柳沢慎吾、『猿の惑星』吹き替えテイク11の熱演 『あばよ!』のせりふ入れ忘れ後悔「失敗した…」

2017年8月31日 / 10:19

公開アフレコを行った柳沢慎吾

 映画『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』アフレコイベントが30日、東京都内で行われ、日本語吹き替え版声優を務めた柳沢慎吾が出席した。

 猿と人類の戦争の勃発のストーリーを描く「猿の惑星」シリーズ。2011年の『創世記(ジェネシス)』、2014年の『新世紀(ライジング)』に続き、本作ではついに地球の歴史が塗り替えられ、新たな支配者が決する激動のドラマと壮絶なアクションバトルが描かれる。 

 物語のクライマックスを迎える本作で動物園出身のバッド・エイプを演じた柳沢は「最後? 失敗した…」とがっくりうなだれて頭を抱え、「『あばよ!』のせりふを入れなかった。(吹き替え版は)日本だけだから、関係ないよね。入れちゃえばよかった」とオーバーに悔しがった。

 演じた役柄について「動物園出身で人間の言葉をカタコトにインプットしているので、せりふもすらっと言わずにカタコト。お前は誰だと聞かれて『バッド・エイプ!』と叫ぶところはテイク11くらいまでいったんじゃないかな」とこだわりのアフレコを振り返り、「バッド・エイプを見ていると小学4、5年生の頃の自分にそっくり。シリアスな部分もユニークな部分も持っていて、キャラクターが愛おしい」と自画自賛した。

 イベント開始前から自ら前座を務め、イベント中や囲み取材でも報道陣を楽しませるトークを欠かさず、予定された時間をオーバーするサービスぶり。ひと通りの“鉄板ネタ”も披露すると「最近空気を読むようになってきたの。こんなにしゃべっても使われないのはわかっているけど、でもこれ動画で流れるんだよ。うれしい。全部見ちゃうもん」と動画ニュースを心待ちにしていた。

 映画は10月13日から全国ロードショー。


芸能ニュースNEWS

戸塚祥太「最初は絶望ぐらいからスタート」 ビートルズ創成期のメンバー役で一からベースを練習

舞台・ミュージカル2019年5月25日

 舞台「BACKBEAT」のフォトコールおよび囲み取材会が25日、東京都内で行われ、出演者の戸塚祥太(A.B.C-Z)、加藤和樹、辰巳雄大(ふぉ~ゆ~)、JUON(FUZZY CONTROL)、上口耕平、演出の石丸さち子氏ほかが出席した。 … 続きを読む

西島秀俊「熱気を感じてわくわくしている」 斎藤工「見守る側になりたい」

トレンド2019年5月25日

 ジョルジオ・アルマーニ史上初となるクルーズコレクションを発表するファッションショーが24日、東京都内で開催され、約12年ぶりに来日したデザイナーのジョルジオ・アルマーニ氏のほか、海外ゲストとしてハリウッド女優のユマ・サーマン、日本からは西島秀俊、斎藤工、上白石萌歌、剛力彩芽、鈴木保奈美、建築家の安藤忠雄氏ほかがコレクション発表に駆けつけた。 続きを読む

西島秀俊「平和の大切さを感じてほしい」 佐々木蔵之介「『空母いぶき』への参加は怖かった」

映画2019年5月24日

 映画『空母いぶき』初日舞台あいさつが24日、東京都内で行われ、出演者の西島秀俊、佐々木蔵之介、本田翼、市原隼人、深川麻衣、藤竜也、若松節朗監督が登場した。  本作は、国籍不明の軍事勢力から攻撃を受け、戦後最大の危機に陥った日本を舞台に、命 … 続きを読む

京本政樹“大先輩”里見浩太朗と舞台初共演 「先生、私も還暦になりました」

舞台・ミュージカル2019年5月24日

 舞台「赤と黒 サムライ・魂」の囲み取材会が24日、東京都内で行われ、出演者の里見浩太朗、越岡裕貴(ふぉ~ゆ~)、福士申樹(MADE/ジャニーズJr.)、小川菜摘、堤下敦(インパルス)、京本政樹が登場した。  本作は、往年の名俳優と次世代の … 続きを読む

松本白鸚、父の顔見せ「小さな喜び」 3人の子に自らの仕事を承継

トレンド2019年5月24日

 「松竹大歌舞伎」東コース制作発表が24日、東京都内で行われ、松本白鸚、松本幸四郎が出席した。 続きを読む

page top