高杉真宙「京都で青春することができて楽しかった」 葵わかな「ちょっとでも京都らしさが出ていれば」

2017年6月10日 / 19:45

(左から)小林啓一監督、葵わかな、高杉真宙、清水尋也

 映画『逆光の頃』の完成披露上映会が10日、東京都内で行われ、出演者の高杉真宙、葵わかな、清水尋也、小林啓一監督が登壇した。

 本作は、フィギュア「コップのフチ子」の原案者でもあるタナカカツキ氏の同名漫画から、「僕は歪んだ瓦の上で」「銀河系星電気」「金の糸」の3編とオリジナル部分を実写映画化したもの。京都を舞台に、日常と非日常、夢と現実、双方の世界を行き来する少年・赤田孝豊(高杉)のゆらめきやきらめきを描く。

 京都の美しい街並みが印象的な本作。高杉は「京都にいる時間が長くて、最初は“観光に来た男の子”みたいでしたけど、なじんでいくうちに『現地の子みたいになってきたね』と言われたのがうれしかったです。尋也と葵さんと京都で青春することができて、自分の青春時代とすり替わっているぐらい楽しかったです」と語り、笑顔を見せた。

 また、葵は京言葉について「(言葉のトレーニングは)大体リハーサルの段階までに全て終えますが、この映画では撮影が終わる前日まですっと練習をしていました。それだけ刷り込んだので、ちょっとでも京都らしさが出ていればと思います」とアピールした。

 一方、『渇き。』でも高杉と共演した清水は「僕が初めてお芝居をさせていただいた時に、ご一緒させていただいたので、(今回の)現場でお芝居をしていると懐かしさや原点に帰った気がしていました」と語った。

 高杉も「そうなんですよ。久しぶりにせりふで言葉を交わしたなと」とコメント。宿も一緒だったそうで、高杉は「(清水は)ギターの練習をしていて、ずっと横から聞こえてきていました」と振り返った。

 映画は7月8日から新宿シネマカリテほか全国順次公開。


芸能ニュースNEWS

水江建太「積み重ねたものを全力でぶつける」 MANKAI STAGE『A3!』秋組公演開幕

舞台・ミュージカル2020年1月18日

 MANKAI STAGE『A3!』~AUTUMN 2020~初日前日会見が17日、東京都内で行われ、出演者の水江建太、中村太郎、赤澤遼太郎、稲垣成弥、藤田玲、里中将道が登壇した。  本作は、ダウンロード数650万部突破のイケメン役者育成ゲ … 続きを読む

ミルクボーイ内海「東京進出は考えていない」 NSC東京で未来の芸人に特別授業

トレンド2020年1月17日

 「NSC東京 ミルクボーイ特別授業」が17日、東京都内で行われ、M-1グランプリ2019王者のミルクボーイ(駒場孝、内海崇)が登場した。 続きを読む

シシド・カフカ「不運な探偵役は新鮮」 「これまで平々凡々に生きてきたので」

ドラマ2020年1月17日

 ドラマ10「ハムラアキラ~世界で最も不運な探偵~」の試写会が17日、東京都内で行われ、出演者のシシド・カフカ、間宮祥太朗、中村梅雀ほかが出席した。  本作は、若竹七海氏の人気作『女探偵・葉村晶』を初ドラマ化したもの。訳ありの転職、転居を繰 … 続きを読む

稲垣吾郎“貴重な楽譜”のプレゼントに感激 「世界の皆さまに自慢をさせていただきたい」

舞台・ミュージカル2020年1月17日

 「ウォルト・ディズニー・アーカイブス コンサート」ワールドプレミアプレス向けセレモニーが16日、千葉県浦安市の舞浜アンフィシアターで行われ、コンサートのナビゲーターを務める稲垣吾郎が出席した。  コンサートは、貴重な映像や資料を保有する「 … 続きを読む

長谷川博己、過酷な撮影の舞台裏を告白 迫力満点の殺陣で「酸欠状態になった」

ドラマ2020年1月16日

 2020年のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」の初回完成試写会が16日、東京都内の同局で行われ、上映後、主人公・明智光秀を演じる長谷川博己、演出の大原拓氏、制作統括の落合将氏が会見に応じた。  本作は「本能寺の変」を引き起こした武将・明智光秀 … 続きを読む

page top