高杉真宙「京都で青春することができて楽しかった」 葵わかな「ちょっとでも京都らしさが出ていれば」

2017年6月10日 / 19:45

(左から)小林啓一監督、葵わかな、高杉真宙、清水尋也

 映画『逆光の頃』の完成披露上映会が10日、東京都内で行われ、出演者の高杉真宙、葵わかな、清水尋也、小林啓一監督が登壇した。

 本作は、フィギュア「コップのフチ子」の原案者でもあるタナカカツキ氏の同名漫画から、「僕は歪んだ瓦の上で」「銀河系星電気」「金の糸」の3編とオリジナル部分を実写映画化したもの。京都を舞台に、日常と非日常、夢と現実、双方の世界を行き来する少年・赤田孝豊(高杉)のゆらめきやきらめきを描く。

 京都の美しい街並みが印象的な本作。高杉は「京都にいる時間が長くて、最初は“観光に来た男の子”みたいでしたけど、なじんでいくうちに『現地の子みたいになってきたね』と言われたのがうれしかったです。尋也と葵さんと京都で青春することができて、自分の青春時代とすり替わっているぐらい楽しかったです」と語り、笑顔を見せた。

 また、葵は京言葉について「(言葉のトレーニングは)大体リハーサルの段階までに全て終えますが、この映画では撮影が終わる前日まですっと練習をしていました。それだけ刷り込んだので、ちょっとでも京都らしさが出ていればと思います」とアピールした。

 一方、『渇き。』でも高杉と共演した清水は「僕が初めてお芝居をさせていただいた時に、ご一緒させていただいたので、(今回の)現場でお芝居をしていると懐かしさや原点に帰った気がしていました」と語った。

 高杉も「そうなんですよ。久しぶりにせりふで言葉を交わしたなと」とコメント。宿も一緒だったそうで、高杉は「(清水は)ギターの練習をしていて、ずっと横から聞こえてきていました」と振り返った。

 映画は7月8日から新宿シネマカリテほか全国順次公開。


芸能ニュースNEWS

杉咲花「おちょやん」クランクアップに「感無量」 「本当に素晴らしい時間を過ごさせてもらいました」

ドラマ2021年4月16日

 NHKは15日、杉咲花がヒロイン千代を演じた連続テレビ小説「おちょやん」が、14日にクランクアップしたことを報告し、杉咲と制作統括の櫻井壮一氏のコメントを発表した。放送は5月15日まで。  杉咲は「出演者の皆さん、スタッフの皆さんが、この … 続きを読む

西島秀俊、初挑戦した音声ガイドの出来は「50点」 「自分がミイラになるのは嫌」

イベント2021年4月15日

 「ライデン国立古代博物館所蔵 古代エジプト展-美しき棺のメッセージ-」東京展オープニングイベントが15日、東京都内で行われ、オフィシャルナビゲーターを務める俳優の西島秀俊が出席した。  本展では、オランダ・ライデン国立古代博物館の約2万5 … 続きを読む

「恋はDeepに」石原さとみと綾野剛が“禁断の恋”に落ちる 「人妻になっても石原さとみは最強にかわいい」

ドラマ2021年4月15日

 石原さとみと綾野剛がW主演するドラマ「恋はDeepに」(日本テレビ系)の初回が、14日に放送された。  本作は、海を愛する海洋学者の渚海音(石原)と、ロンドン帰りのツンデレ御曹司・蓮田倫太郎(綾野)が、巨大マリンリゾートの開発をめぐって運 … 続きを読む

西田敏行、吉永小百合の“初々しさ”に驚く 「時というのは人によって公平、不公平がある」

映画2021年4月14日

 映画『いのちの停車場』完成披露試写会が14日、東京都内で行われ、出演者の吉永小百合、松坂桃李、広瀬すず、南野陽子、小池栄子、みなみらんぼう、泉谷しげる、中山忍、石田ゆり子、田中泯、西田敏行と成島出監督が登壇した。  本作は、「在宅医療」に … 続きを読む

松たか子主演「大豆田とわ子と三人の元夫」スタート 坂元裕二完全オリジナルの会話劇は「期待通り最高」

ドラマ2021年4月14日

 松たか子が主演するドラマ「大豆田とわ子と三人の元夫」(カンテレ・フジテレビ系)の初回が、13日に放送された。  本作は、3度結婚し3度離婚している大豆田とわ子(松)が、3人の元夫に振り回されながらも幸せを見つけようとする姿を描く。  とわ … 続きを読む

amazon

page top