高杉真宙「京都で青春することができて楽しかった」 葵わかな「ちょっとでも京都らしさが出ていれば」

2017年6月10日 / 19:45

(左から)小林啓一監督、葵わかな、高杉真宙、清水尋也

 映画『逆光の頃』の完成披露上映会が10日、東京都内で行われ、出演者の高杉真宙、葵わかな、清水尋也、小林啓一監督が登壇した。

 本作は、フィギュア「コップのフチ子」の原案者でもあるタナカカツキ氏の同名漫画から、「僕は歪んだ瓦の上で」「銀河系星電気」「金の糸」の3編とオリジナル部分を実写映画化したもの。京都を舞台に、日常と非日常、夢と現実、双方の世界を行き来する少年・赤田孝豊(高杉)のゆらめきやきらめきを描く。

 京都の美しい街並みが印象的な本作。高杉は「京都にいる時間が長くて、最初は“観光に来た男の子”みたいでしたけど、なじんでいくうちに『現地の子みたいになってきたね』と言われたのがうれしかったです。尋也と葵さんと京都で青春することができて、自分の青春時代とすり替わっているぐらい楽しかったです」と語り、笑顔を見せた。

 また、葵は京言葉について「(言葉のトレーニングは)大体リハーサルの段階までに全て終えますが、この映画では撮影が終わる前日まですっと練習をしていました。それだけ刷り込んだので、ちょっとでも京都らしさが出ていればと思います」とアピールした。

 一方、『渇き。』でも高杉と共演した清水は「僕が初めてお芝居をさせていただいた時に、ご一緒させていただいたので、(今回の)現場でお芝居をしていると懐かしさや原点に帰った気がしていました」と語った。

 高杉も「そうなんですよ。久しぶりにせりふで言葉を交わしたなと」とコメント。宿も一緒だったそうで、高杉は「(清水は)ギターの練習をしていて、ずっと横から聞こえてきていました」と振り返った。

 映画は7月8日から新宿シネマカリテほか全国順次公開。


芸能ニュースNEWS

「6秒間の軌跡」「そりゃなないぜ、ふみかさん…」「4人の会話劇が見ていて本当に楽しい」

ドラマ2024年5月26日

 高橋一生が主演するドラマ「6秒間の軌跡~花火師・望月星太郎の2番目の憂鬱」(テレビ朝日系)の第7話が、25日に放送された。  本作は、地方都市で代々受け継がれる花火店を舞台に、こじらせまくりな花火師・望月星太郎(高橋)の前に、死んだはずの … 続きを読む

「季節のない街」「勝手にハモんないでくれる」「泉谷しげるさんの『春夏秋冬』でタイトル回収」

ドラマ2024年5月25日

 企画・監督・脚本、宮藤官九郎氏によるドラマ「季節のない街」(テレビ東京系)の第八話「がんもどき後編」が、24日深夜に放送された。  本作は、黒澤明監督が『どですかでん』(70)として映画化したことでも知られる山本周五郎の同名小説をベースに … 続きを読む

「Re:リベンジ」悲痛な展開に「何ともいえない虚脱感…」 「この怒りは“大友先生”錦戸亮に託すしかない」

ドラマ2024年5月24日

 赤楚衛二が主演するドラマ「Re:リベンジ-欲望の果てに-」(フジテレビ系)の第7話が、23日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  天堂記念病院では、朝比奈陽月(芳根京子)の妹・美咲(白山乃愛)の手術が行われていた。血管から出血し、危険 … 続きを読む

「Believe」“狩山”木村拓哉、まさかのラスト展開に反響 「ラスト5分の展開は怒涛過ぎて混乱中」

ドラマ2024年5月24日

 木村拓哉が主演するドラマ「Believe-君にかける橋-」(テレビ朝日系)の第5話が、23日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  テレビ朝日開局65周年として制作される本作は、大手ゼネコンで橋づくりに情熱を燃やす、狩山陸(木村)が刑務 … 続きを読む

「お迎え渋谷くん」“渋谷くん”京本大我の愛の告白に反響多数  「渋谷くんの告白は100億点満点」「キュンが止まらない」

ドラマ2024年5月22日

 京本大我が主演するドラマ「お迎え渋谷くん」(カンテレ・フジテレビ系)の第8話が、21日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、売れっ子俳優の渋谷大海(京本)が、保育士・青田愛花(田辺桃子)に出会い、不器用ながらも恋を育んでいく“ … 続きを読む

Willfriends

page top