「21年ぶり」だという北翔は「踊る場面があるのですが、(宝塚の)女役の人はこんなに大変な思いをしていたんだなって」と苦笑い。所作も改めて学んだそうで「今までにない経験が多くてすごく楽しいです」と声を弾ませた。

 新納も久々の“イケメン役”に「一応、セリフだとわかっていても『今度の工場長かっこいいよね』と言われると、だんだん気持ちがよくなってくる」とご満悦の様子。「こんなイケメン役は後にも先にも、もう来ない」とファンに舞台必見を呼び掛けていた。

 舞台は、9月25日~10月15日に東京・日本青年館ホール、10月19日~29日、大阪・梅田芸術劇場シアター・ドラマシティで上演。


芸能ニュースNEWS

新垣結衣&星野源が“恋ダンス”をサプライズ披露 「興奮が止まらなかった」

ドラマ2020年5月27日

 新垣結衣と星野源が共演した、2016年放送のドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」(TBS系)の「逃げるは恥だが役に立つ ムズキュン!特別編」第2回放送が26日に放送された。  本作は、「職ナシ」「彼氏ナシ」「居場所ナシ」の主人公・森山みくり( … 続きを読む

安藤優子、芸能活動自粛の手越祐也に苦言 「10代の若い出たての子どもではない」

テレビ2020年5月27日

 キャスターの安藤優子が26日放送の情報番組「直撃LIVE グッディ!」(フジテレビ系)に出演。芸能活動の自粛が発表されたNEWSの手越祐也についてコメントした。  手越は、新型コロナウイルス感染拡大に伴う政府の緊急事態宣言の発令中に、女性 … 続きを読む

有村架純と岡田健史の禁断の恋が再び 「中学聖日記」特別編に「ガチで名作」

ドラマ2020年5月26日

 有村架純が主演した、2018年放送のドラマ「中学聖日記」(TBS系)の特別編の第1話が25日に放送された。  本作は、片田舎の中学校を舞台に、女性教師の末永聖(有村)とその教え子の男子生徒・黒岩晶(岡田健史)の“禁断の純愛”を描いたラブス … 続きを読む

加藤浩次「SNSの誹謗中傷は取り締まるしかない」 近藤春菜「木村花さんの死去は本当に悲しい」

テレビ2020年5月26日

 フジテレビの番組「テラスハウス」に出演していた女子プロレスラーの木村花さんが23日に死去したことについて、25日放送の情報番組「スッキリ」(日本テレビ系)が特集した。  亡くなった木村さんのSNSには、「花さんのせいでテレハが嫌いになりま … 続きを読む

中居正広「やっぱり山頂の酸素は薄い」 「30年スーパースター」の本音を吐露

テレビ2020年5月25日

 タレントの中居正広が23日放送のテレビ番組「新・日本男児と中居」(日本テレビ系)に出演。幻冬舎の編集者・箕輪厚介氏や大学生らと共にリモート飲み会に初挑戦した。  リモート飲み会について中居は「苦手だなあ…」と及び腰。大学生の悩み相談に答え … 続きを読む

page top