杉咲花「ポノックという新たな魔法が誕生した」 米林監督「スタジオジブリを超えていきたい」

2017年7月8日 / 13:59

主人公メアリの声を担当した杉咲花

 映画『メアリと魔女の花』の初日舞台あいさつが8日、東京都内で行われ、声優陣の杉咲花、神木隆之介と、米林宏昌監督、西村義明プロデューサーほかが登場した。

 本作は、『借りぐらしのアリエッティ』を生み出した米林監督がスタジオジブリを退社し、スタジオポノックとして挑む第一弾作品。米林監督は、「力を込めて作りました。『スタジオジブリ』『宮崎駿』、この二つの魔法の言葉がいつも僕の中にあって、宮崎監督から学んだことを僕は愛していた。それと同時に、スタジオジブリを超えていくようにという気持ちで描きました」と話した。

 主人公メアリの声を担当した杉咲は、公開初日を迎えた感想について「私の大好きな作品をやっと共有することができてうれしいです」と笑顔で話した。「『花』という自分の名前が映画のタイトルにも入っていますが、運命的なものを感じる?」と振られると、「感じましたし、アフレコをしていて発覚したのが、私笑い声が『イヒヒ』って言うらしくて。『花』っていう漢字を見ると(カタカナで)「イ」「ヒ」と入ってるので、私『イヒヒ』の運命でした」と熱く語り、会場の笑いを誘った。

 また、杉咲が米林監督と西村プロデューサーに向けて、手紙を読み上げる一幕も。杉咲が「私はこの映画が大好きです。監督は『ジブリという魔法が解けた』という話をされていましたが、私はこの世界にスタジオポノックという新たな魔法が誕生したと思っています。この映画を初めて拝見した時に、ここに戻って来ればいつでも力をもらうことができると思えるような希望ができたからです。監督や西村さんは、魔法を持っていると思います」と手紙を読み上げると、米林監督は「感動しました」と語り、西村プロデューサーは「杉咲花という女優の声で、メアリが誕生したので感謝しています」とコメントした。

(左から)米林宏昌監督、渡辺えり、大竹しのぶ、杉咲花、神木隆之介、小日向文世、佐藤二朗、西村義明プロデューサー


芸能ニュースNEWS

「アンメット」柏木夫妻(加藤雅也&赤間麻里子)の夫婦愛に視聴者涙 「『モデルになってもらえませんか?』は反則や」

ドラマ2024年6月18日

 杉咲花が主演するドラマ「アンメット-ある脳外科医の日記-」(フジテレビ系)の第10話が、17日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  原作は、同名コミック(原作:子鹿ゆずる氏/漫画:大槻閑人氏)。事故で記憶障害の後遺症を負った若手脳外科 … 続きを読む

橋本涼と高石あかり「2人の関係性に注目して見てほしい」 クズ教師&ネガティブJKのラブコメ「墜落JKと廃人教師」続編

ドラマ2024年6月18日

 橋本涼が主演し、高石あかりがヒロインを演じるドラマ「墜落JKと廃人教師 Lesson2」が18日から放送スタートする。橋本と高石が、このほど取材に応じ、続編が決定したときの気持ちやドラマの見どころを語った。  本作は、2023年に放送した … 続きを読む

「アンチヒーロー」「結局、名字に色が付く人は全員味方だったんだね」「10人の真犯人を逃すとも、一人の無辜を罰するなかれ」

ドラマ2024年6月17日

 長谷川博己主演の日曜劇場「アンチヒーロー」(TBS系)の第10話(最終話)が、16日に放送された。  本作は、弁護士ドラマの枠組みを超え、“正義とは果たして何なのか?”“世の中の悪とされていることは、本当に悪いことなのか?”を問い掛ける逆 … 続きを読む

「東京タワー」最終話 “詩史”板谷由夏と“喜美子”MEGUMIの決断に反響 「すてきな終わり方」「“透”永瀬廉ら4人の役者が素晴らしかった」

ドラマ2024年6月17日

 永瀬廉が主演するドラマ「東京タワー」(テレビ朝日系)の最終話が15日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  小島透(永瀬)は、浅野詩史(板谷由夏)と二度と離れたくない焦りから「もう詩史さんのいない人生なんて考えられない。一緒に暮らそう」 … 続きを読む

「9ボーダー」“コウタロウ”松下洸平の決断に「涙腺崩壊」 「“七苗”川口春奈と一緒に泣いた」「つら過ぎる」

ドラマ2024年6月16日

 川口春奈が主演するドラマ「9ボーダー」(TBS系)の第9話が、14日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  家族のいる神戸へと帰るコウタロウ(松下洸平)を追って空港へ駆け付けるも、間に合わず会うことができなかった七苗(川口)。それでも諦 … 続きを読む

Willfriends

page top